10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2016-09-12 09月12日-02号

2つの原爆は、莫大な破壊と放射線によって都市を焼き尽くし、その年のうちに21万人の市民の命を奪いました。それは、この世の地獄でありました。生き残った被爆者も、長年にわたって後遺症や差別などに苦しめられてきました。このような非人道的な兵器は、いかなる状況のもとでも再び使用されてはなりません。しかし、核保有国はいまだ1万5000発を超える核弾頭を持ち続けています。

北秋田市議会 2014-09-17 09月17日-02号

国土の7割が斜面からなる日本において、自然の破壊に屈しない斜面は、交通インフラなど暮らし利便、そして安全・安心を高める未来への基本要件です。これまで、各地で施工されてきたコンクリート主体斜面防護工方法は、命の源である緑と共存できず自然を貧弱にし、豪雨など気象狂暴化を招いてきました。そしてまた、近年の急激な経年劣化によって脆弱化し、斜面崩壊危険性経済負担を大きくしています。 

男鹿市議会 2014-09-09 09月09日-02号

国土の7割が斜面からなる日本において、自然の破壊に屈しない斜面は、交通インフラなど暮らしの便利、そして安全・安心を高める未来への基本要件です。これまで各地で施工されてきたコンクリート主体斜面防護工は、命の源である緑と共存できず、自然を貧弱にし、豪雨などの気象凶暴化を招いてきました。そしてまた、近年の急激な経年劣化によって脆弱化し、斜面崩壊危険性経済負担を大きくしています。 

能代市議会 2014-06-17 06月17日-03号

国土の7割が斜面からなる日本において、自然の破壊に屈しない斜面は、交通インフラなど暮らし利便、そして安全・安心を高める未来への基本要件です。 これまで各地で施工されてきたコンクリート主体斜面防護工は命の源である緑と共存できず自然を貧弱にし、豪雨などの気象凶暴化を招いてきました。そしてまた近年の急激な経年劣化によって脆弱化し、斜面崩壊危険性経済負担を大きくしています。

能代市議会 2013-06-10 06月10日-02号

核兵器人類の生存を脅かすほどの大きな破壊を有しており、それが存在し続ける限り人類に対する脅威はなくならない」として、核兵器非合法化の努力を呼びかけています。核兵器廃絶は、世界の流れになっています。 人類の中でただ1つ、核兵器がつくり出した地獄のような惨劇を体験した日本は、核兵器全面禁止に向け世界に呼びかけ、行動する権利と責任があります。

仙北市議会 2011-06-20 06月20日-04号

ことしの3月11日に発生しました東日本大震災では、津波被害という2次被害により多くの建築物施設等被害が発生するとともに、多数の貴重な人命が失われるというすさまじい自然の破壊を見せつけました。当市においては震災直後から地震防災マップへの問い合わせが多くありました。このため、在庫としていました部数がすべてなくなりましたので、今回補正をお願いし、増刷するものでございます。

男鹿市議会 2011-06-16 06月16日-02号

そして、言うまでもなく自然エネルギーの大きさ、この破壊などを認識させられたし、命の尊さ、大切さを、これほど思いしらされたことはないと思っています。 そこで、市長に伺いますけれども、まずは先ほど佐藤巳次郎議員さんにも答えられましたけれども、今回の震災に対しては、どんな所見をお持ちでしょうか、答えは、答弁はわかっておりますけれども、改めて伺いたいと思います。

仙北市議会 2011-06-16 06月16日-02号

ことし3月に発生した東日本大震災では、建物等について多くの被害が生じ、多数の貴重な人命が失われるというすさまじい自然の破壊を見せつけられています。今後、被害想定という枠を取り払って、これまでに作成した資料を改めて分析し、御指摘の活断層の表記も含め検討を加えながら、震災での教訓、情報などを共有する、随時安全対策に取り組むことができるような避難所の見直しも同時に行いたいというふうに考えています。 

  • 1