115件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第2号 3月 3日)

人 君  会計管理者     黒 澤 香 澄 君    選挙管理委員会事務局長                                   佐羽内 浩 栄 君  総務課長      大 里   豊 君    政策企画課長    阿 部 正 幸 君  財政課長      渡 部 裕 之 君    市民課長      佐 藤 千絵子 君  市民共動課長    相 馬   天 君    子育て長寿政策

鹿角市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2号12月 9日)

各プロジェクトの評価結果から達成の見込みについて申し上げますと、A評価となった健康生き生き長寿社会プロジェクトは、シルバーリハビリ体操や地域生き活きサロンなど、健康寿命県内一を目指す取り組みの推進によって、目標に掲げた平均寿命の増加分を上回る健康寿命の増加が男性、女性ともにあらわれたところであり、今後もこの成果を維持していく必要があります。  

鹿角市議会 2019-11-29 令和元年第6回定例会(第1号11月29日)

花輪第一中学校大規模改造工事につきましては、去る10月25日に完了し、花輪第一中学校と花輪第二中学校の統合校舎として外壁や内装、屋上等を改修し、長寿命化を図ったほか、多目的トイレや車椅子でも利用可能なエレベーターを設置するなどバリアフリー化を進め、生徒の学習環境の整備、改善を図っております。

鹿角市議会 2019-09-10 令和元年第5回定例会(第3号 9月10日)

以前健康寿命全国一の長野県を視察しましたが、長野県では、全国一から次のステップとして、世界一の健康長寿を目指す取り組みを既に展開しております。具体的な取り組みを挙げますと、健康経営モデル事業の成果の普及と働き盛り世代健康状態の見える化、被扶養者を含めた健診受診の促進、ウオーキングコース設置やオリジナル体操の普及、家庭学校での減塩、野菜摂取を重点とした食生活の改善などが挙げられます。

鹿角市議会 2019-09-09 令和元年第5回定例会(第2号 9月 9日)

見守り体制の充実を図り、健康長寿を掲げる本市としても、対応策を講じる必要があるのではないかと考えます。  そこで、75歳以上のひとり暮らしや、高齢者世帯に対し、定期巡回・随時対応型訪問介護医療の実施と、それを実施する人材の確保をしっかり推進していただきたいなと考えますが、いかがでしょうか。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

さらに、県の市町村健康づくり人材育成交付金を活用し、今年度は「健診結果の活用方法」や「歯と口のケアからはじめる健康長寿」などのテーマで市民講座を5回開催したところであり、来年度はフレイルと呼ばれる筋力低下などに伴う虚弱状態を市民みずからチェックできる講座の開催を計画しております。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

道路網の整備については、道路橋の法定点検や松山跨線橋の補修工事など、長寿命化対策を進めるとともに、計画的に舗装補修を実施し、安全安心な道路交通の確保に努めてまいります。  水道水の安定供給については、最終年度となる小豆沢地区の拡張工事を実施し、上水道未普及地域の解消を図ってまいります。  

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

また、長寿命化計画では、既存建築物有効活用・長寿命化とあわせ、建てかえを含めた活用手法の判定を行っており、現在は毛馬内住宅の建てかえ事業を進めているところでありますが、四の岱についても建てかえ候補としておりますので、おおむね5年をめどとした計画見直しの際に適切な維持管理と今後の整備手法などについて検討してまいります。(「ありがとうございました。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

健康寿命全国1位の長野県では、世界一の健康長寿を目指す取り組みを展開しております。長野県も本市同様、健康課題として脳卒中や心疾患の原因となる高血圧、肥満や糖尿病などの予防を喫緊の課題として捉えており、一つの取り組みとして「信州ACE(エース)プロジェクト」がございます。この「A」というのは、体を動かすアクションだそうです。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

市が意欲的に行っているスポーツ合宿のさらなる誘致や健康長寿の拡大や市民健康維持のためには、市内にはなくなってしまった屋内プールの整備が効果絶大と考えます。これを東山スポーツレクリエーションエリアに配置整備できれば幅広い相乗効果が期待でき、鹿角市の大きな活力を生み出す施設になると思いますが、多くの市民も期待をしている屋内プール整備ができないか、お伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 教育長

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

①としてまちなかにぎわい創出では、中心市街地の魅力の向上、イベント支援、コモッセの商店街連携、駅前広場道路等の整備、②として地域コミュニティーの活力再生では、コミュニティー支援体制の強化、③として健康生き生き長寿社会の実現、高齢者の安心を支える福祉サービスの充実等を目標としています。  これまで中心市街地の活性化として最も大きな目玉である文化の杜コモッセが建設されました。

鹿角市議会 2018-03-06 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日)

   卓 君    農林課長農業委員会事務局長                                   大 森   誠 君  財政課長      大 里   豊 君    監査委員事務局長  佐 藤 千絵子 君  選挙管理委員会事務局長            市民共動課長    関 本 和 人 君            佐羽内 浩 栄 君  福祉課長      村 木 正 幸 君    長寿支援課長

鹿角市議会 2017-12-12 平成29年第7回定例会(第3号12月12日)

2つ目が子育て支援と結婚支援対策の充実、3つ目がユネスコ無形文化遺産による文化の創出、4つ目が健康長寿社会の実現、5つ目がスポーツによる地域活性化であります。ですから、今後の一般質問はそれらの取り組み状況等についての質問主体になるだろうと思っております。  それでは、通告に従いまして順次質問してまいります。  

鹿角市議会 2017-09-01 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日)

これまでは、表現の範囲が狭く限定された規定となっていたため、包括的な表現に改めるとともに、健康長寿推進に重点を置くという方針のもと、介護予防事業を中心に実施することとし、4つに絞り込んでおりますが、創作活動や教養・娯楽活動もこれまでと同様に実施していくこととしております。