373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2020-09-14 令和 2年第5回定例会(第2号 9月14日)

市内状況につきましては、コロナ禍において、製造につきましては、もともとこういった事業強化してまいりましたので、今のところはまだ影響がないという状況であります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。 ○6番(舘花一仁君) ありがとうございます。  年間60社も歩いてこられたという実績もあるでしょうし、これからも十分対応していただければと思います。

由利本荘市議会 2020-09-04 09月04日-04号

一方、秋田県内を見ますと、8月31日時点での解雇や雇い止めは見込みを含め735人に上るようであり、業種別に見ると製造が6割、宿泊飲食サービス業が2割を占めております。 ハローワーク秋田によると、こういった業界は新型コロナウイルス感染症による打撃から回復しておらず、解雇された方が同じような仕事を望んでも県内おろか県外でも同様のため、再就職は大変厳しい状況にあるとしております。 

男鹿市議会 2020-09-03 09月03日-02号

その中で経営安定資金関連認定申請書類から各事業者の前年同月との比較による売上状況を見ますと、建設業においては前年比45.9パーセントの減収製造では38.6パーセントの減収卸売業小売業では28.5パーセントの減収となっているなど、宿泊業飲食サービス業はもとより、多くの業種新型コロナウイルス感染拡大影響を受けているものと認識しております。 

由利本荘市議会 2020-09-02 09月02日-02号

今後の当市における観光飲食宿泊製造などの動向や失業、新規採用などの雇用情勢についてはどのように把握しているのか伺います。 (3)新しい生活様式へのシフトに伴う移住促進について伺います。 特に都市部を中心に企業はビジネスを継続するために、これまで前例のない在宅勤務にシフトしたところも多くあったようです。 大学でも講義や会議などがオンラインにシフトするとあります。

男鹿市議会 2020-06-16 06月16日-02号

現在、事業者やフリーランスにかかわらず、宿泊業飲食業、食品製造などを対象とした市独自の緊急支援事業を実施しているところでありますが、市場の悪化に伴う漁業への影響をかんがみ、対象個人漁業者拡大する緊急支援事業に係る補正予算を本定例会に提案しております。このほか、水産物・加工品生産者への支援として、オガーレや市内直売所等への販売手数料支援事業も提案しております。 

鹿角市議会 2020-04-22 令和 2年第2回臨時会(第1号 4月22日)

特に、観光業を初め製造、小売業等の様々な業種において、売上げや受注の減少生産活動の停滞などの影響が見られることから、雇用維持のための国の雇用調整助成金への上乗せのほか、観光飲食関連事業者事業継続支援するための助成など、雇用維持事業継続を最優先して支援策を検討しているところであります。  

鹿角市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第3号 3月 9日)

製造については、市独自の産業団地を整備するなど、企業誘致促進事業を展開することで、3社の誘致が実現し、地元雇用創出に大きな成果が得られたほか、産業見合市の開催や産業コーディネーターによるマッチング、企業立地助成金による設備投資支援により、取引拡大事業高度化が図られております。  

由利本荘市議会 2020-03-06 03月06日-04号

各第三セクターは、温泉施設製造観光業、また宿泊施設を持つなど、その業務や規模は違い、各第三セクター指定管理料金額だけ見ると当然ばらつきがあり、その根拠が見えづらくなっています。 各部門ごとに試算し積算したものと思いますが、市の指定管理料積算根拠金額についてお伺いいたします。 (2)入浴施設料金改定についてお伺いいたします。 

由利本荘市議会 2020-03-05 03月05日-03号

これまで、当市も含め企業誘致と言えば製造中心できましたが、これからはアニメやスマホのアプリなどソフト事業にも視点を置くことが、地方における企業誘致においては、競争を勝ち抜くための一つの方法ではないかと考えます。 また、こういったソフト事業製造よりも圧倒的に設備コストがかからないといった優位性があるとともに、ネットがあれば地方でも十分製品は流通できるといった利点があると認識します。

北秋田市議会 2020-03-02 03月02日-03号

なお、当市への外国人材受入れ状況については、10月現在で製造農業法人に6名となっております。 次に、5)市として流動人口減少増加に伴う取組はというご質問であります。 伊勢堂岱遺跡阿仁マタギ文化にも観光資産としての利活用が見込まれることから、当市利点である陸路、空路、鉄道を有効に活用し、2次アクセスとの接続を図ることにより多くの観光客が訪れやすい環境を整えてまいります。 

鹿角市議会 2020-02-28 令和 2年第1回定例会(第1号 2月28日)

さて、令和2年度予算についてでありますが、最重要課題に位置づけている産業力強化については、主要産業である農業製造、観光業振興を重点化し、担い手確保対策人材育成に加え、ICT等を活用したスマート農業の導入や、商取引拡大に向けた産業コーディネーターの増員、国立公園八幡平魅力アップに向けた構想の策定などに新たに着手いたします。

能代市議会 2019-12-18 12月18日-05号

加えて、日銀による12月の短観においては、製造で4四半期連続での悪化となり、消費増税後の買い控えが早くも表面化していく見通しにあります。景況感悪化や市民の負担が増したばかりといった状況を考慮すれば、現行どおり据え置きすべきものと考えます。 また、我々議員の報酬の性質を鑑みた場合、労働ではなく、仕事の対価に対して支払われるべきものであります。

鹿角市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2号12月 9日)

B評価は、産業力強化プロジェクト、角ぐむ「鹿角」ブランド確立プロジェクト、みらい輝く人づくりプロジェクトの3つでありますが、中でも総合計画推進の大黒柱となる産業力強化プロジェクトでは、本市の産業を牽引する農業観光業製造の各分野で外貨の獲得に向けた産業振興策が図られ、雇用創出数拡大観光客数増加製造品出荷額等の上昇へと結びついております。