9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2016-12-12 平成28年 12月 定例会-12月12日−02号

販売手数料がある程度上がる場所であれば、そんなに財政的負担がなくてもやれるのかと思っておりますので、やはりそういう販売手数料が上がるところというのは人の出入りが多いところですから、そういう犯罪も多くあろうところだろうと思いますので、是非ともそういう事業者の皆さん方がおられるかどうか、そしてそういったことでもって一緒にやっていくことができるかどうか、その辺を検討させていただいた上で、できますれば、これ警察本部

由利本荘市議会 2016-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号

また、広域観光道路の一部である市道猿倉花立線につきましては、昨日、佐藤勇議員の御質問にもお答えいたしましたとおり、秋田県警察本部による現場保存の規制が昨年12月に解除されており、平成28年度には復旧に向けた現地の調査測量のほか、工法についても関係機関と協議しながら検討してまいります。  次に、(4)観光道路不通に伴うプロジェクトへの影響はについてお答えいたします。  

由利本荘市議会 2016-03-03 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号

鳥海グリーンラインの一部である市道猿倉花立線については、秋田県警察本部による現場保存の規制が昨年12月に解除されており、平成28年度には復旧に向けた現地の調査測量を実施してまいります。その後のスケジュールについては、調査結果をもとに、復旧工法などとあわせ、関係機関と協議してまいります。  次に、(2)亀森線の通行規制についてにお答えいたします。  

由利本荘市議会 2015-09-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月04日−04号

しかし、現地においては秋田県警察本部捜査中であるため、現場保存の規制が継続中であり、現場に手を加えることができない現状にあります。また、5名もの尊い命を失った現場でもあり、加えて県警本部の捜査結果が出ていないことから、復旧に向けての調査・設計などについても慎重に対応してまいりたいと考えておりますので、御理解をお願いいたします。  

由利本荘市議会 2013-12-11 由利本荘市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月11日−02号

今回の土砂崩落における行方不明者の捜索につきましては、二次災害が懸念される過酷な状況の中、昼夜を問わない懸命な活動をいただきました自衛隊を初め、国土交通省秋田県秋田県警察本部秋田県警機動隊、由利本荘警察署、にかほ市消防本部、湯沢雄勝広域市町村組合消防本部、本市消防団、並びに各医療機関災害派遣医療チーム通称DMATに対しまして、深く感謝と御礼を申し上げる次第であります。  

由利本荘市議会 2013-12-09 由利本荘市議会 会議録 平成25年 12月 定例会-12月09日−01号

あわせて国土交通省秋田県秋田県警察本部秋田県警機動隊、由利本荘警察署災害派遣医療チーム通称DMAT、にかほ市消防本部、湯沢雄勝広域市町村組合消防本部、本市消防団などにも応援を要請いたしました。  時折雪まじりの雨が降り、二次災害も懸念される厳しい現場環境の中、昼夜を問わない懸命な捜索活動に御協力をいただきました関係者の皆様に、心より感謝を申し上げます。  

由利本荘市議会 2010-03-05 由利本荘市議会 会議録 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月05日−03号

秋田県教育委員会秋田県警察本部は、秋田県学校警察連絡制度に関する協定を結ぶ方針であると伺っております。それによりますと、児童生徒の問題行動及び犯罪被害防止に係る相互の連携について必要な事項を定め、問題の所在を相互に理解し、連携を密にして対応することにより、児童生徒の効果的な指導及び健全育成に資することを目的としております。

能代市議会 2008-09-16 平成20年  9月 定例会-09月16日−02号

浅内財産区としては、秋田県警察本部による捜査の進展や秋田県と元経営者の動向を引き続き注視してまいりたいと考えております。  次に、固定資産税回収に向けた手続はどうするかについてでありますが、同社は、平成10年12月25日に破産宣告を受けており、市では国税徴収法に基づき、平成11年1月7日に同社の破産管財人に対して租税債権の届け出を行っております。

能代市議会 2005-12-13 平成17年 12月 定例会-12月13日−03号

当市では、平成十二年度に秋田県警察本部指導を受け能代市防犯協会が主体となってこれに取り組んできており、主に通学路を中心に協力が得られた商店や事業所、一般家庭等の約六百カ所に設置されております。避難場所はより目につきやすいように安全・安心ネットワーク秋田統一マークである、先ほど議員が示されました子羊のラムちゃんを目印にステッカーを掲示しております。

  • 1