568件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2022-03-07 03月07日-04号

広大な面積を有する本市において、直ちに統一した看板を作成するには多額の経費と時間を要することから、まずは各地域にある道の駅などの案内看板活用し、QRコードを利用した地域の新たな観光資源も含めた観光名所を案内するような取組を検討し、今後の観光情報発信につなげてまいりたいと考えております。 次に、5、学校給食でのジャージー牛乳の普及については、教育委員からお答えいたします。 以上であります。

由利本荘市議会 2022-03-04 03月04日-03号

これまでも、伝統文化知的財産に対して対策は取ってこられたでしょうが、機構改革の一環として土着の文化的財産を後世に積極的に継承するのか、もしくは現状維持状態自然淘汰をするものは自然淘汰をすると受け入れていくのか、もしくは新しく観光資源を創造していくのか、事例により違うでしょうが、例えば経済性がいいとか、もうかる、もしくは集客力がある、もしくは後継者がたくさんいる、もしくは今はやりのものだなどなどのその

由利本荘市議会 2021-09-07 09月07日-04号

平成27年に策定されました本市観光振興計画には、秀峰鳥海山と一級河川子吉川、そして日本海と山・川・海の風光明媚な自然をかけがえのない財産観光資源とうたい敬い、プラスして山岳信仰を背景にした民俗芸能や史跡、文化を生かした観光振興の特色を醸し出すことの重要性をうたっています。 さて、秀峰鳥海山は動かざる山でもありますが、時代は刻々と変化しています。

由利本荘市議会 2021-06-03 06月03日-03号

本市においては、現在1名の地域おこし協力隊員が、鳥海高原観光資源PR誘客促業務に従事しており、市では隊員業務を支援しながら、市外協力隊との情報交換起業研修など、県や国が実施している研修にも参加していただいております。 これまで、地域おこし協力隊については、隊員業務に多くの支援が必要であることや定住に結びついてこなかったことから、新規の募集を行ってきておりませんでした。

仙北市議会 2021-03-03 03月03日-02号

大きな1点目でありますけれども、観光資源のさらなる活性化と、それから商工業と一次産業の連携、これをやっぱりいかにしてつなげていくかということについてお伺いしたいというふうに思います。 そうはいっても、今、コロナ感染症拡大関係で、今年1月7日には1都3県に発出された緊急事態宣言は10府県にずっと大きく拡大され、3月7日までとなっております。

由利本荘市議会 2020-12-18 12月18日-05号

この条例の趣旨に照らして当地域を俯瞰すると、観光資源に係る交流人口等による地域活性化及びジャージー牛導入に関連した畜産業とその成果品として品質の高い乳製品販売がその達成手段と思われますが、観光資源に係ることについては、市が当地域観光に係る基本政策時代に即した事業等観点にマッチしているかを総合的に自ら考察することが重要であり、体育館、グラウンドについては選択と集中の観点から検討を行うこと。 

北秋田市議会 2020-12-15 12月15日-03号

その際に、この地域観光資源を生かせるグリーンツーリズム、エコツーリズム、アドベンチャーツーリズム等の拡充が求められると考えますが、当局の考えをお尋ねします。 大きい2番、鷹ノ巣駅前周辺の賑わいづくりについて。 ①賑わいづくりの施策について。 1)平成29年12月議会の私の一般質問北秋田市の玄関口まちづくりについてに対して、市長は次のように答弁しています。

北秋田市議会 2020-12-14 12月14日-02号

計画は、森吉山を中心とする多くの自然資源や綴子大太鼓など地域固有観光資源、市内各地で開催されているイベントなどの観光素材を、単体ではなく有機的に連携させることにより、相乗的な魅力を高めていくことでにぎわいを創出し、地域経済活性化や、愛着と誇りの持てるふるさとづくりなどの観光振興の意義とその方向性を明らかにし、市民地域社会事業者、行政などが一体となって観光振興に取り組むことにより、地域活力向上

仙北市議会 2020-12-08 12月08日-03号

それから、仙北市との関わりでありますけども、仙北市は多くの観光資源に恵まれて、全国でも有数な観光地として交流人口拡大に取り組んできております。コロナ禍にある現状では、これまでの観光主体のお客様のみをお迎えするだけではなくて、ワーケーションリモートワーク目的とする誘客など、新たな視点での取り組みが必要となっています。

鹿角市議会 2020-12-08 令和 2年第6回定例会(第3号12月 8日)

八幡平市、仙北市との連携強化についてでありますが、八幡平市との連携につきましては、これまでに外国人観光客をターゲットとしたファムツアーを実施し、共通の観光資源である八幡平中心とした周遊ルートの確立を図ってきたほか、岩手県側からのアクセスが多いことから、「盛岡・八幡平広域観光推進協議会」に参画するなど、相互の観光資源を有機的に活用した旅行商品の造成や、誘客促進に係るPR事業等を展開してきているところであります

由利本荘市議会 2020-12-07 12月07日-02号

由利高原鉄道では、これまで鉄道そのもの観光資源とすべく、季節ごとイベント列車アテンダント乗車など、様々な取組を行っておりますが、新たな顧客獲得のため、市内飲食店と協力し、おもちゃ列車で食事を楽しむ企画や、山菜や地酒などの地元産品をパッケージ化し、ウェブ販売を強化するなど、積極的な営業活動を展開しているところであります。 

男鹿市議会 2020-12-02 12月02日-02号

また、ワーケーションリモートワークの契機を交流人口拡大移住定住の促進につなげるため、移住サイト等を利用し、観光資源滞在先地域の暮らしなど、本市魅力を発信してまいります。 次に、宿泊施設、その他の事業所との連携及び取組についてであります。 ワーケーションによって地域への新たな人の流れが生まれることは、観光振興地域経済活性化を図る上で、非常に有効であると考えております。 

北秋田市議会 2020-10-08 10月08日-04号

また、観光振興について、委員から、観光については観光情報の受発信、観光資源の見直しと付加価値化地域イベント実施等を効果的に進めていくための具体的協議など明確に定め、それぞれが効果的に統一感を持って北秋田市の観光を最大限有効にPRすべきであると考えるが、決算結果を踏まえ、その目的計画、執行が適正であったか、今後どのような課題があり、どのように観光振興を進めていくのかとの質疑に、市長からは、目標達成

仙北市議会 2020-09-25 09月25日-05号

本市の抱負な文化財、豊かな観光資源活用、国内はもとより外国も含むスポーツイベント開催など、教育委員会が他の機関との連携を図りながら成功を積み上げてきた実績は評価しなければなりません。 しかし、先人が遺した遺産は、評価はあっても形として見える状態にはなっていません。文化財は、保護するだけでなく活用することで保存されていくのではないでしょうか。