運営者 Bitlet 姉妹サービス
178件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号 地域包括ケアシステムの実現に向け、地方自治体が在宅医療・介護推進、生活支援の充実・強化、認知施策、地域ケア会議の事業に取り組むことが法定化されております。   もっと読む
2018-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月05日−02号 いわゆるこの方々は認知とか一人暮らしの方々が多いんですよ。で、この方々が服薬、薬を飲む、見守りしてもらう、1日1回、この方々が1日1回しか訪問できなくなりますね。3回やると、少ない年金で困難になりますから断ると。たった1日に1回より見守りしてもらえない。 もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 認知の通所介護もゼロなんです。それから、介護小規模多機能型居宅介護、これもゼロ。介護予防認知対応型通所介護、これもゼロって。取り組み方やっているんだけども、希望者がいなけりゃいないでいいんだけどもね、この現実はどうなのかという。一生懸命やっている割には、それだけ課題があるということを私は今ここで指摘したいんですよ。 もっと読む
2018-06-13 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号 さらに、独居老人で認知になっている方もおられると市民から心配の声が届いておりますが、そういった方を市では把握しているとすれば、どのように対応されているのかお伺いします。  市長の前向きな答弁を期待して、質問を終わります。 ○議長(吉田清孝君) 答弁を求めます。菅原市長      [市長 菅原広二君 登壇] ◎市長(菅原広二君) 米谷議員のご質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-03-23 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日) また、待機者の解消については、第7期計画では小規模多機能型居宅介護事業所と認知対応型グループホームをそれぞれ1事業所設置し受け皿とするとともに、介護予防にこれまで以上に力を入れながら、介護状態とならない施策へ軸足を移していく計画としているとの答弁がなされております。  以上の審査により、本案につきましては、原案のとおり可決すべきものと決定いたしております。   もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) ○13番(浅石昌敏君) 続きまして、認知対策についてお尋ねします。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、認知対策についてお伺いいたします。  今後ますます少子高齢化の進展が見込まれる中、老老介護や介護離職対策、介護の現場の人手不足対策など、介護を取り巻く問題が報道されています。中でも最も深刻なのが認知問題であります。 もっと読む
2018-03-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月05日−04号 また、居住系サービスにおける身体的拘束等の適正化を図るために必要な措置について運営基準に定めるものは、41ページになりますが、第117号第7項、認知対応型共同生活介護、第138条6項、地域密着型特定施設入居者生活介護、それから43ページの上段になります、第157条第6項、地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、下段の第182条第8項、ユニット型地域密着型介護老人福祉施設生活介護の各条文であります もっと読む
2018-03-02 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日) 第65条の共用型指定認知対応型通所介護の利用定員等ですが、制度の普及促進を図る観点からユニット型の地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護における利用定員数を1施設当たり3人以下から1ユニット当たりユニットの入居者と合わせて12人以下に改めます。  飛びまして、31ページをお願いします。   もっと読む
2018-03-02 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号 これらの調査結果から、地域での支え合いや見守り等の必要性、軽度の段階での適切なサービス利用のための相談体制づくりなどが、今後市が取り組むべき課題ととらえ、高齢者の自立支援・重度化防止に向けた取り組みとして「介護予防の充実」を図るとともに、「地域住民への普及啓発」、「総合相談支援」、「在宅医療・介護連携の推進」、「認知施策の推進」などを計画に反映したものであります。   もっと読む
2018-03-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号 このことから、第7期計画では、団塊の世代が75歳以上の高齢者となる2025年問題を見据えた中長期的な視点に立ち、地域包括ケアシステムを深化・推進していくため、高齢者の健康寿命の延伸を目指した健康づくりを推進し「介護予防の充実」を図るとともに、「地域住民への普及啓発」、「総合相談支援」、「在宅医療・介護連携の推進」、「認知施策の推進」など、高齢者の自立支援・重度化防止に向けた取り組みを推進してまいります もっと読む
2017-12-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号 二つとして、地域包括支援センターの機能強化及び認知施策推進への対応について、それぞれ見解をお伺いするものであります。  3項目、社会保障制度における今後の見通しについて。  来年度、国では介護保険法並びに社会福祉法等、改正が予定されておりますが、それらによる社会保障制度の変化について、本市ではどのようにとらえておられるのか、市の見解を伺うものであります。   もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 そうでない場合は、一人で屋外を歩けますかなど、着がえ、食事、お風呂の状態を問い、認知についても日常生活に支障がある物忘れがありますかを聞き、できないものや物忘れがない場合、ある場合は要介護認定申請ですが、物忘れがない場合の方のみが基本チェックリストに進むことになっています。 もっと読む
2017-09-12 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第3号 9月12日) 次に、認知についてお伺いいたします。  我が国では65歳以上の4人に1人が、認知もしくはその予備軍と言われております。 もっと読む
2017-09-11 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第2号 9月11日) また、高齢者が支援を必要とせず豊かなシニアライフを過ごせるよう、健康づくりや介護予防を進めるとともに、支援が必要になった高齢者を支えるため、除排雪や軽作業に対する支援の継続のほか、認知の方を初期段階で集中的に支援する取り組みなどを強化いたします。  最後に、5つ目の戦略は安心安全を守ることであります。 もっと読む
2017-09-06 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号 2点目、認知サポーターが地域で地域で活躍できる環境整備について。  認知になっても安心して暮らせるかという不安は、本人や家族にとって切実な問題であり、周囲の手助けなしには立ち行かない人は多く、そこに地域がどう手を差し伸べられるか、認知の人がふえる中、対策が急がれています。  こうした中で政府が現在約906万人いる認知サポーターを、2020年までに1千200万人にする目標を決めました。 もっと読む
2017-09-01 鹿角市議会 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日) 同じ目になりますが、コード120認知総合支援事業の追加は、認知サポート医の養成研修の参加旅費の追加のほか、現在作成中の認知ケアパスの概要版を作成し全戸配布するための経費の追加をお願いするものです。  3款2項2目任意事業費の追加は、家族介護支援事業のお守りシールの印刷費について追加をお願いするものです。  以上です。 ○議長(宮野和秀君) 建設部長。 もっと読む
2017-08-31 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号 ある関係者は、「以前と比べて、貧困やひとり親の問題、単身高齢者と認知の人がふえたことが社会的孤立の背景にある。加えて、不安定な就労で企業のセーフティーネットが機能しなくなったり、地域の人間関係、コミュニティーが薄くなったりしている」と話し、知り合いの民生委員は、「私の受け持っている集落は250戸。そのうち約40戸が65歳以上の単身高齢者。この数値はまだまだふえるだろう。 もっと読む
2017-08-18 仙北市議会 平成29年  9月 定例会-08月18日−01号 認知施策推進事業についてであります。  7月26日、市内の医師や歯科医師等医療関係者、保健福祉の関係者、認知対応専門家の11人で構成する仙北市認知施策検討委員会を設置し、8月24日には第2回仙北市認知施策検討委員会を開催する予定であります。この事業は、認知になっても本人の意思が尊重され、できる限り本人が望む地域で安全に安心して生活が継続できるよう、支援体制を推進するものであります。   もっと読む
2017-06-16 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月16日−04号 また、セルフケア講座や水中運動教室の開催などにより、介護予防の推進を図っていくほか、中学生の総合学習の時間において認知サポーター養成講座や介護予防運動を体験することにより、今後、地域を支えていく若い世代への介護予防に対する意識の醸成、少人数の地域の集まりなどへ職員を派遣しての出前講座、健康づくりなどの自主グループへの活動支援など、介護予防の普及啓発を積極的に進め、健康寿命の延伸を図ってまいります。 もっと読む