17件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

由利本荘市議会 2016-03-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月17日−04号

昨年、安保法制が立法議案として国会に浮上したときに、自民党の副総裁麻生大臣が驚くべき暴言を吐きました。集団的自衛権行使容認を含むこの安保法制を成立させるためには、ナチス・ドイツに学べばよいと。1933年にワイマール憲法下のドイツを一朝にしてナチスの独裁国家として世界に君臨させたアドルフ・ヒットラーの手法を学べばいいと、こういうことであります。  

由利本荘市議会 2015-06-19 由利本荘市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月19日−04号

昨年の3月31日、自民党はこの集団的自衛権行使容認をめぐって、党の中で意見集約をやっていますが、そのときの講師が高村正彦総裁であります。この集約の中で、1959年の砂川事件最高裁判決集団的自衛権の行使を否定していない論拠として位置づけ、日本の存立のための必要最小限度の措置に集団的自衛権の一部も含まれるという限定容認論を主張して、党内の意見を取りまとめたというところであります。  

能代市議会 2015-06-08 平成27年  6月 定例会-06月08日−02号

野中元内閣官房長官は「自衛隊海外に出し活動範囲を広げたら、必ず戦死者が出る」、山崎元自民党副総裁は「安倍政権の姿勢には強い危機感を持ちます。専守防衛から他国防衛容認に転換し、国際貢献に軍事力を投入することは、今までの安保政策を180度変えるものです」と反対の声を上げています。自衛隊員家族からも、殺し殺される道に引き込まないでという声も上がっています。

鹿角市議会 2012-09-11 平成24年第5回定例会(第2号 9月11日)

今懸案をよそに、自民党の総裁選、民主党代表選挙が始まっております。これはこれでしようがないことでありましょう。しかしながら、懸案はいっぱいあるわけでございます。そちらの懸案は、あっちに置いてほいというような感じで、党首選、総裁選、それはないんじゃないのかなと。率直な意見でございます。感想でございます。  私も青年会時代、青年運動といいますか、青年会活動をやっておりました。

由利本荘市議会 2012-06-01 由利本荘市議会 会議録 平成24年  6月 定例会-06月01日−03号

1995年、当時の世界銀行総裁は「20世紀の戦争石油をめぐる戦い、21世紀は水をめぐる争いになるだろう」と、警告しておったようでございますが、まさに現実味が増しています。  今は地方森林が主に売買対象のようですが、森林面積70%を超え、多様な水源を持つ当市も対象外ではありません。もし、突然大量の外国人が我々の土地だと住み着いたらどうしますか。

由利本荘市議会 2012-03-06 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月06日−03号

5月がフランス、6月がエジプト、9月には民主党代表選と自民党総裁選が行われ、10月は中国、11月がアメリカ、12月が韓国となっているようでございます。ただし、中国国家主席に党大会を経て、習近平体制に移行することが既に決まっております。  日本における国政のリーダーたる総理大臣は、この6年間に6人も誕生しております。政権交代があったとはいえ、この異常さを象徴し、政治の劣化が言われております。

由利本荘市議会 2010-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成22年 12月 定例会(第4回)-12月06日−02号

したがって療養所廃止の際、当時の軍事保護総裁本庄繁氏の「無償譲渡されるよう取り計らう。」との文書も、何の拘束力も法的権限もない文書となってしまったのであります。まさに国療土地寄附問題は、当時の政府の合法的手段を使った住民、そして石脇財産区からの土地の取り上げでありました。  この跡地、広大な12万8,000平方メートルでありますけれども、評価額は当初30億円。その後、国の土地鑑定で25億円。

鹿角市議会 2009-02-17 平成21年第2回定例会(第3号 2月17日)

それから、おもしろいのは、先週イタリアのローマで先進7カ国財務相・中央銀行総裁会議が開かれたわけなのですが、そのときのあの共同宣言では、まず雇用対策に各国は全力を尽くしなさい、経済不況対策に全力を尽くしなさいということが宣言されたわけなのですが、ちょっと表現が違うかも、中身は同じだと思います。ところが、日本の国はそれに基づいて政府が補正予算で20兆円から30兆円組むと公表した。

鹿角市議会 2008-09-18 平成20年第5回定例会(第4号 9月18日)

今マスコミは次期総裁選で盛り上がっておりますが、後期高齢者医療制度の問題が解決したわけではありません。鹿角市民の中でも、この制度に対する不満と不安が高齢者のみならず、若い方にも広がっております。国が決めた制度であっても、多くの問題がある後期高齢者医療制度に対することに対する陳情を私は採択すべきものと思いますので、賛成の討論をいたしました。 ○議長(中西日出男君) ほかに討論ございませんか。

能代市議会 2008-09-17 平成20年  9月 定例会-09月17日−03号

今の世の中、大人がしっかりとしないといけないと思いますが、自民党の総裁選挙の立候補者の変な華やかさは何でしょう。顔見せ的立候補者もいるようです。国民から見ますと、まじめさに欠けています。この疲弊した国民生活を与党としてどうするおつもりか、非常に見えにくい状況です。立候補者が多ければ開かれた党だと思っているようですが、それはまた違うのではないでしょうか。

男鹿市議会 2008-09-09 男鹿市議会 会議録 平成20年  9月 定例会-09月09日−02号

しかも国民そっちのけで多くの候補者をつくりながら、マスコミを利用して総裁選挙を打ち、臨時国会国民の声を無視して徹底審議もしないで解散選挙を行う構えでもあります。政権投げ出しの原因の一つに、国民の多くが反対している後期高齢者医療制度の問題があります。反対を押し切って進んでも先は見えず、小手先の見直しをしても、国民はこの制度そのものに反対しているわけであります。

由利本荘市議会 2008-09-08 由利本荘市議会 会議録 平成20年  9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

いますけれども、やっぱりこの厳しい財政秋田市を除いた額からいくと県内断トツなわけでして、このことは決してよい悪いの問題ではなくて、確かにこのぐらいのインフラ社会資本が充実しますと、残るのは負債ということになるわけですけれども、じゃあそれそのままでよいのかということと、失礼な言い方かもしれませんけれども、今、国の方では夜が明ければ何かで税金を取るとか、財源を何とする、常にその話だけで、選挙に今、自民党の総裁

鹿角市議会 2003-09-17 平成15年第6回定例会(第3号 9月17日)

ところで、国の方では総裁選がにぎやかに行われております。また、その後には衆議院選挙もあることが確実視されております。  今回あるであろう選挙の特徴は、「マニフェスト」であります。従来であれば「公約」ということでありました。マニフェストとは、選挙に当たり有権者に対して「何を、いつまでにやります。そして、その財源はこのようにします」という約束であります。

鹿角市議会 2003-09-16 平成15年第6回定例会(第2号 9月16日)

中央政治では、自民党総裁選挙に当たり4人の立候補者がおりますが、共通なテーマは景気対策であり、いかにしてデフレから脱却するかが国民が等しく願うものであります。  それでは、鹿英会を代表して、通告に従い、順次一般質問をいたします。  まず、鹿角農業の展望であります。  「サムサの夏はオロオロアルキ」、宮沢賢治がこう表現した。  

  • 1