751件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

いずれ小中一貫校、こちらの制度の趣旨は過疎化による統合や予算削除、これを目的としたものではないと。そういう前提はわかっておりますが、やはり小中一貫校のメリットでもある中1ギャップの解消や異学年多人数交流による精神的な発達、さらには社会性の養いなど、こういったメリットもたくさんあると思います。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

鹿角花輪駅前観光案内所につきましては、来る6月21日のオープンに向け、現在準備を進めておりますが、案内所では観光情報の提供に加え、特産品紹介コーナー、売店、レンタサイクルの貸し出しを行うほか、バス乗車券の販売所、休憩所、授乳室、多目的トイレを整備するなど、駅前という玄関口での観光客受け入れ窓口として、効果的な情報発信と鹿角観光の活性化を図ってまいります。  

鹿角市議会 2019-03-22 平成31年第2回定例会(第6号 3月22日)

これに対し、防災会議の目的は、防災計画の見直しの際に委員からさまざまな意見を伺いながら決定していくものであるが、計画の資料編に避難所備蓄品のことが掲載され、委員や女性の方からも意見をいただいており、設備備蓄品等についても計画的に準備をしている状況であるとの答弁がなされております。  

鹿角市議会 2019-03-13 平成31年第2回定例会(第5号 3月13日)

子供を育てるための本市独自の支援策についてでありますが、これまで子育て世代経済的負担の軽減を目的として、第1子の出産祝い金の支給や、保育料及び放課後児童クラブ、ファミリー・サポート・センター、病児・病後児保育、一時預かりの利用料について、多子世帯に対する無償化を実施してまいりました。  

鹿角市議会 2019-02-28 平成31年第2回定例会(第1号 2月28日)

鹿角ブランドの確立については、観光消費額の増加を目的に、ユネスコ無形文化遺産や大湯環状列石など、本市にある世界に誇る歴史文化資源を一体的にPRする「統合ブランド」を展開するため、鹿角の共通イメージとしての「黄金色」と結びつけたブランドストーリーをもとに、観光誘客につながる具体的な事業を盛り込んだアクションプランを策定し、効果的にブランド力を高めてまいります。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

さきの葛飾区実行委員会において、来年度の出演は可能との回答をいただいており、盆踊りを通じた区民同士の交流や葛飾の魅力発信を目的としたこのイベントには2万1,000人もの参加があることから、PRの場として高い効果が期待されますので、首都圏における本市の国重要無形民俗文化財の魅力発信はもとより、毛馬内盆踊り保存会の活性化にもつながるよう協議を進めてまいります。  

鹿角市議会 2018-09-20 平成30年第7回定例会(第4号 9月20日)

次に、30陳情第5号食糧安全・安心を図るための農産物検査法及び食糧表示法の抜本的見直しを求める陳情についてでありますが、現行の農産物検査法では消費者が求める品質まで調べ切れていないなど、流通と実態のずれが生じてきており、実態に即した検査体制や検査項目が必要と考えるため、陳情事項のうち、現行農産物検査法を抜本的に見直し、食の安全・安心を図る目的とすることについては賛同できるものの、その他の陳情事項である

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

毎年実施するアンケートの実施目的は、第6次鹿角市総合計画において将来あるべき姿として、笑顔がつながり活力を生むまち・鹿角を将来都市像として定め、その実現を目指していることから、行政評価制度の外部評価の一環として施策の効果とニーズを調査、把握するとともに、市民意識や意見等を集約し、今後の施策推進に活用することを目的としております。  

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

エアーテントは、椅子を使用した場合で約200人を収容できコンパクトに収納できるため、容易に持ち運びすることが可能でありますので、他の施設については、購入するのではなくイベントなどの目的や内容次第でお互いに利用できることとし、有効活用していくことを考えております。 ○議長(宮野和秀君) 金澤大輔君。

鹿角市議会 2018-06-21 平成30年第5回定例会(第3号 6月21日)

これに対し、関係人口の創出とは移住を前提としたものではなく、農業体験や祭りへの参加など、継続的に鹿角市とのかかわりを持っていきたい方を募ることを目的としており、「鹿角家」という関係人口ツールを利用しながら、鹿角市のことを応援したいと思う方々が「どのようにすれば鹿角に深くかかわっていけるか」について、ワークショップなどを通じて一緒に考えていくことを目指している。

鹿角市議会 2018-06-11 平成30年第5回定例会(第2号 6月11日)

「けんこう乙女塾」は現在介護予防のため普及を進めているシルバーリハビリ体操に加え、近年重要視されている加齢によって筋力や認知機能が衰え心身の活力が低下した虚弱状態、「フレイル」の予防について、自己チェックできる手法を含め、健康づくりに対する理解を深めていただきながら、市民主体的に活動を広げ社会参加を実践していくことを目的としており、こういった取り組みを着実に積み重ね、健康寿命県内一を目指してまいります

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

次に、29陳情第7号消費税を10%に増税することを中止することを国に求める意見書提出を求める陳情につきましては、地方経済の状況を考えると増税はマイナスが大きいと考える意見や、目的税として社会保障という形で国で方針を出していること、また、団塊の世代が75歳になる時期が間近に迫ってきていることを考えると、財源が非常に厳しい状況にある中、財源が不足する可能性も十分に考えられるなどとの意見が出され、願意認