61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北秋田市議会 2017-06-20 平成29年  6月 定例会-06月20日−03号

それはこういう数値での経費としては出てこないわけですけれども、そういうことを考えると、それぞれの見解ですけれども、この大山というところ、僕、学生時代、その先に住んでいましたんですけれども、板橋区もずっと郊外なんですよ。それでそんなに情報発信するにしては魅力あるところではないと。

北秋田市議会 2016-12-13 平成28年 12月 定例会-12月13日−04号

社会情勢は厳しい状況であり人口減少が進む中、地元利用率が落ち込んでいるため、5年間、今の収入を保つため、今後は県外客、インバウンド、近隣郊外営業展開をしていく必要があり、営業成果が本格的にあらわれるには、ある程度の期間を要するものと理解しているが、このような営業展開で収入の向上を図りたいと考え、5年間同じ収支で計上させていただいたとの報告がありました。  

鹿角市議会 2016-12-12 平成28年第7回定例会(第2号12月12日)

11月末時点での1便当たりの利用者数は2.97人と、大変好調な運行状況にあると受けとめており、座談会でこの事例を紹介したところ、運行に向けて検討を始めた自治会もございますので、引き続き郊外部の移動を支える新たな交通手段として積極的な導入を進めてまいります。 ○議長(田村富男君) 成田哲男君。

鹿角市議会 2016-06-09 平成28年第4回定例会(第2号 6月 9日)

また、この後触れますコモッセでは学校帰りに友人たちと利用している高校生の姿をよく拝見しており、郊外への立地は中心市街地のさらなる低迷につながる可能性もございます。最近建て直したばかりの現在の花輪高校の校舎の利用、または花輪駅舎を改築して高校とするぐらいの大胆な要望をもって取り組んでほしいと思っております。  

鹿角市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日)

市としても統合の方向で議論を進めているようでありますが、統合が決定となった場合に花輪高校が郊外に移転することも考えられ、さらに中心市街地の空洞化に拍車がかかるおそれがあります。  そこでお伺いしますが、市として地域活性化のために統合高校と花輪駅を合築するなどの大胆な発想はないか、お伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

北秋田市議会 2015-09-29 平成27年  9月 定例会-09月29日−04号

今回のPKO法改正について、我が党の国会議員がかつて所属していたNGOがルワンダ難民キャンプ、現在のコンゴ共和国のゴマ郊外ということでございます、に医療スタッフを派遣した際、群衆に囲まれてトラックが奪われ、近くにいた自衛隊保護された事案を紹介し、当時の法律が要請に基づく駆けつけ警護を認めていないため、自衛隊が救出ではなく、輸送業務と位置づけて実施した事実を上げ、法改正の必要性を強調しました。

鹿角市議会 2014-06-16 平成26年第4回定例会(第2号 6月16日)

やはり福祉施設郊外にあると面会に行くといってもいろいろな面で大変不便だということと、行きやすいところにあればなということで、20年ぐらい前から福祉施設は町なかにということが唱えられて、ようやくここ五、六年ぐらい前から、小坂町のあすなろも小坂町のあのマックスバリュのそばに、あすなろに入っている人が小坂のマックスバリュのそばにケアホームができてそちらのほうに移ってきたり。

北秋田市議会 2013-04-24 平成25年  4月 臨時会(第1回)-04月24日−01号

また、郊外型のほうに人が、流れが移っていっている。ただ、超高齢化時代でありますので、町なかはやはりしっかり高齢者の方々も歩いてその施設に行けるような、そういうまちづくりをしていかなければいけないと思っています。そのための中心市街地のにぎわいをつくるためにこの施設を活用させていただきたいと思っています。

北秋田市議会 2011-12-08 平成23年 12月 定例会-12月08日−02号

それと、今、郊外に大型店ができておりますけれども、当時、駅前にも、大型店というほどではありませんけれども、民間資本デパート的な建物もありました。また、この町なかにも地域商店街の商店主たちが金を出し、出資をしながら立派な建物をつくって、そこに電気店や呉服店、洋品店も入りました。

北秋田市議会 2011-12-06 平成23年 12月 定例会-12月06日−01号

それと、今市の置かれている状況、今、総務部長がおっしゃられるにぎわい創出ということは、これは大変重要な課題でございますけれども、もう商店街が全く今郊外に出た中で、今購入価格1億2,000万円近い金を投資して、その効果が期待できるかということについては、僕自身は非常に疑問に思うし、一般市民の理解が果たして得られるだろうかということに対して、当局はどういう認識でおられるのかということが2点目。  

鹿角市議会 2011-09-13 平成23年第5回定例会(第2号 9月13日)

反対にデメリットとして考えられるのは、大型小売り店舗のバイパス沿道への店舗展開あるいは各種の施設郊外化、あるいは商業機能のシェアの低下が懸念されますね。もう一つ、交通量がバイパスへ流れることによって道路が閑散となる。あるいは流通関施設あるいは車関連業種ですね、ディーラーやガソリンスタンド、カーショップ、ドライブイン、こうした店舗が移転することが考えられるわけです。  

北秋田市議会 2011-09-09 平成23年  9月 定例会-09月09日−03号

この地域のみならず、北秋田市全体が、そしてまたこういう地方自治体、また、郊外にさまざまな大型店ができたり、人口減少が進んでいる地域にとって、地域経済の疲弊は大変激しい、甚だ厳しいものがございます。そして、それぞれ市としても決して手をこまねいている場合でもありませんし、さまざまなそういうイメージでやっています。  

北秋田市議会 2011-06-20 平成23年  6月 定例会-06月20日−02号

秋田市のみならず、全国的にも過疎、少子化の波は押し寄せており、このままでいくと、農村部は特にその傾向が強く、公的機関合併によって中央に集中し、商業圏域も郊外型になって、年々活気が失われ、既に限界集落そのものが発生している状況です。ちなみに合川地区の雪田集落では、農家が昨年1軒もなくなってしまいました。

鹿角市議会 2010-06-16 平成22年第4回定例会(第3号 6月16日)

しかし、病院が現実として郊外移転してしまった現段階においては、あらゆる知恵を絞り出し、全力で現状に立ち向かうしかないと私は思っております。  そこで、今回は、中心市街地の商業環境に絞って質問させていただきます。  初めに、鹿角組合総合病院郊外移転に伴う商業環境の実態把握についてお伺いいたします。病院郊外移転により中心市街地の商業環境には、想像を超える人と経済の悪い方向への変化が見られます。

鹿角市議会 2009-12-08 平成21年第8回定例会(第2号12月 8日)

市の医療の中心となる病院郊外へ移転することによって多種多様な問題が想定されますが、利用者となる市民の皆様の不便を解消するために市ではどんな対応をされているのか、お伺いいたします。  一つ目に、新病院へのアクセス道路整備についてです。  病院移転に伴い、車の流れが大きく変わることが予想されます。現段階で行われていること、これから計画されていることについてお聞かせください。

鹿角市議会 2009-02-17 平成21年第2回定例会(第3号 2月17日)

現在、鹿角組合総合病院は、平成22年5月新病院開院に向けて建設工事が順調に進んでおり、待望の新病院が現実のものとなっている一方で、郊外への移転によって中心市街地の空洞化に拍車がかかることが懸念されることから、平成19年2月にJA秋田厚生連の要請に対し、移転後の遅くない時期に取得を検討する旨の回答をしたことを踏まえ、市が取得することを前提として利活用方針を検討しているものであります。