41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-12 平成31年第2回定例会(第4号 3月12日)

在宅介護する上で、訪問介護や通所介護サービスはなくてはならない存在とされますが、肉体的不安は介護する人が高齢である、いわゆる老老介護と言われる場合では特に深刻な問題となる場合が多いと言われます。平成25年度の国民生活基礎調査では、在宅介護をしている世帯の69%が老老介護に当たることが明らかにされています。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

3款1項介護予防・日常生活支援総合事業費ですが、支援高齢者高齢者の体力維持・向上事業を行い、介護予防を行うための経費のほか、予防給付から移行した訪問介護支給費や通所介護支給費、介護予防ケアマネジメント事業費が主な内容となっております。  下段の2目一般介護予防事業費ですが、次のページをお願いします。

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

これに対し、鹿角市でも昨年大手の事業者1社が第1号訪問介護サービスの提供を停止したが、ケアマネ連絡会などを通じて、利用者の調整をし、他事業者からカバーしていただいた経緯がある。しかし、将来的に介護人材不足がさらに深刻化していくことが予想され、課題も多いが、国・県の施策や市独自の施策を活用しながら介護人材の確保に努め、高齢者が困らないように引き続き進めてまいりたいとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

地元スタッフ不足に加え、これまで請け負ってきた大手の撤退が追い打ちをかけ、訪問介護の回数が減るなどの影響が出ていることから、厚生労働省サービスの低下を懸念し実態把握に乗り出したとあります。  現状を見ると人手不足で人件費が高騰して、昨年の1年間で全国の介護サービス事業者の倒産件数が111件とあります。

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

13款1項1目2節障害者福祉費負担金の自立支援給付費負担金2,713万5,000円は、重度訪問介護や共同生活援助等の利用者数の増加などにより追加するものです。  4節児童福祉費負担金の子どものための教育保育給付費負担金1,017万9,000円は、国が定める公定価格の単価改定や認可保育園における入園実績の見込みにより追加するものであります。  

鹿角市議会 2015-03-09 平成27年第1回定例会(第3号 3月 9日)

次に、介護保険についてでありますが、予防介護サービスの取り組みにつきましては、介護保険制度の改正により、これまで介護予防給付として実施されてきた「介護予防訪問介護」や「介護予防通所介護」が平成27年4月から地域支援事業における「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行することとなり、一定の準備期間が必要となる場合については平成29年4月まで移行が猶予されることとなっております。  

鹿角市議会 2015-02-27 平成27年第1回定例会(第1号 2月27日)

第6条では定期巡回・随時対応型訪問介護看護従事者の員数でありますが、23ページの第5項では夜間のオペレーターとして充てることができる施設事業所の範囲について、「同一敷地内」を追加して拡充しております。  26ページ、第65条ですが、認知症対応型通所介護では利用定員施設ごとに3人以下としていたものをグループホームにおいてはユニットごとに3人以下とする見直しがされております。  

鹿角市議会 2014-12-08 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日)

また、要支援1及び2の方が利用する介護予防訪問介護介護予防通所介護地域支援事業に移行することとなっております。 ○議長(田村富男君) 中山一男君。 ○10番(中山一男君) はい、わかりました。  次に、こういうことも踏まえながら、介護保険についてお伺いいたします。  本市の第5期介護保険料、所得に応じて第4段階の基準額は月額5,553円となっております。

鹿角市議会 2013-05-24 平成25年第4回定例会(第3号 5月24日)

24時間地域巡回型サービスは、在宅で生活していくことが可能になるよう1日複数回、短時間での定期訪問、連絡があったときの随時訪問介護サービスとの一体的なサービスの提供、時間に制約されることのない柔軟なサービスという手厚いケアを在宅でも受けることができるというサービスでありますが、ことし3月末現在では全国1,580市町村のうち7.6%の120自治体であるということでした。

鹿角市議会 2012-12-03 平成24年第6回定例会(第1号12月 3日)

指定地域密着型サービスの事業の種別といたしましては、第2章に定める定期巡回・随時対応型訪問介護看護、第3章に定める夜間対応型訪問介護、第4章に定める認知症対応型通所介護、第5章に定める小規模多機能型居宅介護、第6章に定める認知症対応型共同生活介護、第7章に定める地域密着型特定施設入居者生活介護、第8章に定める地域密着型介護老人福祉施設入所者生活介護、第9章に定める複合型サービスの8種類となっております

鹿角市議会 2011-03-08 平成23年第2回定例会(第3号 3月 8日)

代行サービス訪問介護もありますが、高齢者だけの世帯ではなかなか外出するにもできないのが現状であります。今後増加してくる買い物弱者への対策を講じていただきたいと考えますが、何かお考えなり対策がありましたらお伺いいたします。 ○議長(黒澤一夫君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2009-11-30 平成21年第8回定例会(第1号11月30日)

2款2項1目、それから4目につきましては、介護予防、訪問介護、あるいは介護予防、通所介護等の利用者数の増による実績見込み、そしてまた、要支援認定者におけるサービス利用者の増に伴う実績見込みによる給付金の追加でございます。  それから、3款1項1目介護予防特定高齢者施策事業費でございますが、先ほど歳入でも申し上げましたが、生活機能評価業務委託料でございます。それの追加でございます。

鹿角市議会 2008-12-11 平成20年第6回定例会(第3号12月11日)

介護と認定されながらも入所待ちとなった家庭では、デイサービスあるいはショートスティを活用せざるを得ない状況となりますが、これを受けられる方はまだいい方だと思いますが、これとて期間制限があり、結局のところ在宅訪問介護を受けながら入所待ちをせざるを得ないのが現状であると聞いております。  

鹿角市議会 2008-09-18 平成20年第5回定例会(第4号 9月18日)

これに対し、交付対象は民間企業企業組合「ゆい」で、これまでに居宅介護支援事業、訪問介護事業、託老所を開設していたが、この助成金を受け、デイサービス介護予防事業等を行う予定である。  施設については、旧末広保育園を市から借り入れ、改修して使用する予定であるとの答弁がなされております。