117件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

で、こういう方々の思いというのは、きちっとやっぱりこの後も市が受け継いでいかない、受けとめていかなければいけない、その思いが強いんですけども、たまたま私は今、若美地区の体育協会長やらせてもらっておりますけども、結構、年配者の人が冬場外でできないグランドゴルフ体育館でやったり、親子連れで来たりっていうような活用されてる。

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

家族支援には、専門の医師臨床心理士による個別相談、集団での親子教室やペアレントトレーニングなどがあります。ペアレントトレーニングとは、親が自分の子供の行動を冷静に観察して、特徴を理解したり、障がいの特性を踏まえた褒め方やしかり方を学び子供の問題行動を減少させるもので、トレーナーには専門知識が要求されます。  先月、発達障がいのお子さんを育てている方の訪問を受けました。

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

最後まで避難者がいた田沢湖総合開発センターは、旅行中の名古屋からの親子3人、また、田沢湖でカヌーをしながらキャンプをしていた帯広からのグループ31人の皆様であります。  これまでの経験、また、7月の大雨災害の教訓を生かし、多様な方法による広報安全性を考慮した避難所の開設など、改善できた場面も多くありますけれども、まだまだ万全とは言える状況にはありません。

仙北市議会 2017-08-18 平成29年  9月 定例会-08月18日−01号

「田沢湖クニマス未来館」では、クニマス学習会や親子新聞教室のほか、カヌーや丸木舟の体験などが行われます。「思い出の潟分校」では、市内の中学生による地域活性化についての発表会や山の分校コンサートなどのほか、仙北市の食が一堂に会した「食のブース」の出店もあります。このほか、田沢湖ツーデーマーチや農村で楽しむ仙北は(ハート)あーと展、新そばフェスタ2017などの協賛行事も同時開催をいたします。

能代市議会 2017-03-06 平成29年  3月 定例会-03月06日−02号

現在本市で行っている産後の支援としては、1カ月健診並びに母乳育児相談3回分助成するめんchoco親子応援事業のほか、生後4カ月までの乳児のいる家庭に訪問する乳児家庭全戸訪問事業があり、産後の母体や育児に関する不安や困り事の解消の支援を行っております。さらに、分娩医療機関や関連機関情報共有し、手厚い支援が必要な妊産婦へは声かけや訪問、相談等の継続する支援を行っております。

男鹿市議会 2017-02-28 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月28日−01号

親子読書の推進については、地域の読み聞かせグループと連携して読み聞かせ会を開催するなど、親子が本に親しめる環境づくりに努めてまいります。  さらに、各学校コミュニティ・スクールの取り組みとして、郷土への愛着を育むふるさと教育をスムーズに推進できるよう、公民館においても地域人材に関する情報の提供や体験活動を支援してまいります。  第2点として、「生涯学習推進体制の整備」について申し述べます。  

由利本荘市議会 2017-02-22 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月22日−02号

(1)単独校、親子方式についてでありますけれども、今までは単独校、自分の学校で給食を行ってきた、もしくは親子方式といいまして共同の調理場で調理をして行っている。例えば西目の小学校中学校が、それから鳥海の小学校中学校が共同調理方式であります。  今後のこの給食センターの設置案というのは、今の北部の2,700食と南部もこれから予定されています。1,800食をつくる。

由利本荘市議会 2016-12-07 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号

本市でも昨年の10月とことしの10月の2回、アクアパルで開催され、両日とも大勢の親子連れや家族の入場者でにぎわっておりました。会場には今年度事業で製作された地元木工業者や関係者によるおもちゃも準備され、木製プールは独自のどんぐりプールであり、いろいろな工夫が可能であることを知ることができました。  

男鹿市議会 2016-12-06 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

昨今、頻繁に親子間での悲惨な事件事故報道が絶えません。そこで、以下の2項目について伺います。  一つ、虐待、育児放棄、暴力のある家庭への支援について。  二つ、アダルトチルドレンの実態調査と支援について。  以上をもちまして壇上よりの質問といたします。 ○議長(三浦利通君) 渡部市長      [市長 渡部幸男君 登壇] ◎市長(渡部幸男君) 木元議員のご質問にお答えいたします。  

由利本荘市議会 2016-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月06日−02号

新駅をつくり、アクセスを整備することにより、親子で遊べる東京おもちゃ美術館のように、にぎわう施設になるのではないでしょうか。加えて、鳥海山ろく線の利用者の増加も見込めますし、赤字縮小にもつながることと思います。当局は、実現に向けて積極的支援を行うべきと思いますが、お考えをお伺いいたします。  3番、熊本地震災害現地調査での学びを本市防災計画にどう反映させるかについてお伺いいたします。  

能代市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−02号

イの広島・長崎平和記念式典への子供住民代表の派遣についてですが、これについては目的が達成したということで終わっておりますけれども、子供たちの実際に現場に行って見るということの機会が非常に大事だと思ったのは、私も今回機会がありまして、広島にちょうど8月4日から7日まで行ってきたのですけれども、多くの親子をやっぱり見かけるのです。

由利本荘市議会 2016-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月31日−03号

私自身も十数年前、6月の早朝、子吉浄水場の近くに親子熊を目撃したことがあります。秋はキノコとりや行楽の時期となり、入山者もふえることでしょう。また、冬眠に入る前のツキノワグマなどによる農畜産物あるいは人身被害が心配されます。被害を減らすのは遭遇を回避することですが、野生鳥獣と人が共存していくための適正管理も必要であります。

由利本荘市議会 2016-03-03 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月03日−02号

両日とも悪天候にもかかわらず、時間を忘れるほど遊びに興じる親子連れやおじいちゃん、おばあちゃんなど、2日間で約4,000人の来場者でにぎわいました。  私自身も昨年11月、東京おもちゃ美術館を視察いたしましたが、都心人口空洞化廃校となった校舎を生かし、赤ちゃんからお年寄りまで安心して楽しめる多世代交流の施設に感銘を受けてきたところであります。  

男鹿市議会 2016-03-01 男鹿市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月01日−02号

また、第2会場の大龍寺においては、商品の販売のほか、子ども広場を完備し、ショルダーバッグづくりや親子ヨガなどワークショップが実施されており、両会場や会場間では人通りが途切れることがなく、船川の中心市街地の周遊が図られておりました。この模様は中心市街地の活性化イベントとしてテレビなどで報道され、高い関心を集めました。  なお、本イベントは、本年も実施されると伺っております。  

能代市議会 2015-12-14 平成27年 12月 定例会-12月14日−02号

現在市では小中学校等の公共建築物の木造化や杉デスくんの導入、住宅の新築・リフォームに対する秋田杉利用促進のための秋田杉のぬくもり補助金、木の学校でのもくもく講座や夏休み親子木工教室等のほか、ことし10月からは新生児誕生時のめんchoco誕生事業の記念品に秋田杉の木製品を加えており、木のぬくもりを感じながら豊かに暮らすことができるような取り組みを行っております。

仙北市議会 2015-12-09 平成27年 12月 定例会-12月09日−02号

それから、親子の交流の場として子育て支援施設のさくらっこの場所を角館児童館内に移して、より広いスペースでたくさんの方が交流できる場の実現をしたいと考えております。さらに、かねてから要望のある子供たちが屋外でのびのびと伸べる場所の実現ということで、角館駅東公園遊具施設設置を考えております。田沢湖地区、西木地区でも、親子で遊べる場の提供が実現できるように計画策定を進めております。