80件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

学校給食に地場産野菜を多く取り入れることにより、子供たちが地域の特産物を知り、地元の文化に触れることで地域への愛着を深めることにもつながっていくものと考えておりますので、引き続き地元生産者や地元業者の協力を得ながら地場産物の活用を継続し、地域に根差した学校給食の提供に努めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 黒澤一夫君。 ○18番(黒澤一夫君) わかりました。  

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

食の交流まつりの開催に当たっては、四つ木地区「鹿角の会」を中心に、よつぎ小学校、よつぎ小PTA、さらには受け入れ事業に参加したよつぎ小児童からも協力をいただくなど、これまでの長年の交流事業で培われたきずなやつながりによって、よつぎ小学校体育館とまいろーど商店街を会場に開催し、物産販売を通じた文化と人の交流を深めてきたものであります。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

地産地消運動は地場産品の消費拡大運動という面だけでなく、健全な食生活の実現や地域環境保全、伝統的な文化の継承、子供たちへの食教育などいろいろな役割を持っています。当市でも食育推進計画が策定され、家庭幼稚園保育所学校地域行政、それぞれの取り組みも明記されております。

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

広域連携DMOや地域連携DMOについては、観光の推進に当たって構成団体が共通のコンセプトを掲げ、活動できる環境にある場合には有効な手法でありますが、本市の場合、十和田八幡平国立公園代表される雄大な自然景観のほか、大湯環状列石や史跡尾去沢鉱山などの歴史文化、ユネスコ無形文化遺産に登録された大日堂舞楽、花輪ばやしを初めとする伝統芸能、きりたんぽに代表される文化など、他の地域にない観光資源が豊富にあり

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

現時点では、鹿角を代表する文化である、きりたんぽ発祥祭りのようなイベント開催による集中型のPRは考えておりませんが、四季を問わず紹介できる鹿角の魅力ある食メニューでもありますので、引き続き年間を通して情報を発信してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 金澤大輔君。 ○2番(金澤大輔君) イベントのほうもどうか検討よろしくお願いします。  

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

食育推進事業については、家庭子供たちの食育の充実や地産地消文化の伝承を推進するため、関係団体と連携し、普及啓発に取り組んでまいります。  地域医療対策については、2次医療圏の核となる市民病院の体制強化とともに、地域医療を支える開業医や市内診療所との連携推進を図り、市民が将来にわたり安心して地域医療を受けられる医療体制の充実に努めてまいります。  

鹿角市議会 2017-02-15 平成29年第1回定例会(第5号 2月15日)

しかし、里地里山は、本市の古くからの文化であるタケノコ、ワラビなど山菜の宝庫であります。市内でよく食べられている物で、14種の山菜、11種のキノコ類に自然の恵みを受け、生活の糧にしている人、楽しみながら趣味にしている人、プロ、名人、達人、さまざまな方がこの里地里山の恩恵を受けております。  

男鹿市議会 2016-12-06 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

豊漁と文化の継承を願うものです。  さて、全国豊かな海づくり大会が2019年に秋田県で開催されることが9月1日に決まりました。稚魚の放流などを通じて水産資源保護栽培漁業の振興を目的に、1981年より毎年開かれており、秋田大会は第39回を数え、天皇・皇后両陛下のご臨席が慣例となっている皇室行事です。

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

来年には、全国から集まる約1,000人の競技者を市民一丸となって歓迎できるよう、専門部会を中心に、観光協会や商工会などと連携を密にし、本市の自然が育む文化歴史の鼓動を感じながら、本市の魅力を存分に堪能していただけるよう努めてまいります。  なお、この御質問につきましては、教育長からもお答えいたします。  次に、(2)強化策等考えているかについては、教育長からお答えいたします。  

北秋田市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

きりたんぽやバター餅など豊富な文化はどなたにでもご満足いただけるものばかりです。しかし、宝は食だけではありません。花の百名山や樹氷で知られる森吉山、世界に誇る綴子の大太鼓などこの地に訪れないとその感動を知り得ることはできないこともたくさんあります。  また、マタギ学校や民間が主導して行っている体験ツアーなどメニューも盛りだくさんです。全国的にも体験型の返礼品がふえてきております。

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

食育推進事業については、家庭子供たちの食育の充実や地産地消文化の伝承のため、関係団体などと連携し普及啓発に取り組んでまいります。  地域医療対策については、2次医療圏の核となる市民病院の体制強化とともに、地域医療を支える開業医や市内診療所との連携を推進し、市民が将来にわたって安心して地域医療を受けられる医療体制の充実に努めてまいります。  

男鹿市議会 2015-09-03 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−02号

外国人向け表示、通訳文化等の受け入れ環境の整備が必須。情報発信の強化や無料でインターネットを利用できる環境整備が必要。資源の回収を図りながら、市民観光客に新鮮な魚介類を提供する。農水産業観光が一体となった地産地消の推進と交流人口拡大による地域活性化。男鹿半島を連想させる地域イメージの醸成。観光交流施設の魅力づくりと観光施設の掘り起こしと磨き上げ。

仙北市議会 2015-06-12 平成27年  6月 定例会-06月12日−03号

◆17番(高久昭二君) 一つだけ熊谷教育長にお尋ねしたいんですが、御承知かと思いますけども、昨年ですね全国で食育に関するコンクールが、給食甲子園というふうな名称で行われておったようですけども、昨年の地元の食材を使う文化を伝えるということでの給食甲子園があって、昨年は北秋田郡のほうの藤里町が全国優勝なさったということが新聞等で報道されてございますが、仙北市からもこれに申し込み参加なさったものでしょうか

由利本荘市議会 2015-06-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月04日−02号

学校給食は、成長期の児童生徒にとって、健康な心身を育み、食を通して地域等を理解することや失われつつある文化の継承を図る上でも、食育は重要な教育活動となっております。これらのことから、保護者の理解を得ながら、内容の充実に努めておるところであります。  

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

本市は、鳥海山をはじめとする恵まれた自然環境によって、米づくりとともに酒造り産業発達してきており、酒は人々の暮らしや文化に深く根差している。  酒類に関連した産業振興や事業活動は、地域経済の発展に大きな役割を担うものとして、その育成と強化を図っていく必要がある。  ここに、地酒の普及促進に関する基本的な考え方を明らかにし、酒類製造業及び関連産業の振興を図るため、この条例を制定する。