373件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

4番目、危険空き家の実態は、市が各町内を通して調べていただいて報告させたものであります。住民は市に報告したので、市が危険回避の方策を進めてくれていると思っているのではないでしょうか。もしも人的・物的被害があったら、所有者の責任は当然ではありますが、市側の対処も問題にはなるのではないでしょうか。  (2)所有者の不明な場合の危険空き家について。  

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

これは確か町内からも要望されていると思うし、私、きょねんだかおととしだかも質問させていただいていますけれども、しかしあれはやっぱり早めにね対応しないと、事故があってからでは遅いんじゃないかという指摘もされています。これもちゃんと空欄のところへ書いてね、対策願うんだけれども、立ちくらみしたりして事故があったらどうするんですかという書き方です。

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

チャレンジデー当日は、運動教室などの市主催事業や市総合防災訓練を実施したほか、各町内独自で清掃活動、ラジオ体操やウオーキングなども行ったと報告を受けております。  引き続き、生涯スポーツ活動などを通し、健康寿命の延伸に向けた取り組みを進めてまいります。  ご協力いただいた市民、関係各位に対し、厚くお礼申し上げます。  次に、観光の状況についてであります。  

男鹿市議会 2018-03-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月02日−03号

それから、家庭系のごみの減量化、ごみ手数料の有料化について、今年度にこの減量のために各町内等で説明会等をやって、減量化に理解をしてほしいということでやりたいということですが、それはそれで必要なわけですが、市の方のこの行革から見れば、有料化を年度内にするということですが、有料化が効果的であると判断される場合、市民に理解を求めて有料化にしたいということですから、市民に相談しないで実施は今年度だと、平成

男鹿市議会 2018-03-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号

町内会長1人の意見っていうのはね、いわゆる町内を束ねてるから相当なご意見を持ってますよ。実態も把握してますよ。でも、それ以上の問題も結構私はあるんだということから、その拡大推進を要求する質問したわけですけども、この点についてもできればお答え願えればありがたいと思います。  それから、高齢者対策だけれども、在宅福祉事業だとかって三世代交流推進スポーツ、結構やってるのはわかる、わかります。

男鹿市議会 2017-12-18 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月18日−05号

第4点として、町内交付金制度と柴灯まつりの協賛金を町内へ依頼した考え方及び各種イベント等への協賛金のあり方について。  第5点として、公共工事の入札状況と落札結果について。  第6点として、介護保険事務費繰出金の実態及び公害対策費、雇用奨励金等の内容について。  第7点として、国民健康保険税引き下げの考えについて。  第8点として、市民所得の現状把握とその分析及び所得向上の具体策について。  

男鹿市議会 2017-12-07 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月07日−03号

特に私が取り上げたいのは騒音の問題でありますが、近くの住民が眠られないという、感じるほどの騒音の被害が今、私たちに寄せられておりますし、町内でも苦慮している状況であります。  こうした場合、いわゆる特にですけども、何かの変化で大型の風力でも、去年は問題が出ました。

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

農地が300ヘクタール以上ほどもある船越からは、このことについて、船越振興会、農地保全船越地区清流会、船越町内連合会、そして船越地区老人クラブ連合会の四者が連名で、特任の農業委員1名を任命することの要望書も市に提出されていたところでありますが、いまだに改善されていません。  私は、9月議会でもこの問題を取り上げました。

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

また、委員から、地域の実情を一番理解しているのは住民であり、有事の際に一義的に動くのは自治会町内になると思うため、行政サイドだけの計画や個人情報保護の問題ばかりにとらわれずに、必要に応じて地域との役割分担などの連携を図ることにより、効率的に動くことができるのではないかなどの意見がありました。  

男鹿市議会 2017-09-21 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月21日−05号

第2点として、高齢化、人口減少が進んでいる中での町内活動や環境整備に対する市のかかわり方について。  第3点目として、これまで土砂災害や浸水被害が発生した箇所の点検及びその後の対応策について。  第4点として、地域おこし協力隊を活用した事業内容と隊員の定住に向けた市の取り組みについて。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

また、防災ラジオによる情報提供につきましては、来年4月の運用を目指して事業を進めておりますが、その実施に当たっては各自治会町内などからのご意見を聞きながら、しっかりと対応してまいりたいと考えています。  次に、②です。昨年改正され、各家庭に全戸配布された防災マップの活用は十分なのかというご質問でありました。  

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

福祉を軸にした地域づくりに取り組む考えについてですけれども、これについては、今行われている地域支援事業とか、そういうふうなほうに移行するための拠点づくりなのではなくて、もともと福祉の拠点といいますか、例えば公民館であったり、もっと小さく言えば自治会とか、町内とか、そういうふうな感じになるのでしょうけれども、そういう身近なところで自分たちの福祉に関係する部分が考えられていく、お互いさまづくりというか

男鹿市議会 2017-09-06 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号

まず、通学路の街灯整備についてでありますが、街灯を新たに設置する場合、市では支所や出張所を通して各地区に整備台数を割り当てし、各町内から要望に対応しております。  今年度は、28基を各地区に割り当てしておりますが、設置費用に対し、1基当たり2万5千円を市で助成し、残額につきましては、設置された町内から負担していただいております。  

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

質問の2点目は、町内活動への交付金制度についてであります。  地域の創生や活性化の一環としても、停滞ぎみの市内各地町内の活動支援に行政の果たす役割は大きいものがあると思います。  そこで1項めとして、まず、今ある町内向け各種交付金の政策的な背景の考え方について、それぞれ具体的に内容を伺うものです。  2項目めとして、交付金制度の改廃などについてであります。  

男鹿市議会 2017-09-01 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号

次に、「株式会社風の王国・男鹿」が船越字一向地内で実施している風力発電事業に伴う、船越地区におけるテレビ電波の受信障害についてでありますが、先月4日、テレビ電波受信障害への対応等に関して、発電事業者と船越町内連合会との間で協定締結されております。  協定においては、受信障害対策として、発電事業者が、受信障害対策中継局の設置、戸別のアンテナ調整等による改善を行うこと等が定められております。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

多くの町内には、ごみ集積所、いわゆるごみステーションがあり、その管理を町内が担っています。そして、その施設公共的な要素があり、町内が設置したものであれ、町内会費を納めている会員に限らず、非会員も使用しております。使用してもよいわけですが、ごみの分別排出など、ごみを出す場合の決められたルールに従わない方々がいることに、各町内は苦慮しているものであります。