11件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2020-12-16 12月16日-05号

審査の過程において、小・中学校管理費において落雷被害に伴う設備補修経費が予算計上されていることから、避雷針設置の有無について質疑があり、当局から、避雷設備建築基準法において高さ20メートルを超える建築物に設けることが定められているが、落雷被害を受けた学校はこの高さに満たないため設置していない、との答弁があったのでありますが、これに対し、避雷針設置を検討する考えについて質疑があり、当局から、避雷針

由利本荘市議会 2017-09-19 09月19日-04号

19款諸収入は、岩城風力発電所落雷被害に伴う損害保険金、20款市債は、漁村再生交付金事業債追加であります。 続いて、歳出款労働費は、職員時間外勤務手当追加であります。 6款農林水産業費は、本市開催の秋田県種苗交換会に伴う職員時間外勤務手当のほか、分収林搬出間伐による交付金松ヶ崎漁港堆積砂運搬処理費用及び本荘港整備事業費追加であります。 

由利本荘市議会 2015-03-18 03月18日-05号

20款諸収入につきましては、鳥海山文化de元気実行委員会貸付金元利収入森林農地整備センター造林受託事業収入減額のほか、岩城風力発電所落雷被害に係る保険収入追加が主なものであります。 21款市債につきましては、オコジョランドスキー場解体事業債追加及びゆりの里交流センターに係る観光施設規模改修事業債減額が主なものであります。 続いて、歳出であります。 

由利本荘市議会 2013-12-24 12月24日-04号

その財源としては、衛星放送視聴料、火災・落雷被害等に係る保険収入及び一般会計繰入金などを充当するものであり、歳入歳出それぞれ984万5,000円を追加し、補正後の歳入歳出予算総額を4億971万2,000円にしようとするものであります。 以上、報告いたしました2件の一般会計及び特別会計補正予算につきましては、いずれも提案の趣旨を了とし、原案のとおり可決すべきものと決定した次第であります。 

由利本荘市議会 2012-09-05 09月05日-03号

これまで岩城地域風力発電は、落雷被害の続発もあり、必ずしも稼働率は高くなかったと認識しています。加えて、クリーンエネルギーの中でも風力発電の効率は低いと言われ、買い取り制度の充実により、これまでと比較して収支はどのように予測しているのか。必ずしも電力会社への売電ではないのでしょうが、自前の電力を利用しての経営効果的なものは試算できるのではないでしょうか。

仙北市議会 2010-09-27 09月27日-05号

当局の詳細な説明の後、委員からは、先般の豪雨時の落雷被害により庁舎機能が麻痺したが、今後の対策は大丈夫かとの質問があり、これに対し当局からは、先般の事態を検証し、現在使用しているデジタル電話からアナログ電話に切りかえ可能な交換機IPゲートウェイ予備機というものだそうでありますが、その切りかえ可能な交換機田沢湖庁舎設置した。

  • 1