51件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

それから、介護保険制度に関する国の動きでございますけれども、財務省財政制度審議会が4月行われておりまして、この中で社会保障の今後についての方針が建議されております。5月に新たな財政健全化計画等に関する建議というのが公表されておりまして、こちらの介護分野におきまして、先ほどお話のケアマネジメントの質の向上等の観点から利用者負担を導入すると。

能代市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号

その推測については、前回の再質問時に、財務省学校規模の最適化に関する調査という資料を御紹介しましたが、口頭で読み上げただけなのでわかりにくかったかもしれませんが、ネット上でも公開されている資料であり、その中で、学校統合による人件費を中心としたコスト削減の成果が強調されていたり、コスト縮減を図り、効率化を進めるためにも、学校規模の最適化を目指す必要があるとの記載があったりと、最適な児童教育環境を導

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

先ほどの議論でも明らかなようでありますけども、その一つは予算の削減であり、特に財務省などは、子どもの数が減るので、今後10年間で4万9千人もの教職員を減らせるなどといって、相当な批判を浴びているわけであります。さらに、私が今回教育問題を議論させていただきたいのは、特に今も申し上げましたように、今の安倍内閣政治介入や、教育に対する政治介入、反動教育的な発言が目に余る姿勢であります。

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

財務省は、報酬改定などが重なる来年度を社会保障費の一層の削減に向けた転機にしようと圧力を強めています。暮らしの実態を無視したやり方は、到底許されるものではありません。  税の集め方、使い方を改めるなど、国民の暮らしの安心を支える社会保障を拡充させる政治への転換が不可欠なのではないでしょうか。2018年、来年度は、本市にも大きな影響が出てくるのではないかと思われます。

由利本荘市議会 2017-02-24 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月24日−04号

(1)財務省教員削減案の影響は。  新年度の予算編成を前に財務省が出した公立中学校の教職員を今後10年間で4万9,000人削減できるとの試算に、批判が上がっています。格差貧困の拡大、いじめや校内暴力の深刻化、発達障害子供たちの問題など、現在の教職員は多くの問題を抱え、多忙化の中で必死で頑張っており、そのような中で精神疾患で休んでいる方もふえているようであります。  

由利本荘市議会 2017-02-23 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号

しかし、畦畔や水路がないなど水田機能がない農地や畑地を直接支払交付金の対象から除外するよう財務省から求められ、そうなるようでもあります。  さらに、飼料用米について、収量に応じて交付される数量払いを導入しておりますが、財政当局から標準単収の引き上げを強く求められております。

男鹿市議会 2016-12-19 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月19日−06号

財務省財政制度審議会は改革の方向として、(1)「受診時定額負担」の導入、(2)後期高齢者の窓口負担の2割化、(3)高額療養費制度の限度額の引き上げ、(4)市販類似薬の保険はずし、(5)入院時の居住代の徴収拡大など、さらなる患者負担増をもたらす制度設計を提言しています(「『経済財政再生計画』の着実な実施に向けた建議(2016年5月18日)」、「平成28年度予算の編成等に関する建議(2015年11

北秋田市議会 2016-06-16 平成28年  6月 定例会-06月16日−01号

文科省がこういうことを60年ぶりに提案したのは、その前の年、一昨年に財務省が、経済財政改革の基本方針というものの中で、学校再編を提起したのです。財務省が提起するということは目的は何だかというのは、もう誰でもわかる話で、そういう背景で今、国のほうでは進めてきている。そういうのも含めて、今までとはまた違った角度での議論が必要になる、大変大事な策定委員会になるのでないかなと、私は見ています。  

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

今回予算計上をいたしました補償金額8,400万円は、2月10日を試算基準日として財務省に試算してもらったものでございますが、繰り上げ償還をしている9月時点の国債の利回りの状況によっては、繰り上げ償還を先送りする判断もあり得るということをあらかじめ申し上げておきたいと思います。  4ページ、お願いいたします。  上から2行目、3行目に、2つの臨時福祉給付金のことを記載してございます。

能代市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会-12月14日−02号

ですから、多分、文科省のほうも含めて、新年度予算では財務省のほうのいろいろな動きもあるようで、少子化に向けていわゆる先生の数を減らせというふうな動きもあるようであります。しかし、文科省のほうでは、やっぱりそういうことではいわゆる子供たちの教育状況がよくならないというふうなことで、頑張って何とか減らさないようにと言いつつも一定数は減るだろうという、こういうふうな見方もされています。

由利本荘市議会 2015-09-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月03日−03号

今回の負担増の対象は、ひとり世帯年金収入だけなら年280万円以上の人たちなどですが、財務省はさらに対象者の拡大を要求しています。月1万5,000円の利用料だった場合、今後3万円にはね上がりますが、年金収入は実質的にマクロスライドなどで減る一方なのに、大変な負担増になり、もう暮らしは成り立たないと、やむなく必要なサービスをやめたり減らしたりする人も生まれている実情であります。

由利本荘市議会 2015-03-18 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月18日−05号

今回の介護報酬の見直しは、政府予算案では2.27%減となっていましたが、当初、財務省介護報酬の抑制の徹底した合理化、効率化をするとして、6%減を求めるというとんでもない見直し案でありました。  2.27%となった引き下げは、実質0.8%減であった2012年に続く連続の削減であり、2003年の2.3%減、2006年の2.4%減に並ぶ大幅な引き下げとなります。  

男鹿市議会 2015-03-04 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−03号

交付金の地域格差導入は、財務省が主張。総合管理計画を策定した上で交付金を申請する自治体には、申請額を全額支給し、残りを未策定の自治体に一律配分する案で、自治体側に早期の計画策定を促すとともに、交付金を老朽化対策に活用してもらう狙いがあるとしています。  本市に50年を超えるインフラはあるのか。また、公共施設等総合管理計画は、どこまで進んでいるのか、年度末に提出可能なのかお伺いいたします。  

男鹿市議会 2015-03-03 男鹿市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月03日−02号

これは、財務省平成27年1月発表した、平成27年度社会保障関係予算での介護保険料の全国平均月額5千550円と比較しますと、1千95円高くなっております。その要因は、1人当たりの介護給付費が、平成24年度の全国平均24万7千537円であるのに対し、男鹿市は34万7千300円となっているためであります。  

男鹿市議会 2014-12-10 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月10日−04号

それから、統合の問題ですけれども、今後、保育園も中学校も含めてということで聞いたんだけれども、船川第一小学校と船川南小学校についてはしょうがないという問題もあるんですけれども、今、この統合問題、財務省の方針だけじゃなくて文部科学省もこれを進めるという方針、全国で5千校ほど減らすというニュースが出ていますよね。