72件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2021-03-03 03月03日-04号

21款市債1項市債は7億1210万円の追加で、過疎地域自立促進特別事業債関係費目計上しており、総額で7,110万円の減額県営ほ場整備事業負担金)債9,260万円、道路整備事業1億740万円の追加学校施設整備事業債関係費目計上しており、総額で2億9990万円の追加減収補てん債1億4750万円、臨時財政対策債換債平成17年度、18年度、19年度の借入分総額1億6950万円の計上

能代市議会 2020-09-29 09月29日-05号

21款市債は2,830万円の追加で、道路整備事業臨時財政対策債追加であります。 審査過程において、個人市民税及び法人市民税の内容について質疑があり、当局から、個人市民税については、追加の主な要因として、給与所得及び農業所得の伸びが考えられ、賦課実績から新型コロナウイルス感染症影響による徴収猶予分を差し引いた上で5,300万円を追加している。

能代市議会 2020-09-09 09月09日-04号

21款市債1項市債は2,830万円の追加で、道路整備事業1,840万円、臨時財政対策債990万円の追加であります。 次に、歳出でありますが、2款総務費1項総務管理費は3億8029万8000円の追加で、財政調整基金積立金3億3299万3000円の追加特別定額給付金給付事業費単独分)2741万9000円の計上市税等過年度還付金1839万7000円の追加が主なるものであります。 

能代市議会 2020-09-01 09月01日-01号

まず、歳入の主なものとしては、個人市民税及び固定資産税追加法人市民税及び市たばこ税減額普通交付税追加新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金学校施設環境改善交付金及び新型コロナウイルス感染症拡大防止対策事業費補助金計上財政調整基金繰入金減額、前年度繰越金及び道路整備事業追加であります。 次に、歳出の主なものについて御説明いたします。 

能代市議会 2019-03-19 03月19日-05号

21款市債22億9370万円の計上は、道路整備事業臨時財政対策債等であります。 審査過程において、消費税増税をどのように今回の予算に盛り込んだのか、との質疑があり、当局から、基本的に影響のあるものは見込んでいるが、歳入のうち、消費税増税軽減策による減収分地方特例交付金として交付されるものは、国から概要が示されていないことから当初予算には見込んでいない。

能代市議会 2019-03-06 03月06日-04号

21款市債は22億9370万円の計上で、1項市債同額で、過疎地域自立促進特別事業債関係費目計上しており、総額で1億3980万円、道路整備事業3億8560万円、文化会館改修事業債1億4830万円、落合テニスコート整備事業債1億5680万円、臨時財政対策債6億8480万円が主なるものであります。なお、これによる平成31年度末の市債現在高の見込みは328億1001万円となります。

能代市議会 2018-02-20 02月20日-01号

まず、歳入の主なものとしては、法人市民税地方消費税交付金追加国庫支出金については、地方創生拠点整備交付金計上保護費負担金社会資本整備総合交付金減額繰入金は、財政調整基金繰入金減額庁舎建設基金繰入金追加市債は、道路整備事業、公園施設改修事業債技術開発センター・木の学校改修事業債追加と道の駅ふたつい整備事業債減額等を行っております。 

能代市議会 2017-12-13 12月13日-04号

21款市債1項市債は4,120万円の追加で、道の駅ふたつい整備事業債4,610万円、全国瞬時警報システム整備事業債340万円の追加道路整備事業が420万円、サン・ウッド施設改修事業債が410万円の減額であります。 次に、歳出について申し上げます。1款議会費1項議会費は242万6000円の減額で、職員人件費247万6000円の減額が主なるものであります。 

能代市議会 2017-03-08 03月08日-04号

21款市債は36億3050万円の計上で、1項市債同額で、道の駅ふたつい整備事業債10億3800万円、庁舎整備事業債2億7770万円、過疎地域自立促進特別事業債関係費目計上しており、総額で1億7440万円、道路整備事業1億9660万円、能代河畔公園整備事業債1億120万円、能代総合体育館整備事業債2億6710万円、臨時財政対策債9億1280万円が主なるものであります。