760件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2020-05-29 05月29日-03号

秋田県でも、県政策課農業試験場、県立大学など、単発の研修講習、講義はありますが、長期間の農業に関するビジネス塾などがないため、県を越えて学びに行っている農業者も少なくありません。 講座スケジュールは、半年から1年とあり、受講料も発生しています。また、他県での受講への交通費など経費もかかりますが、農業に従事しながらも学習意欲があり、頑張っています。 

由利本荘市議会 2020-05-28 05月28日-02号

県運転免許センターによれば、法改定で直接運転免許試験に来られる人もいますが、1回で合格できずに何回も挑戦する人もおりまして、やはり自動車学校安全運転などの技術を習得されたほうが無難だろうとのことでした。 市当局としては、このような情報を掌握し、行政として指導、援助、助言などをすべきと考えますが、市長の見解を求めます。 (2)農業機械安全対策は。 

仙北市議会 2020-03-19 03月19日-05号

地域公共交通の充実を図るため、休祭日に午前1往復、午後1往復市民バス試験的に運用するようにしてもらいたいとの要望になっております。 委員会では、高齢化が進み、車を手放す方も多くなっており、車を運転しない方の不便もそういうものにも応じてほしいというような説明を受けました。その気持ちは分からないでもありませんけれども、その方々に起こる急用というのは何なのか。

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

このような中、仙北市は、2020年度に中途採用試験を行う方針を明らかにしました。この背景は、20年度の行政職採用試験を受けたのが、例年の半分の約20人と少なく新規の採用予定者は4人にとどまっていることや、総務省から地方自治体に就職氷河期世代採用を促す通知が出されたことを踏まえた対応のようです。 就職氷河期世代は、本来はまさに働き盛りであり、各事業体では主力となっている世代でもあります。

男鹿市議会 2020-03-03 03月03日-03号

県漁業協同組合北浦支所によりますと、今年度から戸賀湾でイワガキの養殖実証試験事業を始めております。昨年10月に種苗の採取、11月には稚貝15個の付着を確認しております。 また、本年1月には先進地である広島からカキ養殖業者を招いて現場視察地元漁業者への技術指導意見交換会を実施しており、現在のところ養殖実証試験事業は順調に進んでいる状況でありますが、安定供給には期間を要する見込みであります。 

男鹿市議会 2020-03-02 03月02日-02号

あと、一点ちょっとあれですけども、ひきこもりというか就職氷河期世代も含めてなんですけれども、秋田県内でも羽後町とか仙北市でそうした方々中途採用試験というような形で、非正規の方も含めての中途採用試験ということで、国が示しているその方向性採用をしていくんだというふうな報道等もございましたけれども、最後、男鹿市はそういったことに対してはどのようなお考えをお持ちなのか、その一点お聞かせいただけたらと思います

北秋田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

したがって、職員採用試験において、資格を有する者を受験要件とした場合、採用後は職種に応じた給料表により給料が決定されることとなります。 また、職員受験要件以外の資格を取得する場合の支援につきましては、その資格業務遂行上必要とされる場合には、研修受講費用等負担をしております。例を挙げますと、各施設に必要とされる防火管理者消防吏員救急救命士などがあります。 

北秋田市議会 2020-02-28 02月28日-02号

そういうので羽後町の西馬音内に試験林をやって、かなりの面積で今かなり大きくなっているそうです。これをやっぱり1回見て、そういった提案もしていかなければ、まして、うちのほうは山林ばかりが8割もあるところですから、県でもやっぱり相談しながら交付金ですか、木材高度加工研究所でも相談しながら、やっぱり何かいいことを考えていただきたい。50年も60年も前では肥料でも何でも物が違っていると思うんですよ。

仙北市議会 2020-02-25 02月25日-01号

今回の変更の要因をいつの時点で気づいたかということでございますけれども、各水槽内の汚水と残留汚泥を全部引き抜いた上で、コンクリート中性化試験のほうを行っております。これは9月の6日、13日と21日に実施しております。この中で、この調査の結果で脆弱部分が発見されたと。いわゆるコンクリート中性化が進んでいる部分が発見されたということで、これに基づきまして変更を行うものでございます。 以上です。

仙北市議会 2019-12-20 12月20日-05号

また、退職手当が出る場合は、3年で退職すると退職金が支払われるが、再び募集に申し込みをしたときは拒むことができないので、試験を受けて入ってくる場合もあり得るとの答弁がありました。 本案は、慎重審査の結果、全会一致で原案を可とすべきものと決定をいたしました。 議案第106号 仙北市議会議員及び仙北市長選挙における選挙運動の公営に関する条例の一部を改正する条例制定について。 

仙北市議会 2019-12-11 12月11日-04号

進捗状況につきましては、今定例会でこの条例を可決いただいた場合、12月中にハローワーク求人申し込みを行いまして1月上旬から公募し、1月下旬には面接試験による選考を実施したいと考えております。選考方法は、今申し上げましたように、原則としてハローワーク求人申し込みにより公募し、面接試験による選考とさせていただきます。

男鹿市議会 2019-12-10 12月10日-04号

議案は、市内運行路線バス定額運賃及び共通乗車券について、実証試験運行から本格運行に移行するため、本条例の一部を改正するものであります。 次のページをお願いいたします。 改正の内容としましては、男鹿単独運行バス条例で、これまでの使用料の特例の条文を削り、五里合、男鹿中線安全寺線入道崎線戸賀加茂線男鹿南線船越線潟西線において、1乗車200円の一律運賃とするものであります。 

男鹿市議会 2019-12-09 12月09日-03号

AIやRPA等は、限られた職員単純作業から解放することで業務負担の軽減を図り、住民サービスの向上と人材配置適正化効果があると言われておりますが、試験導入した自治体の検証では、費用効果を得やすい業務が限られていること、対象業務の選定やコンピュータープログラムの製作などに時間を要することなどの課題も指摘されているところです。 

能代市議会 2019-12-09 12月09日-02号

5Gの総合実証試験実施状況としては、2017年度にキャリアや事業者提案型、2018年度には5G利活用アイデアコンテストが開催され、全国より785件のアイデアが出されております。これらを踏まえ、地域課題解決に資する利活用モデルに力点を置いた総合実証を、地域ビジネスパートナーとともに実施しています。例としては、愛媛県にてNTTドコモと愛媛大学による高精細画像によるクレーン作業安全確保