41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

この軽自動車におきまして各農家を回って、野菜の集荷を中心に回って歩くということになります。  それから、先ほども市長が申し上げましたように、レストランにそういう食材をどんどん使っていただくということも考えておりまして、農家の方は高齢の方が多いわけですので、できるだけ近くといいますか、身近なところに車を配置して、そして効率的な集荷に努めようという調査でございます。

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

初めに、歳入1款市税について、法人市民税の現年課税分で見込んでいる法人数と滞納繰り越しの状況、及び自動車税の現年課税分で見込んでいる台数と滞納繰り越し分の状況についてただしております。  これに対し、法人市民税については、今年度の稼働法人数が731法人となっており、新年度においても同数を見込んでいる。

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

3項1目軽自動車税の228万2,000円は、新車登録から13年を経過した重課税の対象車両の増などにより追加するものです。  続いて、21ページ、22ページをお願いします。  中段の14款2項4目農林水産業費県補助金の2節の荒廃農地等利活用促進交付金148万円は、今春に再生作業を予定している箇所について、県との協議の結果、今年度予算に追加して内示を受けるため増額するものです。  

鹿角市議会 2017-04-11 平成29年第2回臨時会(第1号 4月11日)

自動車税に関連するものといたしましては、いわゆるグリーン化特例の適用期限を2年延長する改正を行ってございます。  失礼しました。済みません、条例ですけれども、「鹿角市市税条例の一部を改正する条例」であります。訂正いたします。  改正内容につきましては、議案資料で説明いたしますので、議案資料1ページをあわせてごらん願いたいと思います。  

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

条例(案)ですが、改正の内容としましては、1つに住宅ローン減税適用期間並びに自動車税におけるグリーン化特例の適用期間の延長、2つ目として自動車取得税の廃止に伴い自動車税に環境性能割の新設と種別割への改正、3つ目として法人市民税、法人税割の一部を交付税の原資化とすることに伴う法人市民税の税率改定の3点が主なものです。  

鹿角市議会 2016-03-18 平成28年第2回定例会(第6号 3月18日)

これに対し、12月末現在で、市県民税の普通徴収、固定資産税自動車税を合わせた額を100%とした場合、納付書で納めていただいたものでコンビニ収納の割合は22.4%となっている。これとあわせ、期限内納付も徹底され、督促状の発送件数も減っていることから、経費的にも効率化が図られており、今後、さらにコンビニ収納の利用をふやしてまいりたいとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2016-02-26 平成28年第2回定例会(第1号 2月26日)

3項1目軽自動車税の現年課税分388万円の減額は、税制改正により小型特殊自動車等に係る税額の引き上げが平成28年4月に延期となったことに伴い、調定見込みにより調整するものです。  4項1目市たばこ税の現年課税分750万8,000円の減額は、取り扱い本数が減少する見込みであることから、調定見込みにより調整するものです。  

鹿角市議会 2014-05-02 平成26年第3回臨時会(第1号 5月 2日)

また、自動車税の税率を引き上げました。自家用乗用車はおおむね1.5倍に、そのほかはおおむね1.25倍に引き上げました。詳細につきましては後ほどそれぞれの条で説明したいと思います。また、グリーン化を進める観点から、最初の車両検査から一定年経過した軽四輪車両について、おおむね20%の重課を導入しました。

鹿角市議会 2014-03-05 平成26年第2回定例会(第2号 3月 5日)

今回の今の状況をひとつお知らせいただきたいと思いますし、それがいずれにしても市県民税あるいは固定資産税自動車税、国民健康保険税それぞれあるわけでありますけれども、これが今回の歳入にどのように影響し調定されていくのか、その点についてお伺いさせていただきます。 ○議長(田村富男君) 総務部長。

鹿角市議会 2013-12-17 平成25年第8回定例会(第3号12月17日)

また、同じように自動車税率が変わっていくと、これはまだ大分先のことだと思いますけれども、それらについて、鹿角市の行財政にどのように変化されていくのかお答え願いたいと思います。 ○議長(田村富男君) 総務部長 ○総務部長(安保一雄君) 消費税につきましては、国税ではございますが、地方へも配分されている分がございます。

鹿角市議会 2013-12-16 平成25年第8回定例会(第2号12月16日)

加えて、通院交通費の助成は、障害者社会参加の促進を目的に、市単独事業により、身体障害者手帳の1級と2級、療育手帳A、精神障害者保健福祉手帳1級と2級のいずれかの交付を受けている方のうち、所得税が10万円未満で、自動車税または自動車税の減免を受けていない方を対象に、1枚につき500円を割引するタクシー料金を年間最大24枚交付しております。

鹿角市議会 2013-09-10 平成25年第7回定例会(第2号 9月10日)

○10番(中山一男君) 現在、組丁橋から東山農免道路までの間に、福士川沿いに市道がありますけれども、その大半が車、自動車一台が通れるか通れないかの狭い道路となっております。もちろん自動車同士の交差もできませんし、冬期間なんかどうしているのかと心配されます。また、この市道の一部は花輪小学校、あるいは花輪第一中学校への通学路にもなっております。地域の方々には大変重要な路線であると思っております。

鹿角市議会 2013-02-13 平成25年第2回定例会(第4号 2月13日)

昨年4月の京都府亀岡市自動車が集団登校中の児童保護者の列に突っ込み、3人が死亡、7人が重軽傷という痛ましい事故が発生しております。その後も各地で登校時の児童が死傷する事故が立て続けに発生いたしました。交通事故死亡者数は減少しておりますが、負傷者数は85万人を超え、いまだ交通戦争は終わっていないといっても過言ではございません。  

鹿角市議会 2013-02-06 平成25年第2回定例会(第2号 2月 6日)

同じく自動車税では滞納繰越分107万1,000円ということで、合計3,000万円くらいが滞納繰越金ということでここに予算計上されております。それでお尋ねしたいのは、まずこの固定資産税が前年度に比較して減るというこの要因ですね。その辺のところをひとつ教えていただきたいと、そのように思います。それから、自動車税で、現在何台ぐらいに対しての課税となっているのか。