111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

健康寿命全国1位の長野県では、世界一の健康長寿を目指す取り組みを展開しております。長野県も本市同様、健康課題として脳卒中や心疾患の原因となる高血圧、肥満や糖尿病などの予防を喫緊の課題として捉えており、一つの取り組みとして「信州ACE(エース)プロジェクト」がございます。この「A」というのは、体を動かすアクションだそうです。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

ナショナルトレーニングセンターについては県のほうと同時進行でということで進めてまいりましたが、このように札幌、長野ナショナルトレーニングセンターが決定したということと、あと、ジュニアに関してどうにかできないかということで県のほうとも検討したことがございます。ただ、それも今現在は実現に至っていないという状況であります。 ○議長(宮野和秀君) 栗山尚記君。

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

特に、今年度は全国中学校スキー大会が花輪スキー場を会場に開催されることから、長野県や新潟県の中学生の合宿が多く見られ、またFCバルセロナスクール葛飾校のサマースクール夏合宿が開催され、所属する児童コーチが多数練習に励んでおりました。そこで、ここ数年のスポーツ合宿補助事業の利用状況をお伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 教育長。 ○教育長(畠山義孝君) お答えをいたします。  

北秋田市議会 2017-06-27 平成29年  6月 定例会-06月27日−04号

秋田市米内沢字長野73番地、楢岡悦子、63歳。  北秋田市小又字下川原96番地4、高橋 一、56歳。  北秋田市五味堀字五味堀185番地、若松一幸、48歳。  北秋田市阿仁伏影字水上沢口134番地、伊東誠子、64歳。  北秋田市阿仁比立内字前田表46番地、松橋利彦、54歳。  北秋田市阿仁中村中村水上沢56番地、柴田英一、69歳。  以上でございます。よろしくお願いいたします。

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

例えば長野県で行っている保健補導制度などもあります。  高齢期の生活における健康寿命の秘訣は、基礎体力を維持する運動、十分な栄養補給、そして社会とのかかわりを持ち続けることも大事だそうであります。身近なところから気軽に健康づくりを始められる環境を速やかにつくり上げるべきと考えます。今以上に健康づくり意識向上につなげていく必要があると考えます。

鹿角市議会 2017-02-15 平成29年第1回定例会(第5号 2月15日)

昨日14日からは第72回国民スキー大会が長野県で開催されております。これまで、鹿角の選手、そして秋田県の選手も優勝や入賞ということで大きく活躍しており、大変うれしく感じております。市民とともに喜びたいと思っております。  反面、かづの厚生病院において、里帰り出産の診療は今後できかねるとの報道がなされております。

鹿角市議会 2017-02-14 平成29年第1回定例会(第4号 2月14日)

まずは、あしたから長野県で競技が始まる国体スキー競技会の鹿角勢を初めとした秋田県チームの活躍を楽しみにしたいと思います。  それでは、通告に従い質問に入ります。  初めに、市長の政治姿勢についてお伺いいたします。  児玉市長は、平成17年に市長に就任以来、もうすぐ3期12年となりますが、鹿角市政のかじ取り役として積極的に各種施策や事業を展開してこられました。

由利本荘市議会 2016-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

石脇コースにも大阪、北海道長野鳥取山形など県内外を含む約15名の方たちが参加してくださいました。遠くから足を運んでくださった方たちに喜ばれるようにと皆で企画をいたしました。それが儀式唄として伝承されてきた石脇讃物を地元の人たちに歌ってもらうことでした。

鹿角市議会 2016-09-13 平成28年第6回定例会(第2号 9月13日)

平成14年度の地方への移住者数が共同調査のデータによると1万人を超えて、岡山鳥取長野島根、岐阜の上位5県で48%を占めていて、鳥取島根は過疎化に悩み、早くから移住者支援に取り組んできています。東北では、岩手県が301人、山形県が62人、秋田県が46人になっておりましたが、昨年の秋田県での県外からの移住者は、11月現在のデータでは過去最多の75人で若い世代が多くなっております。  

能代市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−02号

現在、国内においても必修化に向けた動きが見られ始めており、平成26年度文部科学省委託事業であるプログラミン教育実践ガイドには、多摩市立愛和小学校でのタブレット端末を利用した基礎授業の事例や、長野市立芹田小学校でのチョロQのようなセンサーカーにパソコンからプログラムを送る授業など、さまざまな事例も取り上げられております。  

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

長野松本市は、宴会の食べ残しを減らすため、乾杯後の30分と終了前の10分は自席で食事を楽しむ30・10運動を進めています。また、NPOの活動としては、消費期限が迫った食品を引き取り、生活困窮者へ無償提供するフードバンクが知られております。  国連は、2030年までに世界全体の1人当たり食品廃棄物を半減させる目標を採択しています。

由利本荘市議会 2016-06-09 由利本荘市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月09日−02号

平均寿命が高齢日本一の長野県では、高齢者が生き生きとしている要因の一つとして、シルバー世代社会参加や、少ない収入であっても仕事をしていることを挙げており、生きがいを持つ施策の重要性を述べています。本市でもさまざまな施策や取り組みを行っておりますが、シルバー人材センターの活用にもそうした生きがいづくりの視点をとり入れるべきではないでしょうか。  

鹿角市議会 2016-06-09 平成28年第4回定例会(第2号 6月 9日)

また、この地震は布田川断層震源であるともいわれ、長野静岡愛知和歌山から四国を突き抜け九州に至る巨大な断層の集中体の上にあり、今後南海トラフ地震が起きるのではないか心配されているところであります。なかなか地震予知が進まない中、不用意にあおられる必要はございませんが、ふだんからの備えとしてシミュレーションしておくことは万が一地震が発生した場合に非常に有効であります。

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

これまでに熊本、宮城、長野高知、徳島、沖縄で、また4月に行われます衆議院北海道補欠選挙野党統一候補が実現した。残る27選挙区野党統一候補を実現し、1人区ですべて自公勢力に勝とう。戦いの構図は安倍自公政権の言う自公対民共ではなく、自公対5野党プラス市民国民である。日米のきずなが損なわれるのではなくて、米国の戦争への参戦の危険がなくなる、これが真実だ。

由利本荘市議会 2016-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号

今回のドラマ化は、長野県の上田市民が中心となって4年がかりで行った署名活動の効果によるものであります。真田の家紋六文銭にちなむ66万6,666人の署名を目指したこの活動の結果は、目標をはるかに上回る83万人となったということであります。本市にも上田市の職員が訪れ署名活動が行われましたが、この粘り強い取り組みは驚きであり、まちづくりに学ぶことはたくさんあると思います。  

鹿角市議会 2016-03-02 平成28年第2回定例会(第2号 3月 2日)

特に、焼山、八幡平は結構最近入山者がふえていまして、昨年も岐阜県長野県の県境等でも大きな災害がありました。最近は、高齢者も含めて山へ入る方が多いです。現在、そういう方に対する防災の呼びかけの状況と、今回の設備の設置を行うことによってどういう形になるのか、その内容について伺います。 ○議長(田村富男君) 総務危機管理監。 ○総務危機管理監(大森 誠君) 総務危機管理監の大森です。