運営者 Bitlet 姉妹サービス
723件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 そういうものを私はちょっと指摘するんだけども、なぜやっておかなかった、同時進行しなかったのかなっちゅう点で、対応策をね急いでやらなきゃならないということなので、市長、今、今言った具体的な現場の事例に対してね再考する考え方はないのかどうか、もう一回お聞かせ願いたいと思います。   もっと読む
2018-06-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      地方財政の充実・強化を求める意見書  地方自治体は、子育て支援策の充実と保育人材の確保、高齢化が進行する中で社会保障への対応、地域交通の維持など、果たす役割が拡大する中で、人口減少対策を含む地方版総合戦略の実行やマイナンバー制度への対応、大規模災害を想定した防災・減災事業の実施など、新たな政策課題に直面しています もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 肝炎ウイルスに感染すると、一部が慢性肝炎に進行します。B型肝炎は、およそ10パーセント、C型肝炎は60から80パーセントが慢性化し、これを放置すると肝臓が繊維化して硬くなる肝硬変に進行したり、肝臓がんに移行することがあります。年3万人に上る肝臓がんによる死者のうち、8割がC型肝炎、1割がB型肝炎からの移行と言われています。   もっと読む
2018-03-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号 本会議等の円滑な議事進行に皆さんからご協力を得ましたことに対し、議長の立場からも厚く御礼申し上げます。市当局におかれましては、審議の過程で議員各位より示されましたご意見等、十分尊重していただき、今後の施策・事業に反映されますことを強く望むものであります。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) いずれにいたしましても、少子高齢化が進行する地方にあっては、新しいアイデアによる課題解決が必要になってまいりますので、行政機関や関係団体等が主催するビジネスコンテストやセミナー等が開催される場合には広く情報発信し参加を呼びかけるとともに、若者が起業・創業しやすい環境の整備に努めてまいります。 ○議長(宮野和秀君) 金澤大輔君。 もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 、本市農業の担い手の現状と課題についてでありますが、農業就業人口の推移、平均年齢や離農される農家の状況については、農林業センサスの調査結果によると、本市の農業就業人口は、平成22年調査の3,167人に対し、平成27年調査では2,253人と、914人、約29%減少し、減少率は国・県を上回って推移し、就業者の平均年齢は65.0歳から65.9歳に上昇しており、全国平均より若干低いとはいえ、高齢化は着実に進行 もっと読む
2018-03-06 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第2号 3月 6日) ○4番(田口 裕君) どうか予算の関係ないしは議案が多いんですけれども、ゆっくり質疑、ちょっと考える余裕をいただきたいと思いまして、ゆっくり進行をお願いします。 ○議長(宮野和秀君) 次に、歳出について質疑を受けます。  初めに、1款議会費及び2款総務費について質疑を受けます。質疑ございませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(宮野和秀君) ないものと認めます。   もっと読む
2017-12-20 鹿角市議会 平成29年第7回定例会(第4号12月20日) これに対し、現在の表示でも試合の進行上は支障がないものであるが、広く要望も寄せられているため、今後、改修について協議、検討してまいりたいとの答弁がなされております。  以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。   もっと読む
2017-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号 投票所がなくなる地域は山間部が多く、公共交通が整備されていない上、高齢化も進行。山間部に住む市民から、投票所の統合で、新しい投票所まで遠くなってしまった。移動手段がなく、投票に行きたくても行けない、どうにかならないかとの切実な声が上がっていました。   もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 まず、JR男鹿線のことについてはですね、自分も不十分な点はあるけれども、まず、おおむねそういう形で進行しつつあると言いますか、広がっていくということについては、大いに期待するところであります。   もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 (拍手)      (「議事進行」と呼ぶ者あり) ○議長(武田正廣君) 3番小野 立君。 ◆3番(小野立君) ただいまの委員長報告中、議案第69号について継続審査を求める旨の動議を提出したいと思いますので、その準備のため休憩をいただきたいと思います。 ○議長(武田正廣君) ただいま3番小野 立君から動議が提出されましたが、この動議について賛成の方々の……。       もっと読む
2017-09-22 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日) ○17番(田村富男君) 議事進行についてでありますけれども、決算認定にかかわる提案理由の説明は、今後決算特別委員会で審議されることから、簡略にお願いしたいと思います。 ○議長(宮野和秀君) ただいま田村富男君から提案理由の説明は簡略にという発言がありますが、これを了といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。      もっと読む
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 子育て支援策の充実をの①子育て支援策について、現時点での成果と課題をどのように捉えているかというご質問でありますが、急速な少子高齢化の進行により、地域社会や家庭を取り巻く環境が変化しております中で、次世代を担う子供たちへの支援策は大変重要なものと考えております。   もっと読む
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 旧二ツ井町の事業計画では、事業開始から20年間で建物が建てかえられ、それに伴い浄化槽も整備されるとの見込みでありましたが、その後の少子高齢化に伴う過疎化の進行や地域経済の低迷等の社会情勢の変化により整備が進まなかったものと考えております。   もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 また、それぞれの計画は、基本的に計画策定や進行管理のため市民・団体等からなる協議会等を設置して、計画の進捗をその協議会等に報告し、評価をしていただいております。イオン出店については、基本的に民間事業の活動で、市の事業ではありませんが、市としては出店はメリットがあると判断していることから、行政として出店により懸念される事項が少しでも解消できるよう取り組んでいくことが市の責務であると考えております。 もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) 城山野球場においては、スコアボードの仕様変更に多額の費用を要するほか、特に試合の進行に支障を来していないため、現時点での改修は考えておりませんが、現在の設備は設置してから8年が経過しており、修繕が必要となる時期を迎えますので、そうした機会を捉えて改修を検討してまいりたいと考えております。 ○議長(宮野和秀君) 成田哲男君。 ○7番(成田哲男君) ありがとうございます。   もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) 特に、中山間地域では過疎、高齢化の進行により耕作放棄地の増加、生活交通機能の縮小、買い物困難地域の拡大などの課題が顕在化し、今後小規模な集落ほど話し合いの場が減少し、生活状況の実態把握が困難になることが予想され、集落の状況を客観的に把握し、集落の能動的な話し合いを促進することを目的としております。集落の実態把握をして対応していくのは大事であると思いますので、よろしくお願いいたします。   もっと読む
2017-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号 日本では、ピロリ菌除菌の保険適用は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍の症状が進行していなければ認められませんでしたが、2013年2月からは、呼気検査などでピロリ菌感染を調べ、内視鏡で慢性胃炎と診断された人には、除菌治療を保険適用とする対策が講じられております。胃がん発症者数を大幅に減らすためには、本市としての対策も重要と考えます。   もっと読む
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 市では、五社堂や脇本城跡などの景勝地、十二桜森林公園、真山いこいの森などを「守るべきナラ林」に指定し、国の補助事業により予防対策である樹幹注入と、駆除対策である薫蒸処理と焼却、破砕チップ処理を実施しておりますが、被害木の倒木や景観の悪化が進行している状況であります。   もっと読む
2017-08-30 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月30日−04号 そういう状況の中でそういう進行が、何かこう私たちにすると非常にこう不安で心配な向きもあるんですけれども、その辺のところは大丈夫、計画どおりにやっぱり進めていくのかっていうところをひとつ確認します。 ○議長(青柳宗五郎君) 冨岡市民福祉部長。 ◎市民福祉部長兼福祉事務所長(冨岡明君) 御答弁にちょっと舌足らずなところがあったようですけれども、県が国保にかかわるということは県のほうが財政運営をすると。 もっと読む