18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2016-12-22 平成28年第7回定例会(第4号12月22日)

まず、議案第97号損害賠償和解についてでありますが、本案は、平成23年3月11日に発生した東京電力株式会社福島原子力発電及び福島第二原子力発電所事故に起因する放射性物質による影響対策として、平成23年度に要した費用に係る損害賠償請求のうち、東京電力ホールディングス株式会社が本市の請求に応じない費用について、原子力損害賠償紛争解決センターにあっせんの申し立てを行ったところ、同センターから和解

鹿角市議会 2016-11-30 平成28年第7回定例会(第1号11月30日)

内容でありますが、平成23年3月11日に発生した東京電力株式会社福島原子力発電及び福島第二原子力発電所事故に起因する放射性物質による影響対策として、平成23年度に要した費用に係る損害賠償請求のうち、東京電力ホールディングス株式会社が当該請求に応じない費用について、原子力損害賠償紛争解決センターにあっせんの申し立てを行ったところ、同センターから和解案の提示があったものであります。  

鹿角市議会 2015-09-28 平成27年第6回定例会(第4号 9月28日)

まず、議案第73号あっせんの申立てについてでありますが、本案東北地方太平洋沖地震に伴う東京電力株式会社福島原子力発電及び福島第二原子力発電所事故により、平成23年度に生じた損害の賠償請求に係る和解のあっせんを行うものであります。  本案の審査に当たり、本件の申し立ては鹿角市が単独で行うのか、それとも他の自治体と共同で申し立てをするのかただしております。  

由利本荘市議会 2013-06-03 由利本荘市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月03日−04号

東京電力福島原子力発電事故を受け、エネルギー政策の大きな転換が課題となり、それはまた電力分野だけの問題ではなく、社会全体で考えなければならないテーマとなっています。  逼迫する電力事情を背景に、省エネ対策として公共施設へのLED照明の導入は積極的に検討すべき課題と言えます。また、LED照明の導入は、電気料金値上げによる財政負担の軽減を図ることにもつながります。

北秋田市議会 2013-04-24 平成25年  4月 臨時会(第1回)-04月24日−01号

東日本大震災における東京電力福島原子力発電事故以降、電力不足への懸念や二酸化炭素削減意識の高まりから、再生可能エネルギーに対する関心が高まっております。当市といたしましても、公共施設や遊休地への太陽光発電施設の設置を進める中で、新エネルギー政策の指針となる新エネルギービジョンを策定し、再生可能エネルギーの取り組みについて、中長期的な考え方を打ち立てて進めてまいります。  

由利本荘市議会 2012-09-04 由利本荘市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月04日−02号

東日本大震災により福島原子力発電が被災し、その放射能により、現在もなお多くの方々が日本全国に避難し、なれない生活を強いられておりますことに心よりお見舞いを申し上げます。  脱原発首長会議への加入についてでございますが、本市は非核平和宣言都市であり、被災地と同じ東北首長としてその趣旨には賛同するものの、会議の動向を注視してまいりたいと考えております。  

鹿角市議会 2012-06-13 平成24年第3回定例会(第3号 6月13日)

しかし、福島原子力発電事故をきっかけに、その安全性に大きな疑問が生じた今、これまでの原子力政策の見直しが進められており、国民の生活様式や価値観の転換を含めて再生可能エネルギーへのシフトが必然的となり、市でもさまざまな施策を活用しながら再生可能エネルギーの導入を進めているところであります。  

能代市議会 2012-03-05 平成24年  3月 定例会-03月05日−02号

また、東日本大震災による大停電は、電力会社への過度な依存を見直す契機となり、福島原子力発電事故は、原子力を基幹とするエネルギー政策の大転換の世論を巻き起こす事態となりました。このようなエネルギーをめぐる情勢の大きな変化により、再生可能エネルギーは今後ますます開発普及が進むものと考えられ、関連産業についても大きな成長が期待されるところであります。

由利本荘市議会 2011-12-16 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月16日−04号

次に、陳情第9号原子力発電所の廃止・再生可能エネルギーによる発電の推進を国に求める意見書提出についての陳情についてでありますが、これは、東北地方太平洋沖地震により発生した福島原子力発電事故を契機に、国内の原子力発電所期限を切って廃止し、再生可能なエネルギーによる発電の推進を国に求める意見書提出についての陳情であります。  

仙北市議会 2011-09-27 平成23年  9月 定例会-09月27日−05号

地震津波、そして今なお収束していない福島原子力発電事故により、日本国民においては、これまでの価値観について大きく転換を迫られ、震災を契機に、この先どうやって日本を立て直すのか、どんな国を次世代につないでいくべきなのか。このようなことが、今改めて私たちに問われている課題であると言えます。本市におきましては停電等はあったものの、幸いにして人命を損なうような重大な被害には至りませんでした。

由利本荘市議会 2011-09-21 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月21日−04号

終わりに、今、我が国は、東日本大震災及び震災により引き起こされた東京電力福島原子力発電事故によって甚大な被害をこうむり、その影響の大きさははかり知れない状況となっております。大震災にとどまらず、ことしは災害の年と言っても過言でないほど、大規模な自然災害が全国に頻発しております。

由利本荘市議会 2011-09-05 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月05日−02号

福島原子力発電事故による放射性セシウム被害は、福島県にとどまらず、東北地方関東地方と広範囲に及んでおります。これまで国では、体外被曝を避けるため住民の一時避難や、汚染稲わらを与えられた肉用牛などの出荷停止や自粛措置等の対策をとってまいりました。

由利本荘市議会 2011-07-27 由利本荘市議会 会議録 平成23年  7月 臨時会-07月27日−01号

年度由利本荘市集落排水事業特別会計補正予算(第4号) 第15.議案第138号 平成23年度由利本荘市簡易水道事業特別会計補正予算(第3号) 第16.急施事件の認定 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−− 本日の会議に付した事件  第1から第16までは議事日程第1号のとおり 第17.追加提出議員発案の説明並びに質疑          議員発案第2号 1件 第18.議員発案第2号 福島原子力発電

仙北市議会 2011-07-13 平成23年  7月 臨時会-07月13日−01号

こうした中で、秋田県では、福島県児童・生徒が東日本大震災福島原子力発電事故により不自由な日常生活を余儀なくされていることから、秋田県内の自然環境の中で夏休み期間を過ごしてもらうため、福島県児童・生徒の夏休み期間の受け入れを行うこととしました。  受け入れ期間は、7月20日から8月31日までとし、児童・生徒が10人以上とその保護者団体地域での体験サポートメニューも予定されています。

北秋田市議会 2011-06-20 平成23年  6月 定例会-06月20日−02号

政治姿勢と具体策を問うとのご質問でありますが、今回の東京電力福島原子力発電の一連の事故は、想定外の規模で発生した地震の影響によるものとは言いながら、非常に残念なことであります。  日本の電気需要と発電施設、そして電気供給量の状況を考えますと、原子力発電所の即時全面停止は物理的に困難であろうとは思います。  

男鹿市議会 2011-06-16 男鹿市議会 会議録 平成23年  6月 定例会-06月16日−02号

また、今回の福島原子力発電事故につきましては、大変遺憾なことであり、一刻も早い終息を願っております。  エネルギー政策につきましては、地球環境の保全と国民安全の確保や社会経済の発展を前提として、将来にわたるエネルギー政策のあり方について、国民的議論を尽くした上で、必要な措置を講ずる必要があると考えております。  

  • 1