661件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

しかし、受動喫煙による健康被害が問題視されるようになってから喫煙は他人迷惑な行為となり、喫煙者自身の健康管理上でも喫煙は抑制傾向にあります。市においては、喫煙者が減少する中で葉たばこ生産農家の現状をどのように把握しているのでしょうか。また、葉たばこ生産について、今後どのような対策をとっていくのでしょうか。

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

ただ、債務負担行為の設定をいただきましたが、これまで大手の事業者のほうに返礼品の取扱業務を委託しておりましたけれども、平成31年度からはこれを地域商社の機能を確立ということで、そういった機能を持たせていこうとしている市内の事業者に委託して、今よりもさらに地域の産品を掘り起こして、例えば1事業者だけでなく、今回委託する事業者が複数の事業者の商品を取りまとめて一つの返礼品を組み立てるとか、そういった新商品

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

第1条、債務負担行為の追加は、第1表債務負担行為補正による。  平成31年2月28日提出。鹿角市長。  平成31年度当初から業務を円滑に行うためなど、3月中に契約する必要がある業務のうち、入札執行までに十分な期間の確保を要するものについて債務負担行為を追加し、本日議決をお願いするものです。  次のページをお願いします。  

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

今回の補正予算は、市税徴収を怠る行為による損害賠償義務付け等請求控訴事件判決を受けて、顧問弁護士委託料を追加するものです。  7ページ、8ページをお開き願います。  2の歳入です。  17款2項1目財政調整基金繰入金は、今回の補正財源として繰り入れます。  次のページ、9ページ、10ページをお願いします。  3の歳出です。  

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

このほか、船越内子地区の開発行為による1路線、延長75メートルを内子41号線として新たに認定するものであります。  説明は以上でありますが、よろしくご審議の上、ご可決賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(吉田清孝君) これより議案に対する質疑に入ります。  質疑の通告がありますので、順次発言を許します。  16番安田健次郎君の発言を許します。

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

第1条地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額は、第1表債務負担行為による。  平成30年8月31日提出。鹿角市長。  次のページをお願いいたします。  第1表債務負担行為保険事業勘定です。債務負担行為をすることができる事項は地域包括支援センター運営業委託料で、期間平成31年度、限度額は2,759万4,000円です。  

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

当該地区については、県より保全対象となる家屋がなく、将来的に開発行為が行われる可能性がない箇所であり、危険箇所の調査対象としていない旨伺っております。  ご質問の第2点は、子育て支援、福祉充実についてであります。  市では、子育て支援の一環として、男鹿みなと市民病院において病後児保育を実施しております。

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

まず、狭隘道路についてでありますが、市内には道路幅員が4メートル未満の道路を初め、袋小路や直角に曲がる道路も多く、緊急車両が通行しづらい場所や通行できないところがあることから、市では開発行為の際には、道路幅員6メートル以上、隅切り部の長さを2メートル以上確保するよう指導しております。  

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

ハラスメントに関しては、組織や職場内でのセクハラ、パワハラなどが社会問題化していることから、年度初めの部課長会議においてハラスメントは決してあってはならない行為で十分に注意するよう直接指示したところであります。 ○議長(宮野和秀君) 吉村アイ君。 ○11番(吉村アイ君) 市長から事あるごとにご指示をいただいているということで、大変ありがたいと思います。  

鹿角市議会 2018-03-13 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日)

また、道路等のふぐあいの対応につきましては、3月から4月にかけて債務負担行為を設定しながら、切れ目のない路面修繕を徹底して事故防止に努めるほか、新年度からは道路パトロールや舗装修繕等の維持管理業務を地域土木舗装業者で構成する共同企業体に包括的に委託するなど、市道の維持管理体制をより一層強化して対応してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 浅石昌敏君。

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

第1条債務負担行為の追加は、第1表債務負担行為補正による。  平成30年3月2日提出。鹿角市長。  平成30年度当初から業務を円滑に行うため、3月中に契約する必要がある業務のうち、入札執行までに十分な期間を確保する必要のあるものについて債務負担行為を追加するものです。  次の2ページをお願いします。