11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2017-09-11 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日)

全国瞬時警報システムJアラートが6時2分に発動となり、12道県で避難を呼びかけておりました。本市では被害の情報はありませんでしたが、大変恐ろしく不安に思った方々はたくさんおられたと思います。  当時、私は携帯電話エリアメールラジオで発射の情報は入手したのですが、どうすることもできず避難行動できないまま時間だけが過ぎてしまいました。

鹿角市議会 2016-12-13 平成28年第7回定例会(第3号12月13日)

本市といたしましては、総務省が所管する「全国瞬時警報システム」(通称Jアラート)を通じて、噴火前兆などの情報をリアルタイムで受信し、市民に対して必要な情報防災メールまたは防災ラジオにて提供できる体制を整えているほか、昨年度末には本市を含めた十和田火山に関係する2県2市1町と、火山専門家で構成する「十和田火山防災議会」を設置し、噴火想定を含めた「ハザードマップ」の策定に向けて協議を継続しております

鹿角市議会 2014-03-11 平成26年第2回定例会(第4号 3月11日)

自治会会長等への電話連絡や広報車による巡回に加えまして、東日本大震災以降全国瞬時警報システムと連動する市独自の登録制メールシステムを構築し、現在7割の自治会が登録済みであります。さらに、携帯会社サービス提供する登録の必要がない緊急速報メールを併用することで、より確実に防災情報を伝達できる環境整備に努めております。  

鹿角市議会 2013-09-11 平成25年第7回定例会(第3号 9月11日)

本市では、全国瞬時警報システムと連動した登録制のメール配信システムを導入しておりますが、これにより気象庁の発表と同時に特別警報を含む気象警報等を自動配信する仕組みが整備されております。加えて開局予定であります鹿角コミュニティFMと災害協定締結する予定としており、伝達手段のさらなる多重化に取り組み、速やかに情報伝達できる環境整備に努めてまいります。

鹿角市議会 2013-05-24 平成25年第4回定例会(第3号 5月24日)

いずれの災害の場合も避難情報の迅速、的確な伝達が極めて重要でありますので、市では震災以降、全国瞬時警報システムと連動する市独自のメールシステム携帯電話各社との連携で提供される緊急速報メールを併用しながら情報伝達の多重化を図っており、このほかにもことしの夏開局予定のコミュニティFMとも連携しながら防災情報の伝達体制を強化してまいりたいと思っておるところであります。

北秋田市議会 2011-06-20 平成23年  6月 定例会-06月20日−02号

次に、大きな項目の2の危機管理についての1、災害時の情報発信について(広報車、アナウンス、ウェブ等)情報の収集・提供体制をどう整備していくかとのご質問でありますが、災害発生時の初動段階では、全国瞬時警報システム--J-ALERTと申しますが、これや、秋田県総合防災情報システム等により、災害の発生情報を入手し、これをもとに被害の規模を予測して初動体制を整え、防災無線広報車により市民情報伝達を行う流

鹿角市議会 2009-12-16 平成21年第8回定例会(第4号12月16日)

同じく10目防災諸費の全国瞬時警報システムの設置場所についてただしております。  これに対し、全国瞬時警報システムは、気象庁からの気象情報内閣官房からの有事関連情報などが全国の自治体へ一斉送信されるもので、小型のパラボラアンテナで受信できることから、市庁舎の2階の総務課付近に設置したいとの答弁がなされております。  次に、3項徴税費に関連して、市税の収納状況についてただしております。  

鹿角市議会 1998-09-07 平成10年第6回定例会(第1号 9月 7日)

それから、砂森水防倉庫の移転補償工事、上山支障物移転移設工事、それから、土石流警報システムの変更等、主に撤去でございますが、かわるものであります。  次に、教育費でありますが、17ページ、10款3項中学校費8節報償費の心の教室相談員謝礼168万円は市内中学校5校に相談員を配置する経費でございます。  次のページをお願いいたします。  18ページ、保健体育費。

鹿角市議会 1997-06-23 平成 9年第4回定例会(第4号 6月23日)

○18番(阿部佐太郎君)  ただいまの委員長報告に報告されていませんでしたけれども、先般、委員会が終わって新聞報道されてあったわけですけれども、土石流災害避難勧告解除について、現場にセンサーなど各種警報システムが整った現在、避難勧告解除してもよいのでないかといった質疑に対し、長期化に憂慮はしているが、内部で具体的な議論をしていないというコメントが新聞に書かれてありました。

  • 1