27件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

鹿角市議会 2019-12-09 令和元年第6回定例会(第2号12月 9日)

孤立が予想される集落災害備蓄品についてでありますが、本市では秋田県地域防災計画で定められた備蓄計画に基づき、主食飲料水、ミルクなどの食料品のほか、毛布石油ストーブなどの防寒用品トイレを初めとした衛生用品などをさまざまな状況対応できるように第一避難所に分散備蓄しております。  

鹿角市議会 2019-09-09 令和元年第5回定例会(第2号 9月 9日)

新たな災害備蓄品への取り組みについてでありますが、本市では県の地域防災計画に掲載されている備蓄計画に基づき、主食飲料水粉ミルクといった食料品のほか、毛布石油ストーブ防寒用品トイレ用品を初めとする衛生用品などを備蓄しており、同備蓄計画本市に割り当てられている品目数量は全てクリアしております。  

仙北市議会 2018-09-28 09月28日-05号

西木庁舎には100人ほどの職員が従事しておりますが、完成までの間は、庁舎内のエアコン煖房と保管してございます石油ストーブ等で対応していただくこととしております。また、利用する市民皆様にも配慮してまいります。 以上で提案理由の説明を終わります。御審議よろしくお願いいたします。 ○議長青柳宗五郎君) これから質疑を行います。質疑ありませんか。16番。

能代市議会 2017-12-13 12月13日-04号

備品石油ストーブその他備品一式であります。 譲渡相手方は、能代二ツ井梅内字岩坂90番地 馬子岱町内会 会長 齊藤 進であります。譲渡する日は、平成30年4月1日としております。 以上、よろしく御審議のほどお願い申し上げます。 ○議長武田正廣君) 質疑を行います。3番小野 立君。 ◆3番(小野立君) 失礼しました。改めてお伺いしたいと思います。

鹿角市議会 2014-03-11 平成26年第2回定例会(第4号 3月11日)

また、こうした心配がある山間部集落においては、自主防災組織の結成を促してきたことで組織率では市内全体の平均を上回っており、発電機石油ストーブなどの防災用資機材を整備し、停電時を含めた各種災害への対策が講じられております。  さらに、交通障害などによる帰宅困難者が発生した場合には速やかに避難所を開設するなど、受け入れ態勢にも万全を期しているところであります。

男鹿市議会 2013-12-10 12月10日-03号

みんな石油ストーブになってきてしまった。そういうので社会生活が変わってしまって、経済活動が変わってしまって、それによって今まで手入れされてきた、自然に手入れされて暮らしていたそういうふうな形でずっと48年ごろ、いわゆる国定公園に指定されたころはなっていたものが、だんだん手入れされなくなってきた。

北秋田市議会 2013-12-06 12月06日-03号

ペレットストーブにつきましては、議員からご指摘がございましたように、地球温暖化防止低質材利用等の観点から大変有用と考え、注目は私もいたしておりますが、石油ストーブとの比較によるコストの問題や、ペレット生産工場販売業者が少ないことなどから、まだまだ一般向けとは言えない状況であると認識しています。 

由利本荘市議会 2013-09-05 09月05日-02号

県と市町村との共同備蓄指定品目のうち、食料品等を除いた品目では、毛布及びトイレ目標数量の6割程度となっているものの、石油ストーブトイレットペーパーなど、他の品目は全てで目標を達成しており、おおむね計画どおり備蓄は進んでおります。 なお、主食及び飲料水につきましては、これまで災害援助協定により対応することにしておりましたが、昨年度から5カ年の計画備蓄を進めております。 

北秋田市議会 2012-06-19 06月19日-01号

次に二つ目市町村総合防災対策緊急交付金事業、これは県の同名の補助事業を活用しまして、市が管理する主な避難所17カ所に特設公衆電話37台を設置し、停電時における通信手段確保を図る避難所機能強化事業、これに27万8,000円、そして食料品飲料水石油ストーブなどの災害備蓄品を整備する地域防災力強化事業に408万5,000円、合わせて436万3,000円を計上するものでございます。

北秋田市議会 2012-03-05 03月05日-02号

共同備蓄品目とは、調理を要しない食料品等としてはアルファ化米飲料水粉ミルク等が、また防寒用品としては毛布石油ストーブが、さらに衛生用品としてはトイレ紙おむつ生理用品、さらには停電時用の発電照明機材や、給水タンク等となっておりますが、現在、備蓄目標数を満たしておりますのは、毛布発電照明機材給水タンクであります。 

能代市議会 2011-12-07 12月07日-04号

備品石油ストーブその他備品一式であります。 譲渡相手方は、能代二ツ井字薄井56番地、薄井協議会 会長 佐藤善雄であります。 譲渡する日は、平成24年4月1日としております。以上、よろしくご審議のほどお願いいたします。 ○議長武田正廣君) 質疑を行います。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長武田正廣君) 質疑なしと認めます。よって、議案第81号は総務企画委員会に付託いたします。

男鹿市議会 2011-12-06 12月06日-01号

市では、東日本大震災の教訓から、電源と連絡手段確保のため、防災の拠点となる市役所、各出張所には小型発電機衛星携帯電話投光器及び石油ストーブなど、若美総合支所には衛星携帯電話を配備し、各保育園、若美幼稚園船越小学校及び五里合小学校には小型発電機投光器及び石油ストーブなどを配備いたしました。 また、各自主防災組織には、ヘルメット及びハンズフリーライトを配備いたします。 

仙北市議会 2011-09-14 09月14日-04号

暖房につきましては、施設で保有しております石油ストーブ2台、それから隣のクリオンから借用しました石油ストーブ5台、それに職員の持ち寄りや入所者の御家族の方からの提供で対応しております。要所要所に配置いたしまして、寒さに対する対応をするとともに、布団、毛布等を厚めに用意するなど寒さ対策をしまして、体調管理には万全を尽くしてございます。 

能代市議会 2011-09-13 09月13日-03号

例えば、約1,000人が避難した岩手県陸前高田市の中学校では石油ストーブが2台しかなく、震災当夜は教室のカーテンを全部外して2~3人で1枚ずつ体に巻いて寒さをしのいだと言います。また、断水によりトイレが使えなくなった学校も相次ぎ、衛生面で課題を残しました。宮城県南三陸町の志津川中学校では、生活用水の復旧に1カ月ほどかかった上に、水道水は今も飲み水として使えないと言います。

仙北市議会 2011-06-17 06月17日-03号

何足りないというようなことでいろいろ話をしながら、足りないものを、石油ストーブを運んだりしましたけれども、やはりそういう本当にいざというときに、緊急に自助もそうですけれども、やはり共助、ともに助け合いながら、また行政がしっかりと見守っていくということでよろしく今後ともお願いしたいなと思います。 

  • 1
  • 2