56件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 文科省の疑惑隠し、現閣僚が全員靖国派と、新しい閣僚は靖国派と言われる日本会議のメンバーでもあります。ここ2年くらいの間でも、安保法や秘密保護法、共謀罪など、寒気のするような、だぶりましたけども申しわけありませんが、法案が強行されたと思います。ついこの間、教育勅語も取り入れてもよいというような、安倍首相の発言が報道されました。 もっと読む
2017-06-02 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号 森友学園疑惑に加え、加計学園の獣医学部新設でも首相の関与の疑惑が浮上しています。首相の友人の加計学園に37億円の土地が無償提供され、さらに巨額の補助金が投入されようとしています。ある市民のデモに「『もり』『かけ』大盛り大サービス」とあり、経済学者の金子勝さんは「日本の政治は伸びたそばみたい、キツネとタヌキが出てくる。税金はざるに水のごとし」と言っています。 もっと読む
2016-12-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成28年 12月 定例会-12月07日−03号 世界の政治も私たちでは、予期せぬ事態が起こっているように思いますし、我が国の国会でも暴言や強行採決、献金疑惑など、いわゆる議会制民主主義を壊す究極のモラル喪失政権、モラルハザードと言われる事態が続いていると思います。  そしてまた、南スーダンへの自衛隊の派遣では、いよいよ戦後70年の平和を壊すような、戦闘で人を殺す、殺される事態の不安を抱えたままの派遣が実施されております。   もっと読む
2016-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-03月04日−03号 安倍首相の盟友の甘利前経済再生担当相が口ききによるあっせん利得の疑惑で辞任、高市総務相の放送介入発言、福島原発事故の被災者を傷つけた丸川環境相、歯舞諸島をはぼまいと読めなかった島尻沖縄・北方担当相、過去に女性の下着を盗んだとの疑惑の高木復興相、女性問題で辞職した安倍チルドレン宮崎前議員、オバマ米大統領を中傷した丸山参院議員など、次から次にというていたらくであります。   もっと読む
2012-03-05 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月05日−02号 教職員の不祥事防止につきましては、県教育委員会とともに機会あるごとに、飲酒・酒気帯び運転、体罰、セクハラ等、金銭疑惑、個人情報の流出の5つの絶無について、指導の徹底と校内研修会の実施など実効性のある取り組みを指示してきたところであります。  その中にあってこのたびの事案が発生したことにつきましては、子供たちや保護者の信頼を大きく裏切る行為であり、このことを重く受けとめ、心からおわびいたします。   もっと読む
2012-02-28 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-02月28日−01号 疑惑当事者となったときの説明責任の義務などについて規定しております。  また、議決すべき事件については、基本構想、基本計画、都市計画に関するマスタープランの3つの計画の策定、変更または廃止について、議決すべき事件として議会基本条例に規定しております。  また、議員定数及び議員報酬については、今後とも削減について検討することとしております。   もっと読む
2011-03-18 仙北市議会 平成23年  3月 定例会-03月18日−05号 御案内のとおり、本定例会開会日の施政報告で平成15年分から平成17年分の3年間にわたり、所得税の確定申告業務において、所得税還付金の不正受給疑惑が報告されました。昨年の国保調整交付金の不正受給問題から、とりわけ職員の法令遵守、意識を徹底していた矢先の事態であります。   もっと読む
2011-02-22 仙北市議会 平成23年  3月 定例会-02月22日−01号 昨年は国保普通調整交付金不正受給問題がようやく終結し、職員一丸となって再スタートを切った矢先、このような不名誉な疑惑が再度発覚してしまいました。市民、議会の皆様に大変な御心配をおかけしてしまい、深くおわびを申し上げます。  疑惑の全容解明と市民の信頼回復に向け、全力で取り組みますので、御指導をよろしくお願い申し上げます。   もっと読む
2010-06-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月04日−02号 沖縄米軍普天間基地問題で国外、県外の公約を踏みにじり、名護市に新基地を押しつけ、徳之島や本土にも訓練を分散する方針を決めたのは、まさに裏切りそのものであり、政治と金の問題も首相自身や小沢幹事長の疑惑などについて、何一つ国民への説明責任を果たしていません。さらに、暮らしの問題でも後期高齢者医療制度撤廃の先送り、抜け穴だらけの労働者派遣法改正案など、暮らしを踏みつける政治であります。 もっと読む
2009-06-24 能代市議会 平成21年  6月 定例会-06月24日−05号 罰するのが目的ではなく、議員が自己の地位と権限による影響力を不正に行使することを未然に防止するとともに、その職責に付随した疑惑が生じないようにしようとするものであります。  なぜ今提出なのか、ということでありますが、先ほども申し上げましたように、3回の審査請求がなされ、両論併記、良い悪いは別にして、市民の間にこれほど不満がそれこそ充満しています。 もっと読む
2009-06-12 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成21年  6月 定例会(第2回)-06月12日−03号 その意味において、公務をつかさどる職員は、市民の疑惑や不信を招くような行為を厳に慎み、高い倫理観を保持する必要があるものと考えております。  また、職員は地方公務員法並びに市条例により、その職務につき公正・公平を維持し、業務の遂行に努めなければならないものであり、職員の倫理感の保持は特別職、一般職を問わず、公正な市政運営のためには必要不可欠と認識しております。   もっと読む
2008-12-03 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成20年 12月 定例会(第4回)-12月03日−01号 3、議員は、自己の職責に反する言動をしたとの疑惑を持たれた場合は、その疑惑を解明し、その責任を明らかにするように努めなければならない。  4、市民は、みずからも市政を担い公共の利益を実現する責任を有することを自覚し、自己の利益を図る目的を持って、議員に対し、その地位と権限による影響力を不正に行使させるような働きかけを行ってはならない。  第3条であります。政治倫理基準の遵守であります。   もっと読む
2008-09-18 能代市議会 平成20年  9月 定例会-09月18日−04号 しかし、市との契約という相手のある契約なものですから、そこのところに住民が疑惑を抱いているわけなのです。住民が疑惑を抱くような契約をなるべく避けて公平・公正な、住民の目から納得できるような契約を進めていただきたいと思いますけれども、いかがでしょうかということと。   もっと読む
2008-09-16 能代市議会 平成20年  9月 定例会-09月16日−02号 秋田県内での公務員や教員等の採用試験に関しては、1次試験が通ればコネが物を言うなどといううわさ話や疑惑が後を絶ちませんでした。私たちは、何よりも不正が起きない公正な採用試験であることを望んでいるのです。  そこでお伺いいたします。 もっと読む
2008-09-10 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成20年  9月 定例会-09月10日−03号 しかし、依然として疑惑は晴れません。なぜかといいますと、ヨコメリが一括をして販売に出したとき、なぜ早く手を挙げなかったかということなんです。それがアイマールに渡ってから今日があるので疑惑が発生しているんです。 もっと読む
2008-03-10 能代市議会 平成20年  3月 定例会-03月10日−02号 ということは、ドラム缶疑惑がある限り危険性が長期になるかもしれないということです。遮水壁、揚水井戸、水処理施設などのハードの完成により処分場全体が囲われ、産廃物を封じ込めつつ、水処理ができるとのことですが、どのような遮水壁であっても完全というものではなくて、かつて豊島、田子町を訪問したときの専門家は、5%〜10%の漏水はあるだろうと話していました。 もっと読む
2008-02-08 能代市議会 平成20年  2月 臨時会-02月08日−02号 7月20日以降は市民への説明会も一切開かず、まちづくりを真剣に考える多くの市民の不安や疑惑は広がるばかりである。こうしたことから、4,266名の署名をもっての、まちづくり市民会議の直接請求は、能代市の将来、まちづくりを考えていく上でも、ぜひとも必要であると考え、賛成するものである、との意見があったのであります。  審査の結果、本案は賛成者少数で否決すべきものと決定いたしました。   もっと読む
2007-12-12 能代市議会 平成19年 12月 定例会-12月12日−04号 あと、対話についてですが、きのうも一般質問で対話について紛糾もございましたが、9月の一般質問で私は「イオンとの交渉はオープンにして情報提供をしていただきたい」と言ったのに対しまして、市長は「誤解とか疑惑だとかいろいろあるようでございますから、そういった面ではオープンにしたい」というふうなお答えをいただいております。 もっと読む
2007-12-10 能代市議会 平成19年 12月 定例会-12月10日−02号 1人の議員の疑惑は議会全体の疑惑であり、住民の厳しい視線が議会に注がれております。能代市が業者との契約における法的、倫理的根拠をお示ししてください。  次に、能代産業廃棄物処理センターについてお伺いいたします。能代産業廃棄物処理センターでは、秋田県が行政代執行で、第1・第2処分場に埋め立てられたドラム缶の処理をしており、間もなく作業が終了するとのことです。 もっと読む
2007-12-10 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成19年 12月 定例会-12月10日−03号 コンサルタント会社の吉田氏と緒方医師が計画的に策謀し、緒方医師の勤務放棄、コンサルタント料など契約後のことまで考慮された契約書を作成し、契約を急いだのではないかと疑惑を生じることであります。  また、前副市長とコンサルタント会社の吉田氏、緒方氏、西村氏、加藤兄弟との関係も調査できなかったことは大変残念であります。 もっと読む