18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2017-04-11 平成29年第2回臨時会(第1号 4月11日)

契約の相手方は、石川能美郡川北町土室あ24番地1、株式会社福井鉄工所代表取締役福井昭男氏。  提案理由ですが、産業団地整備事業用地として取得するものであります。  以上で説明を終わります。 ○議長(宮野和秀君) 提案理由の説明を終わります。  これより質疑を受けます。質疑ございませんか。     (「なし」と呼ぶ者あり) ○議長(宮野和秀君) ないものと認め、質疑を終結いたします。  

鹿角市議会 2016-09-13 平成28年第6回定例会(第2号 9月13日)

講師は、石川羽咋市のスーパー公務員として知られる高野氏で、羽咋市の職員として持ち前の企画力と行動力で限界集落だった神子原地区をよみがえらせて、3月末で退職して、現在の総務省の地域力創造アドバイザーをしていると言われます。少し興味を持った内容であったので、紹介させていただきます。  

能代市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−03号

前回、私石川羽咋市の例を再質問の中で市長に質問したところ、市長はこういった御答弁をなさいました。能代市の産業振興、農業振興として取り上げているものと、羽咋市は違いがほとんどない、一緒というふうにお答えなさいました。ちょっと私が理解できないのかもしれないのですけれども、羽咋市とほとんど能代市は変わらないというような認識だったのでしょうかね。

鹿角市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日)

ことしの7月に総務財政常任委員会で行政視察した石川の能美市・かほく市では、両市ともに全国住みよさランキングで10位以内に入っている市でございました。子育て支援が充実しており、ともに子供福祉医療費助成の対象範囲が18歳までとなっておりました。

男鹿市議会 2015-06-19 男鹿市議会 会議録 平成27年  6月 定例会-06月19日−03号

全国椿サミットは今回で25回目の開催でしたが、第26回は京都府与謝野町、第27回は石川野々市市で開催予定となっております。  協議会加入市町村の中には、東京都大島町、山口県萩市、宮崎県宮崎市など、2回以上の開催を行っている自治体もあります。今後、男鹿の椿を発信するために、全国椿サミット協議会及び日本椿協会と連携しながら、男鹿市での2回目の開催の可能性について探ってまいります。  

男鹿市議会 2014-12-08 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月08日−02号

事例を申し上げますと、大手建設機械メーカーのコマツでは、本社機能の一部を石川小松市に移転したところ、同社の既婚女性の勤務地域別の子ども数の調査では、東京都の0.7人に対し、石川では1.9人という結果となっております。  また、30歳以上の女性社員の既婚率は、東京都の50パーセントに対し、石川では90パーセントとなっております。  

由利本荘市議会 2012-09-04 由利本荘市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月04日−02号

ことし7月の教育民生常任委員会行政視察で石川白山市の白山市立白嶺小・中学校を視察してまいりました。この学校は小中一貫校として平成20年に統合し開校したものでありますが、その基本構想には、地域社会に開かれた新たな学習環境としての複合化した学校づくり、地域と連携する施設及び機能を有し、市民が誇れる学校づくりといったハード面での考え方が考慮されておりました。  

鹿角市議会 2010-06-15 平成22年第4回定例会(第2号 6月15日)

平成20年7月に石川白山市の高齢者福祉について行政視察をしてきました。緊急通報システムのことを知り、その内容はセキュリティ会社と高齢者宅で契約を結び、高齢者宅には安否確認センサーを日常必ず通るトイレ、台所、居間等の3カ所に、その他火災警報器、無線押しボタン、緊急通報装置をリースで取りつけておりました。大変すばらしいシステムであったため、その年の一般質問で、鹿角市でも導入できないかお尋ねしました。

男鹿市議会 2010-02-24 男鹿市議会 会議録 平成22年  3月 定例会-02月24日−01号

石川のアマメハギや山形県のアマハゲなど、県内外8団体の実演とシンポジウムが行われ、この模様は全国ニュースで報道されております。  以上で諸般の報告を終わり、次に、提案理由のご説明を申し上げます。  まず、議案第3号平成21年度男鹿市一般会計補正予算(第9号)についてであります。  

男鹿市議会 2009-12-07 男鹿市議会 会議録 平成21年 12月 定例会-12月07日−03号

これは文化庁の地域活性化事業として行われる「あきたの魅力再発見~ブンカDEゲンキプロジェクト」で、その一つとして、石川のアマメハギや山形県のアマハゲなど、県内外の類似習俗が男鹿に集結する、「(仮称)日本のなまはげ大集合」と銘打ったイベントであります。なお、開催日は来年2月13日、なまはげ柴灯まつりの期間中となっております。  

男鹿市議会 2009-06-26 男鹿市議会 会議録 平成21年  6月 定例会-06月26日−05号

1 防衛省全国情報施設協議会正副会長会議  (1)派遣目的 防衛省全国情報施設協議会正副会長会議に出席のため  (2)派遣場所 石川輪島市  (3)派遣期間 平成21年7月2日(木)〜3日(金)  (4)派遣議員 杉本博治(当協議会相談役)  2 平成21年度防衛省全国情報施設協議会総会  (1)派遣目的 平成21年度防衛省全国情報施設協議会総会に出席のため  (2)派遣場所 東京都全国町村会館

能代市議会 2008-09-18 平成20年  9月 定例会-09月18日−04号

先月、建設委員会で視察いたしました石川小松市は、平成18年のまちづくり三法の改正により、都市計画マスタープランの見直しに着手しております。また、改正中心市街地活性化法にのっとった中心市街地活性化計画を策定し、国へ申請の準備をしているとのことです。また、富山県高岡市の視察の移動中に低床車両の路面電車を見ました。

鹿角市議会 2008-09-10 平成20年第5回定例会(第3号 9月10日)

ことし7月1日から3日まで、教育民生常任委員会にて石川白山市の高齢者福祉についての行政視察をしてきました。たくさんのサービスの中で特にすばらしいと感じたサービスに、「緊急通報システム」と「はいかい高齢者等家族支援事業」がありました。  

男鹿市議会 2008-03-04 男鹿市議会 会議録 平成20年  3月 定例会-03月04日−02号

今回は都道府県単位の発表ですが、全国平均2.8回であり、現行の平均回数で見るとトップは秋田県で10回、次に福島県5.8回、石川5回と続きます。本市においては市単独事業として8回、県の補助事業として5回、計13回実施しており、秋田県として最高のサービス事業をしておりますが、そのうち妊婦一般健康診査の公費負担回数は7回で、厚生労働省が望ましいとする14回には、あと一歩まで進んでおります。

鹿角市議会 1997-09-16 平成 9年第6回定例会(第2号 9月16日)

石川能登半島に約 5,000年前と言われている眞脇遺跡からは、直径約1メートルのクリの木でつくったウッドサークルの遺跡がある。その他にもウッドサークルが発見されておるが、その他至るところ近年の目覚ましい縄文時代の遺跡の発見は、今までの縄文時代の先入観念を完全に覆すような生活水準の高さである。

  • 1