367件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定する、請求金額が50万円以下の法律上、市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて、別紙のとおり専決処分する。  平成31年4月26日。鹿角市長。  次のページをお願いいたします。  物損事故の損害を賠償するものであります。  相手方は記載のとおり。  

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

今回の補正予算は、市税徴収を怠る行為による損害賠償義務付け等請求控訴事件判決を受けて、顧問弁護士委託料を追加するものです。  7ページ、8ページをお開き願います。  2の歳入です。  17款2項1目財政調整基金繰入金は、今回の補正財源として繰り入れます。  次のページ、9ページ、10ページをお願いします。  3の歳出です。  

鹿角市議会 2018-08-02 平成30年第6回臨時会(第1号 8月 2日)

地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている請求金額が50万円以下の法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて、別紙のとおり専決処分する。  平成30年6月29日。鹿角市長。  次のページをお開き願います。  物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  損害賠償の内容ですが、相手方は、鹿角市花輪字合野156番地、安保麻奈氏です。  

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている請求金額が50万円以下の法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて、別紙のとおり専決処分する。  平成30年4月17日提出。鹿角市長。  次のページをお願いします。  物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  損害賠償の内容ですが、相手方は大館市比内町達子字風呂添68番地3、羽澤美奈子氏です。  

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

24時間営業というメリットを生かし、住民票写し請求受け付け、受け渡しサービス図書館図書の返却ボックスの設置、観光協会、物産協会推奨品の販売、店舗内に市政PRコーナーの設置、店舗壁面掲示板を市政PRに活用、電気自動車無料充電器設置などを取り入れたそうです。今後の予定として、マイナンバーを活用した諸証明のコンビニ交付についても検討しているそうです。  

男鹿市議会 2018-03-05 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月05日−04号

条文の改正内容は、家賃の決定及び収入超過者に対する家賃において、認知症などにより収入申告の請求に応じることが困難な事情にあると認める場合の入居者について家賃の算定方法を加えるほか、政令の改正による条文整理を行ったものであります。  次のページをお願いいたします。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

これは事業者が不正の行為によりサービス費の支給を受けたときの返還請求権の消滅時効地方自治法上5年間であることから、その間のサービス提供に関する記録の保存義務を課す必要があるためであります。  第4章では、居宅介護支援に関する基準を規定しております。  最後のページになりますが、附則第1項として、この条例平成30年4月1日から施行します。  

鹿角市議会 2018-02-08 平成30年第2回臨時会(第1号 2月 8日)

2、控訴の要旨でありますが、平成30年1月29日、秋田地方裁判所で言い渡された平成25年(行ウ)第10号市税徴収を怠る行為による損害賠償義務付け等請求事件判決を不服として仙台高等裁判所秋田支部に対し、次のように申し立てるものです。  (1)原判決中、本市敗訴の部分を取り消す。  (2)相手方らの請求棄却する。  (3)訴訟費用は第1審及び第2審を通じ相手方らの負担とする。  

鹿角市議会 2018-01-11 平成30年第1回臨時会(第1号 1月11日)

地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている請求金額が50万円以下の法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて、別紙のとおり専決処分する。  平成29年12月25日。鹿角市長。  次のページをお願いします。  物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  内容ですが、相手方は、鹿角市花輪字馬場4番地13、内ケ崎 郡氏です。  

鹿角市議会 2017-11-30 平成29年第7回定例会(第1号11月30日)

地方自治法第180条第1項の規定により、議会において指定されている請求金額が50万円以下の法律上市の義務に属する損害賠償の額を定めることについて、別紙のとおり専決処分する。  平成29年10月20日。鹿角市長。  次のページをお開き願います。  物損事故の損害を下記のとおり賠償するものです。  内容ですが、相手方は、鹿角市花輪字八正寺69番地、渋谷晃伸氏です。  

鹿角市議会 2017-09-12 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日)

大湯環状列石の維持管理業務に係る芝刈り作業、樹木薬剤散布の単価設定及び落札金額につきましては、内部通報処理委員会の調査結果や平成28年5月2日に公表された本件に係る住民監査請求監査結果でも確認されているところでありますが、平成27年度の入札における設計書では芝刈り作業の積算において、作業単価の積算方法や作業回数の反映を誤っていたほか、樹木の薬剤散布作業の積算でも、散布量の計算等を誤るなどしていたものであります

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

私、このぱいんすぱ新山の株主総会で、市に情報公開条例による開示請求を出したんです。こういう内容です。平成29年5月23日開催の株式会社ぱいんすぱ新山定時株主総会の討議内容、管理運営、健全経営の決意、取締役会の業務執行監督の強化策について、市への報告書を情報公開条例による開示請求で出しました。

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

そのために門脇市長を先頭に、市が渡辺佐文建築設計事務所に対して賠償金を支払うことを求め、その確約書、つまり平成28年8月26日付で仙北市と渡辺佐文建築設計事務所の間に損害賠償請求に係る覚書締結してございます。その内訳は、実施設委託料相当の1,220万円、外構工事の2工区分1,080万円、計2,300万円ほど、これは市に払うということの覚書、つまり確約書でございます。

仙北市議会 2017-08-18 平成29年  9月 定例会-08月18日−01号

田沢湖クニマス未来館設計違算に係る賠償請求についてであります。  平成27年4月23日に委託契約をした田沢湖クニマス未来館建築施設計図書作成業務について、「田沢湖クニマス未来館新築工事」の設計内容に違算があったことから、市では受託事業者に対し2,102万円の賠償金を支払う内容の覚書を取り交わしし、納入通知送達しておりますけれども、現在まで納入されていない現状にあります。

能代市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号

本件は、特別交付税の決定による追加、犯罪被害者等支援費及び農地転用許可処分取消請求控訴事件の終結に伴う弁護士費用について、専決処分したものであります。  まず、条文の第1条では、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ68万6000円を追加し、予算の総額を289億1668万6000円と定めております。  

男鹿市議会 2017-06-15 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月15日−03号

職員については、領収書等を確認したものとして、平成27年11月に請求した1千302万890円及び平成28年10月に請求した9万5千736円の賠償命令については認め、本年1月31日付の本人署名債務承認書を受領しております。  領収書等はないものの検証した結果、被害額と認定し、平成28年2月に請求した3千935万8千800円については認めておりません。

男鹿市議会 2017-06-14 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号

本人から損害の弁償は、ほとんど進まず、また、市が請求をしている額と本人が認めている金額には千万円単位の大きな開きもあります。穴埋めには本人返済は言うまでもなく、当時のOB職員等からも応援してもらうべきだと、さまざまな話も前にはありましたが、初日の表明のときにもあったんですけれども、現在はその答弁にプラスをして、どういうことを考えていこうとしているのかお伺いをしたいと思います。