832件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

今後におきましても、農業関係機関のみならず、アグリビジネスチャレンジ支援に関する協定締結したかづの商工会金融機関とも連携して、加工品開発や販路拡大に向けた取り組みを支援するとともに、鹿角地区農家生活研究グループ連絡協議会等を通じて女性リーダーの育成を図ってまいります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。 ○6番(舘花一仁君) ありがとうございます。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

20款4項1目1節造林事業受託収入425万2,000円は、森林研究・整備機構との分収契約による造林事業について、同機構からの交付内示により追加するものであります。  5項5目1節雑入のコミュニティ助成事業助成金130万円は、一般財団法人自治総合センターからの助成金で、一般コミュニティ助成事業1件分であります。  次のページをお願いします。  歳出です。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

大規模園芸拠点整備事業の経営資金の調達と安定した労働力の確保に対する支援、指導についてでありますが、末広地区で計画されている園芸メガ団地整備地区に関しましては、今年度と同様に支援チームによる情報交換や経営資金の調達にかかわるあっせん等の経営サポートのほか、ネギの収穫期間の長期化に向けた調査・研究労働力の確保と効率化、栽培基礎技術、販売先や加工・業務用向け出荷についての先進地視察や研修会などを引き続

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

町なかへの居住につきましては、政策研究所では昨年度まで町なかへの住みかえを進めるための支援策について調査研究を進めてまいりましたが、その中の市民への住みかえ意識調査では、居住している地域に愛着があり、住みなれた地域を離れることへの抵抗感が大きいため、住みかえを希望しないという割合も多くあり、そうした方々が住み続けられる対策とあわせて総合的に進める必要があると考えております。  

鹿角市議会 2019-03-05 平成31年第2回定例会(第2号 3月 5日)

ただいまのご質問でありますが、鹿角マルシェの来年度予定しております集出荷システム等の調査委託料につきましては、これまで直売会とふるさと物産公社と研究会を重ねてまいりました。その中でやはり課題となっておりますのが、直売所の品数不足、あるいは農家さんの時間的に「あんとらあ」まで運ぶ手間ができないといったことから、そういった課題があるのかなという分析をしております。

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

アプリの多くがスマートフォンに搭載されることや本市の高齢者割合などを勘案しますと、より多くの市民に対し一斉に災害情報を発信する手段としては、当面、既存のメール配信サービス防災ラジオを活用することが適当であると判断しておりますが、今後、運用方法の研究をしながらアプリも含めたSNS等の有効活用について検討してまいります。 ○議長(宮野和秀君) 舘花一仁君。

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

そういう施策のあり方っていうのはね、もっと私は研究していただきたいと思いますし、たとえ口で移住・定住、少子化と言うんだったらね、こういうものにあんまり手をつけない方がいいんじゃないかと思うんだけども、どうなの。  それからね、あともうちょっとなんだけども、サンワークの話。

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

市といたしましては、今後もこのサービスを継続し、内容の充実と周知に努めてまいりたいと考えておりますが、母子手帳アプリの活用とその効果につきましては、今後研究してまいります。  以上であります。 ○副議長小松穂積君) 再質問ございませんか。12番進藤優子さん ◆12番(進藤優子君) それでは、順次いくつかご質問をさせていただきたいと思います。  

男鹿市議会 2018-06-26 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月26日−05号

衆議院議長  大島理森様  参議院議長  伊達忠一様  内閣総理大臣 安倍晋三様  内閣府特命担当大臣(消費者及び食品安全担当)         福井 照様 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−      教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元を求める意見書  学校現場における課題が複雑化・困難化する中で子どもたちのゆたかな学びを実現するためには、教材研究

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

近年の不審者の目撃情報についてでありますが、鹿角市郡の小中高の生徒指導担当者で組織する鹿角地域生徒指導研究推進協議会、いわゆる地域生研からの報告によると、不審者情報件数は平成27年度7件、平成28年度8件、平成29年度6件となっており、直近の平成29年度の内訳といたしまして、声かけが3件、カメラ等による撮影が2件、叫んでいる等の不審行動が1件となっております。  

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

これに対し、昨年は焼山の避難小屋を改築したが、それに引き続き、新年度は後生掛の自然研究路の歩道の調査設計とトイレの改修工事を行うこととしており、国の交付金を活用しながら県が主体的に進め、市が全体事業費の1割を負担するものである。また、トイレの改修に当たっては、外観は国立公園内であるため景観に配慮しつつ、室内は水洗化等も進めてきれいなトイレになるものと思われるとの答弁がなされております。