5件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

由利本荘市議会 2022-03-03 03月03日-02号

項目11、(2)鳥海山観光ビジョン観光基本戦略からのインフラツーリズム先進事例としての確立とモンベルとの観光連携からについて伺います。 国交省が2021年度末にインフラツーリズムの拡大への手引き見直しがされたという報道に触れ、今や全国挙げて事業推進に力を入れているということを実感したところであります。 インフラツーリズムの魅力を加えるには、いろいろな角度の考察が必要かと思います。

由利本荘市議会 2020-12-07 12月07日-02号

鳥海ダムにつきましても、本市の鳥海山観光ビジョンにおいてインフラツーリズムによる活用を掲げており、ダム工事中の見学や完成後の施設見学などを通じて、新たな鳥海山観光の拠点の一つになるものと期待しているところであります。 また、インフラツーリズムを進める当たり、来訪者に興味を持っていただくためには、現地を熟知したツアーガイドが大切な要素であると考えております。 

由利本荘市議会 2020-05-29 05月29日-03号

このたびの鳥海山観光ビジョンで、一番インパクトがあり、想像ですら描いたことのなかった百宅登山口から8合目付近唐獅子平地点までアクセスできる道路整備案が示されましたが、既存の百宅登山口からは山頂へ片道4時間を要し、往復8時間の登山で1日が終了してしまうため、他の観光行動に結びつきにくい現状が、8合目付近から山頂への新たな登山口を設けることにより、短時間で登頂できる環境を整備することで幅広い層の誘客を

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

(6)鳥海山観光ビジョンから。 ①、事業実施プラン等の提示はいつごろになるのか。 昨年3月発行の鳥海山観光ビジョンは、私は今までになく非常にすばらしいものだというように感じておりました。 鳥海ダムの建設・工事段階から観光活用する意味では、非常に価値のあるいいビジョンだったなというように考えております。 

由利本荘市議会 2019-03-05 03月05日-03号

項目の1番にあります(2)鳥海山観光ビジョン策定についてでございますけれども、これは、昨年の8月31日から平成31年3月22日までの履行期間と伺っておりますが、そうすると、間もなく、このビジョン策定の結果というものは出て、新年度には、それに向けて動き出すことができるのかなということを確認させていただきます。 ○議長(渡部聖一君) 当局の答弁を求めます。長谷部市長

  • 1