33件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿角市議会 2015-06-12 平成27年第4回定例会(第3号 6月12日)

近隣観光地と連携した観光地づくりについてでありますが、本市では県と小坂町による鹿角広域観光推進会議や小坂・岩手県内10市町による盛岡八幡平広域観光推進協議会などに参画しながら、それぞれの関係自治体と連携した体制を構築しております。

鹿角市議会 2014-12-09 平成26年第6回定例会(第3号12月 9日)

近隣市町との広域連携の現状と効果についてでありますが、市では、広域観光連携の推進として、県、鹿角地域振興局と小坂町による鹿角広域観光推進会議を組織しており、また、本市、小坂町、岩手県内10市町村等による盛岡八幡平広域観光推進協議会に参画しながら、広域エリアでの効果的な観光PRと誘客事業に取り組んでおります。

鹿角市議会 2014-03-12 平成26年第2回定例会(第5号 3月12日)

これまでも3県の中央に位置するということでは観光の連携、あるいは道路の築造の要望等、るるやってまいっておりますので、今後ともさらにその利点を活用できるような方向ではもちろん模索していかなければならないと思っております。  

鹿角市議会 2014-03-10 平成26年第2回定例会(第3号 3月10日)

秋田DCや盛岡広域観光での観光誘客やでんぱくの開催など、観光ニーズも捉えながら積極的に展開されているが、なかなか思うような増加につながってはいない状況であります。一方、「花輪ばやし」の国指定無形文化財登録など、観光にとって明るい話題もあります。今後、どのような戦略で観光誘客を図っていくのか伺います。  (4)再生可能エネルギーの導入拡大について伺います。

鹿角市議会 2013-09-11 平成25年第7回定例会(第3号 9月11日)

広域観光戦略については現在の広域観光、国の2泊3日の旅行圏ということで盛岡八幡平の広域観光推進協議会をつくったり、十和田市、小坂町との連携を深めたりいろんな取り組みをされているわけですけれども、まだ広域観光戦略の効果が実感として感じられるところまで行っていないような気がします。今の取り組み状況と課題はどういうところにあるのか。

鹿角市議会 2013-09-02 平成25年第7回定例会(第1号 9月 2日)

2項2目観光振興費の観光宣伝事業189万7,000円は、盛岡八幡平広域観光のPR事業を行うものです。  27ページをお開き願います。  8款2項2目道路橋りょう維持費の道路橋りょう維持管理費2,000万円は、路肩決壊等の小破補修、舗装穴埋め補修等に係る工事費の追加です。  

鹿角市議会 2013-05-13 平成25年第4回定例会(第1号 5月13日)

4月1日からは、旅・東北というサイト名でインターネットによる情報発信を中心とした事業に移行しており、秋田DCや盛岡八幡平広域観光とあわせ、他市町村との広域連携による効果的な情報発信を図り、誘客につなげてまいりたいと考えております。  

鹿角市議会 2013-02-12 平成25年第2回定例会(第3号 2月12日)

秋田DCが開催される10月から12月までの期間をメーンに本市の魅力を積極的にPRするとともに、盛岡・八幡平広域観光や鹿角広域観光推進会議といった広域的な連携により、訪れた観光客が再び来訪していただけるよう心のこもったおもてなしに努めてまいります。  

由利本荘市議会 2012-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-02月22日−01号

また、由利地域観光推進機構を中心に豊かな地域資源を活用した体験滞在型観光を推進するとともに、山形県とも連携を図りながら、環鳥海という枠組みで鳥海山を中心とした広域周遊型観光の形成に努めてまいります。  次に、第3の「健やかさとやさしさあふれる健康福祉のまちづくり」について申し上げます。  

由利本荘市議会 2011-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月06日−02号

さらに、本年10月には、由利地域観光推進機構に建設部関係と広域的に機能合体した鳥海高原観光道路ネットワークプロジェクトを進めており、これまで以上に庁内の関係部署や鳥海山を取り巻く広域的団体などと連携を図りながら、魅力ある広域周遊型観光の形成にも努めてまいります。  

鹿角市議会 2011-06-06 平成23年第4回定例会(第1号 6月 6日)

次に、観光関係についてでありますが、盛岡八幡平広域観光の認定につきましては、盛岡市を中心として十和田八幡平国立公園から陸中海岸国立公園を圏域とした4市7町1村の計12団体で構成する盛岡八幡平広域観光推進協議会が申請をしておりましたが、去る4月1日の官公庁の発表により広域観光としての認定がなされました。

鹿角市議会 2011-03-09 平成23年第2回定例会(第4号 3月 9日)

ただ、それが万が一運行に至らなかったとしても沿線市町村でこれを機会により団結しながら広域観光の枠組みもございますので、何とか起爆剤として盛り上げていこうと、こういう意思決定はいたしているところでございます。 ○議長(黒澤一夫君) 吉村アイ君。

鹿角市議会 2011-03-03 平成23年第2回定例会(第2号 3月 3日)

こういった中で新しい糸口として広域観光の枠組みの中に参画をしていこうと。それから、十和田八幡平という国立公園を抱えているのは事実でありますが、これまでの自然景観に頼ったような観光振興施策はもうそろそろ限界になりつつあるのかなと。

鹿角市議会 2011-02-28 平成23年第2回定例会(第1号 2月28日)

従来までは5年間の指定管理の期間でございましたが、この鹿角観光ふるさと館は市並びに広域観光等の観光拠点施設であり、期間を短縮することで、より迅速に、かつ効果的な管理運営を期待する、この観点から3年間とするものでございます。  続いて、議案第11号をお開きいただきたいと思います。  議案第11号指定管理者の指定について。  

鹿角市議会 2010-12-07 平成22年第7回定例会(第2号12月 7日)

また、東北新幹線の青森延伸など、高速交通体系の整備により観光振興面でより広域的な対応が求められている中で近隣市町村と連携した広域観光への参画を図るなど、多様化する観光情勢に柔軟に対応した取り組みを進めております。 ○議長(黒澤一夫君) 福島壽榮君。 ○14番(福島壽榮君) ありがとうございました。

鹿角市議会 2010-06-15 平成22年第4回定例会(第2号 6月15日)

観光域再編への取り組みですが、これは何度も話をされていますように、ことしの12月青森駅に新幹線が延伸になります。この間5月19日に青森ディスティネーションキャンペーンがありました。新聞でも大々的に報道されています。青森市で開催されています。これの中には、見ると、大館は弘前南津軽エリアになっていると。それで、隣の小坂町は十和田三沢上北エリアということでエリアを分割しています。

鹿角市議会 2010-06-07 平成22年第4回定例会(第1号 6月 7日)

盛岡・八幡平広域観光の設定につきましては、3市6町1村21団体で構成する盛岡・八幡平広域観光推進協議会による観光の認定申請は、去る4月28日の観光庁の発表により観光の設定は見送られる結果となりましたが、今後におきましても本協議会の事業を展開しながら引き続き認定を目指すとともに、この広域連携を契機として交流人口の拡大を目指してまいります。  

  • 1
  • 2