596件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

キャノピー、ひさし部分については、障害等の専用駐車スペース2台分にも反映をされております。  なお、この工事営業を継続しながら実施することとなりますので、今年度はC棟とキャノピー部分を、次年度はB棟、A棟と駐車場工事を進めてまいります。  以上で議案第47号の説明を終わります。  次に、議案第48号をお開き願います。  議案第48号工事請負契約締結について。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

次に、福祉の充実についてでありますが、社会福祉対策はもともとは生活困窮者や障害対策児童や老人の措置など社会的弱者の救済が主なものでありましたが、子育て対策がとられるようになってからはほとんどの子育て家庭が対象になり、救済というよりも支援が主体になってきました。しかも、子育て支援策の充実度は市は県内市町村の中ではトップクラスだと説明してきておりますが、そこで伺います。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

毎年少しずつはふえてはきているようなんですが、実際この制度を必要とされる方はもっと多くて、これは推計なんですけれども、人数にして障害も含めて約800万人ないし900万人近くおられるようです。利用率はわずか3%に満たない非常に低い現状にあります。  それから、昨年1年間の件数なんですけれども、これは全体では3万5,486件あります。うち本県については163件なんですね。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

高齢者障害宅前の道路除雪による置き雪について質問させていただきます。  道路除雪によって発生する民家間口前の置き雪の処理に関し、特に独居高齢者障害にとっては、処理が大変困難な状況にあると思います。山形で行われている思いやり除雪等の事例に倣い、除雪オペレーターとの連携による住人の負担軽減対策が必要と考えますが、対応についてお伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

次に、本定例会に提案する補正予算の概要についてでありますが、今回の一般会計補正予算は、除雪対策委託料を初め、国庫負担金の返還金、農業施設災害復旧工事費、障害自立支援給付扶助費などの追加を計上しております。  その結果、補正額は5億9,567万6,000円の追加となり、補正後の予算総額は188億4,797万7,000円となりました。  

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

高齢者のひとり暮らし世帯や身体障害世帯など、避難行動要支援者の避難支援が今後地域においてますます増加するものと思われます。近年は、自然災害における災害の状況を見ると、想定外とかこれまでの観測史上初めてという経験したことのないような自然災害が起きています。先週の北海道地震も、マスコミ報道を見ると信じられないと思うような災害現場が報道されております。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

次に、障害雇用について伺います。  国で雇用する障害数を水増しした問題が地方においても広がっております。障害のある方の雇用や活躍の場や機会を与える制度であり、国・地方公共団体で2.5%、民間企業で2.2%と定められております。その上で、国や全国の自治体で発覚している雇用率の算定ミスと言われていることについて、本市ではどのようになっているのか伺います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

地域防災計画は、都道府県や市区町村の首長がそれぞれの防災会議に諮り、防災のための必要な行政の対応を定めた計画のことですが、頻発している大雨による災害や、熊本地震大阪府北部地震の教訓などを生かすとともに、外国人旅行者や女性、障害の方にも配慮した防災対策を盛り込むなど、自主防災組織や地区防災計画は、万全の防災体制になっているのかお伺いいたします。  2点目、ハザードマップについて。  

男鹿市議会 2018-09-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号

配布開始に伴い、市広報に掲載したほか、障害関係機関への周知及び市ホームページの掲載等を行っておりますが、援助を必要とする方だけでなく、広く市民への啓発につながるよう、引き続き広報に努めてまいります。  以上です。 ○議長(吉田清孝君) 再質問ありませんか。

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

特に障害の扱いについてもそうなってるわけでしょ、きょねんから。今まで障害のいわゆる医療費とか援助については、国の責任でほとんどが無料なんです。ところが、介護保険料に含まれると、25歳以上の障害については、介護保険料が適用されるんですよね。そうすると、障害介護保険料をかけざるを得なくなっちゃうという仕組みになっているんですよ。

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

わかりづらい、歩きづらい、高齢者障害には危険である、安全駐車スペースが必要、などの声が聞こえてきます。それらについての要望は、観光客や地元からも届いていることと思います。どのような対処をなさっているのでしょうか。  さらに、岩場にはごみの散乱個所もあります。観光地としては、もっとしっかりした環境整備と受け入れ態勢が必要ではないかと思うのでありますが。  

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

第11条は、個人市民税の非課税範囲の規定ですが、障害等の非課税となる所得基準額の上限を引き上げるものです。  2ページをお願いいたします。  第16条の2及び3ページの第16条の5は、所得割の納税義務者で前年の合計所得が2,500万円を超える者には基礎控除及び調整控除を適用しないものとするものです。  3ページをお願いします。  

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

本4案は、市が貸し付けた障害住宅整備資金貸付金などの未償還金について、いずれも債権を回収できる見込みがないことから権利を放棄するもので、一括上程、一括審査したものであります。  本4案については、異議なく、原案のとおり可決すべきものと決した次第であります。  次に、議案第37号男鹿地区衛生処理一部事務組合規約の一部変更についてであります。  

男鹿市議会 2018-03-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月05日−04号

本4件の議案は、障害住宅整備資金貸付金1件、災害援護資金貸付金3件の不納欠損処分、権利の放棄であります。  それぞれ本人死亡、また不明、保証人死亡または生活困窮など、現時点では返済の見込みがなく、加えて時効もしくは時効援用がなされているものであります。  債務住所・氏名及び放棄となる債権額は、各議案書記載のとおりであります。  次に、議案書71ページをお願いします。  

男鹿市議会 2018-02-27 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号

次に、議案第20号から議案第23号までの4件の権利の放棄については、市が貸し付けた障害住宅整備資金貸付金などの未償還金について、債権を回収できる見込みがないことから、権利を放棄するものであります。  次に、議案第24号男鹿市若美デイサービスセンター「ふれあい荘」の指定管理期間の変更については、男鹿市若美デイサービスセンター「ふれあい荘」を廃止するため、指定管理期間を変更するものであります。