48件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2022-06-02 06月02日-02号

この人数の差は、若者自身の体への関心、人口割合、そして費用助成というのが大きく影響しているのではないかと推測します。 若いときから自身の健康を意識してもらうことで、病気の早期発見、予防につながり、医療の削減、そして受診率向上による交付金の増額と、市民にとっても市にとってもよいことだと考えます。 そこで、39歳以下の健康診査実施について、当局のお考えを質問するものです。 

由利本荘市議会 2021-06-03 06月03日-03号

あわせて、自治体移住促進もオンラインでのセミナーや移住相談を積極的に行った自治体関心に大きく影響しています。 まずは、地方移住という取組を知ってもらうという段階から一歩進み、各年齢層属性ごとに的確なメッセージを伝えることで、より満足度が高く継続する地方移住が可能になる状態になってきました。 

北秋田市議会 2019-12-17 12月17日-04号

(「議長、議案と関係ないから」の声) ◆7番(福岡由巳)  議会の関心信頼度が薄らいでいるものと想像されます。 ○議長黒澤芳彦)  福岡議員報告会と今回は関係ないので。 ◆7番(福岡由巳)  関係あります。 ○議長黒澤芳彦)  まず、関係ないので、反対の討論をしてください。 ◆7番(福岡由巳)  関係あると私は……   (「議長の言うこと、聞いて。

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

関心が低くならないよう、随所でどう盛り上げていくかが成功の鍵を握ります。  本来、聖火リレーは、IOCのルールでは原則100日以内となっておりますけれども、組織委員会で、多くの人に参加してもらうため、IOC理解を求めたそうであります。  秋田県には、6月9日、10日の2日間が割り当てられ、県内のゴールとなる花輪スキー場では到着を祝うセレモニーが開催される運びとなりました。  

男鹿市議会 2018-09-07 09月07日-04号

スポーツ立県あきた」、菅原市長健康都市づくり相当熱意をお持ちのようですし、男鹿市のさらなるスポーツ振興のために、未来ある子どもたちがますますスポーツに親しめる環境づくり一つとして、あるいは逆に、感動を与えた、感動を与えてくれたことへの感謝を伝える、あるいは身近な高校の一つとしてますます金農への関心を高める場として、市内の生徒、児童金農ナインとの交流会野球教室実施は実現できないものか伺

由利本荘市議会 2018-09-04 09月04日-02号

今日、社会活動地域活動への関心が低くなってきているように感じています。このままでは、地域の課題に対応する人材を確保していくことに不安を感じております。そのためには、地域の中で、行動力のあるコーディネーター役人材育成し確保していくこと、若い担い手などの人材を育てていくことが必要ではないかと考えますが、人材育成についてどのように考え、どう対策を講ずるのかをお聞きします。 

由利本荘市議会 2017-12-06 12月06日-02号

それにしてはまちの盛り上がり方が中途半端なのではないかと、市民関心が低く、市民学生たち応援が少ないのではないでしょうか。他県での大会ではおもてなしの対応がすばらしいと聞いております。まずは子供たち関心を持ってもらうようにしたらどうでしょうか。テレビでスポーツ観戦をしていると、テニス、サッカーの大会では子供たちと一緒に入場したり、ボール拾いをしている姿をよく目にします。

男鹿市議会 2017-09-05 09月05日-02号

やっぱりそういうふうな人たちがいっぱいふえてくれればありがたいし、それから、その周辺の商店の人たちもね、自分事のこととして考えてやってもらえればありがたいんですけども、まだ、あの辺の全体の地域的なそういうふうな関心というか責任感というのは、なかなかまだまだ足りないと思いますので、やっぱりその辺のところ、民間全員通してね、このことを、美化の問題には取り組まなければいけないと思っております。 

由利本荘市議会 2016-12-07 12月07日-03号

2回の開催により、市民木育に対する考え方や子供たちの木のおもちゃに対する関心など、これから進めようとしている木育事業についての大きな検討材料が得られたものと思いますが、これをどのように分析し、今後の事業計画に生かしていこうと考えているのかお伺いいたします。 (2)木材を使った新しい産業の育成についてであります。 

鹿角市議会 2016-09-14 平成28年第6回定例会(第3号 9月14日)

次に、ふるさと応援寄附金についてでありますが、本市では、ことしからふるさと応援寄附金受け入れ内容を一新したことにより、上半期ベースで既に昨年度の大口寄附を除いた額を上回るほどの実績を上げているとの報道を目にして、改めて市外からの方々関心の高さを実感いたしたところでございます。  

由利本荘市議会 2015-12-04 12月04日-03号

本市では、平成25年度より参加しており、今年度で3回目となりますが、参加率が81.5%になるなど、スポーツや健康に対する市民関心が年々増加しております。これまでの成果としては、チャレンジデーにより、市民としての一体感を共有できること、地域のきずなが強まり地域づくりに貢献できること、体を動かすことで、笑顔あふれる健康づくりに役立つことが最大の成果考えております。 

由利本荘市議会 2015-09-02 09月02日-02号

教育方針について、この後も関係機関注目度関心がさらに増すものと推察されます。 このタイミングでの全国大会開催であります。どのような内容で、どんなことが期待できるのか、この機会にぜひPRも兼ねて詳しく説明していただきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。 次に、項目の4、生涯学習と生涯スポーツ活動を支える補助金のあり方について伺います。 

男鹿市議会 2015-06-18 06月18日-02号

しかしながら、近年こう何ていいますかね、メディアとかで若い女性が農林業へ進出してきている、そういう傾向が見られるようになってきているわけですけれども、やっぱりその若者子育て世代の間で地方への関心が高まってきているのが事実だわけです。それで、その若者地方に進出してきているその例というのを、私なりに調べてみました。

鹿角市議会 2015-06-12 平成27年第4回定例会(第3号 6月12日)

吉村議員日本遺産に対する関心、情熱大変意義深いものだと思っておりますが、再三のお答えになりますが、この日本遺産について、今回認められた18団体は、正直に申しまして全国的に知名度がそんなにあるというような自治体ではないと私は思ってますし、また認定されたそれぞれの遺産についても、これから地域活性化、観光の目玉として売り出していこうと、そういう趣旨で手を上げられたものだというふうに私自身理解をしております

由利本荘市議会 2014-09-04 09月04日-02号

しかしながら、残念なことに国文祭への関心の低さも叫ばれております。市実行委員会を初め、関係団体ではこれまで、プレイベント等開催広報活動に努められてきたことから国文祭周知度も上がってきているとは思われますが、国体等とは歴史的背景参加者数などの違いからも、新聞報道にもあるように、その関心の低さは否めない状況、事実でもあります。