237件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

その下の5目2節住宅費補助金及び3節都市計画費補助金の社会資本整備総合交付金の減額は、それぞれ事業の実績見込みによるものです。  6目3節教育総務費補助金の学校施設環境改善交付金781万5,000円は、花輪第一中学校大規模改造事業及び学校給食施設等整備事業に係る交付金の確定によるものです。  

鹿角市議会 2019-02-14 平成31年第1回臨時会(第1号 2月14日)

13款2項5目1節道路橋りょう費補助金の社会資本整備総合交付金9,000万円は、凍雪害防止事業に係る交付金です。補助率は60%です。  17款2項1目1節財政調整基金繰入金1億7,025万円は、今回の補正財源として繰り入れます。  20款市債については、第3表で説明したとおりです。  続いて、次のページをお願いします。  3の歳出です。  

鹿角市議会 2018-08-31 平成30年第7回定例会(第1号 8月31日)

5目2節住宅費補助金の社会資本整備総合交付金247万6,000円は、住民の被災防止と生命の安全を確保するため、がけ地の崩壊等により住民の生命に危険を及ぼすおそれがある区域の危険住宅の移転、除却等を行うものに対し補助金を交付するもので、補助率は2分の1です。  

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

市道関係では、社会資本整備総合交付金事業につきましては、男鹿中地区の橋本橋橋梁補修工事の発注手続きを進めております。  その他の事業につきましても、順次計画的な発注に努めてまいります。  次に、5月31日に出納閉鎖いたしました、平成29年度の一般会計決算の概要についてであります。  

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

同じく5目1節道路橋りょう費補助金の社会資本整備総合交付金409万3,000円は、花輪小坂線ほか舗装補修事業について、交付決定により追加するものです。  13款3項1目1節総務管理費委託金の関係人口創出モデル事業委託金500万円は、国のモデル事業の採択を受け、関係人口のネットワークを構築する事業を実施するため委託金を計上するものです。なお、事業は国委託金10分の10で実施することとなります。  

男鹿市議会 2018-05-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号

15款国庫支出金は、717万1,000円の減額でありますが、1項国庫負担金は314万2,000円の減額で、現年公共土木施設災害復旧事業費負担金、2項国庫補助金は、402万9,000円の減額で、社会資本整備総合交付金であります。  16款県支出金2項県補助金は、141万8,000円の減額で、半島振興広域連携促進事業費補助金であります。  

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

第3点として、社会資本整備総合交付金事業費が大幅に減額された理由及び実施された事業と未実施の事業並びに複合観光施設整備にかかる事業費の減額理由について。  第4点として、歳入における市たばこ税及び入湯税の減額要因及び県庁敷地内で全面禁煙を受けての市の対応について。  第5点として、道路維持費における修繕料の内訳と健康ポイントの予算内容について。  

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

次に、新男鹿駅広場整備は、本市の重要施策であるからこそ、新駅を中心に特色あるまちづくりを都市計画に定めることが望ましく、社会資本整備総合交付金、まちづくり交付金など、つまり国、国交省の補助金を活用すべきと考えます。  市長の新駅前広場整備計画、整備事業費などについて、お伺いいたします。  

能代市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号

また、社会資本整備総合交付金等の配分の状況について、道路事業及び河川事業が37.9%、都市公園事業・住宅関係事業が22.1%、公共下水道事業が17.8%と、当初予算に対しそれぞれ減額となっている。道路事業については、今年度の予定事業に大きく影響することから、前年度と同様に優先順位を定め、工事延長を調整するほか、一部に起債を充当して実施したいと考えている。

男鹿市議会 2017-06-15 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月15日−03号

大要3点目は、社会資本整備についてお伺いいたします。  1項目は、道路行政の現状と今後の見通しについてであります。  交通インフラにおける社会資本整備は、日常の生活動線確保はもとより、産業や災害対応、降雪期の除排雪作業など、道路インフラの整備、維持管理を継続的に実施するため、道路及び交通現況の把握、道路に係る道路交通環境整備は、市民生活に直轄した極めて重要な問題であります。

男鹿市議会 2017-06-14 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−02号

古くから景観美は社会資本の基本条件とされ、美しさは付加価値ではなく、機能性や安全性と同じく満たすべき必要事項とされてきました。人は約80パーセントを目から情報で認識していると言われます。主な交通路である道路からの景観は、その地域の印象を大きく左右する重要な視点場で地域を眺める窓ではないでしょうか。

由利本荘市議会 2017-06-14 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月14日−05号

初めに、歳入でありますが、13款国庫支出金では、社会資本整備総合交付金を追加、20款市債では、簡易給水施設整備事業債の減額及び防犯灯整備事業債の追加が主なものであります。  次に、歳出でありますが、各特別会計への繰出金の追加及び減額のほか、4款衛生費においては、3項水道費で、小規模水道等事業費の減額であります。  

男鹿市議会 2017-06-12 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号

道路は、国民生活や経済・社会活動を支える最も基本的で重要な社会資本であり、国土の均衡ある発展と地域連携強化や活力ある地域づくりの推進を図るためには欠くことのできない基盤施設で、その整備は緊急の課題であります。  本市は、自動車交通への依存度が極めて高く、道路は重要な交通基盤となっており、活力ある地域経済社会の発展を図るためには、緊急かつ計画的に道路整備を推進する必要があります。  

由利本荘市議会 2017-06-01 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号

大項目7番、社会資本整備・環境について。  (1)防犯灯のLED化についてですが、社会生活が多様化し、労働力確保のため外国人の雇用も奨励している国の方向ですが、さまざまな犯罪、事故、トラブルが一段と増加している傾向にあります。この事業の前倒し政策に市民は大歓迎であります。

由利本荘市議会 2017-05-15 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-05月15日−01号

7点目は、社会資本整備・環境であります。  各地域の道路整備や補修、地域の実情に合わせた除雪作業による冬季交通確保に努めるとともに、長寿命化修繕計画に基づく橋梁等の点検と機能保全工事を実施してまいります。  また、防犯灯のLED化につきましては、新設要望を含めた事業計画の前倒しを行い、年度内に全地域の未実施箇所を一括して更新いたします。  

男鹿市議会 2017-05-02 男鹿市議会 会議録 平成29年  5月 臨時会(第1回)-05月02日−01号

2項国庫補助金は832万2千円の減額で、社会資本整備総合交付金及び滝川河川改修事業費補助金であります。  16款県支出金2項県補助金は547万3千円の追加で、秋田県生活バス路線等維持費補助金であります。  17款財産収入、次のページになりますが、1項財産運用収入は3千円の追加で、財政調整基金利子であります。  19款繰入金1項繰入金は14万6千円の減額で、地域振興基金繰入金であります。  

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

また、繰越明許費では、8款土木費において、社会資本整備総合交付金事業を初めとする4件の事業を、11款災害復旧費では、現年災害の災害復旧事業について、それぞれ設定しようとするものであります。  次に、議案第40号下水道事業特別会計補正予算(第6号)であります。  歳入では、収入見込みによる下水道使用料の追加及び一般会計繰入金の減額が主なものであります。  

由利本荘市議会 2017-02-16 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月16日−01号

このたびの補正予算につきましては、全般にわたり、各事業の確定及び決算を見据えた精査によるものですが、主な内容としましては、総務費では、震災復興特別交付税返還金を追加、民生費では、除雪事業委託に係る軽度生活援助事業費を追加、衛生費では、診療所特別会計への繰出金を減額、農林水産業費では、由利本荘米ブランド支援事業費を減額、土木費では、社会資本整備総合交付金事業費を減額、災害復旧費では、公共土木施設災害復旧費

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

13款2項4目1節道路橋りょう費補助金の社会資本整備総合交付金1億3,585万円は、橋りょう長寿命化対策事業、花輪小坂線ほか舗装補修事業、中川原橋橋りょう整備事業に係る交付金で、補助率は65%です。  2節住宅費補助金の社会資本整備総合交付金5,993万2,000円は、公営住宅建設に係る用地購入費や公的賃貸住宅家賃低廉化事業などに係る交付金で、補助率は45%です。