89件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

農家人口が減少しているということが原因で農業用水路の維持管理が厳しいと、厳しくなっていると、そのために多面的機能支払交付金、これを利用して修理や維持管理をしていると、しかしながら、この多面的機能支払交付金事業に加盟していない場合は土地改良事業の予算が少ないということもあって修理されずに農地は荒廃していくと、本市ではこの事業に加盟できていない地区をどうにか救済できないものかなと思っています。

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

農地被害では、法面崩落、畦畔崩落等が13カ所、農業施設被害では、農道路肩崩落、農業用水路埋塞等24カ所があったほか、水稲育苗用パイプハウスが全壊1棟、半壊1棟の被害がありました。  林道施設では、山腹崩落1カ所、路盤材流出2カ所となっております。  漁港施設では、門前漁港、加茂漁港、湯之尻漁港で、泊地への土砂堆積を確認しております。  

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

11款1項2目農業施設災害復旧費の705農業施設災害復旧事業304万5,000円は、用水路などの土砂等撤去委託料のほか、被災した農業施設3カ所について、国庫補助採択に係る災害査定設計工事費を算定するための実施設委託料です。  3目林業施設災害復旧費の705林業施設災害復旧事業50万円は、被災した林道の土砂等撤去委託料などです。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

用排水路が土側溝のため、農道用水路の管理や用水の無駄など整備がおくれ、行き届かないため、適切な水管理等に時間を要することから、地域の担い手への集積が進まないのが実情であります。生産費や土地改良区賦課金等の軽減や管理時間の短縮など、担い手に集積するにも、このことは解決しなければならない重要な課題であります。  

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

発電所は、かんがい排水事業の幹線用水路における急斜面の落差を利用し発電するもので、1990年、平成2年より稼働しております。小水力発電の売電収入土地改良施設の維持管理費の軽減を図るとともに、農産物の生産コストを引き下げ、農家の経営に寄与することを目的に設置されました。

鹿角市議会 2017-05-22 平成29年第3回定例会(第2号 5月22日)

大堰は先ほど市長が言われましたとおり、かんがい用水路や防火用水路としての役目を果たしております。本事業の目的はそれらの維持のための老朽化対応の工事ではあると思いますが、花輪大堰は、地域にとっては長い歴史と趣を形に残す守るべき景観でもあると思いますが、景観保存の計画は盛り込まれるのかお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2016-12-12 平成28年第7回定例会(第2号12月12日)

流入路の外側には、改めて側道や用水路を整備し直すため、その移設部分の土地購入費等を今定例会に提案いたしております。  また、工事費用の負担については、高速道路区域内は東日本高速道路株式会社高速道路区域を拡張する部分と区域外については市という役割分担を想定しておりますが、2月に予定している協定締結までに正式に決定いたします。  

男鹿市議会 2016-09-06 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月06日−02号

なお、市では独自に公共用水路の水質を把握するため、船川港湾区域及び各漁港、計11カ所の海域において、年4回、生活環境項目の水質調査を実施しております。  平成27年度の調査では、海域の水質汚濁の指標である科学酸素要求量CODが脇本漁港など4カ所で、時期により環境基準を超過しておりますが、年間平均値では、いずれも環境基準内の水質となっております。  次に、漁業への影響についてであります。  

由利本荘市議会 2016-09-01 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月01日−04号

議案第140号一般会計補正予算(第7号)についてでありますが、補正の主な内容といたしましては、総務費では、台風9号の影響により、旧前郷小学校敷地ののり面が崩壊したため、その復旧に要する経費などを追加、農林水産業費では、台風7号や台風9号の影響により、畦畔崩落や農業用水路決壊などの災害が発生したため、被災した農家を支援するための補助金を追加、商工費では、NHK大河ドラマ「真田丸」出演者による観光PRイベント

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

教育長(佐々田亨三君) 再質問にお答えいたしますが、具体的にここの堤、私も長年体験してきているんですが、まず農業用水路のつけかえなども、やはりすぐ必要になってくるのではないかなと。それから盛り土だとか芝張りだとか、そういう、一つコースをちょっと広げることによってさまざまな、すぐ次に打たなければならないことが待っているようなことが一つあります。

由利本荘市議会 2015-12-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月03日−02号

旧西目町では、合併前の1989年より農業用水路の落差を利用した小水力発電所が稼働しており、風力発電は計画しているのも含めれば、日本でも有数のものになるでしょう。それに太陽光、熱、地熱や、あるいは畜産林業など、地域産業と結んだバイオマスエネルギーなどはまさに地域に固有のエネルギー源であります。また、雇用などは可能な限り地元雇用を維持すべきであります。観光面ではいかがお考えでしょうか。

鹿角市議会 2015-09-28 平成27年第6回定例会(第4号 9月28日)

このシステムは、暗渠を用水路と排水路につなぎ、排水側に地下水位調節器を設置し、大豆、サトイモ、ネギ等作物の好む水位に調整することで、生産性の向上と高収益農業を目指していくものであり、転作という部分も含めた形の対策事業である。今回導入予定地区は永田地区であり、今後は末広地区圃場整備でも導入予定であるとの答弁がなされております。  

男鹿市議会 2015-09-04 男鹿市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月04日−03号

次に、脇本樽沢地区の渡部土地改良区関連の用水路の管理については、渡部土地改良区では使用権限は既に放棄している。該当する地区の樽沢町内会では、使用権を受けた覚えはないと。文書もないということで、食い違いがあるということで前の議会の答弁にもあったんですが、今どういうふうな話し合いになっているのか、まずお知らせしていただきたいと思います。  

北秋田市議会 2015-06-03 平成27年  6月 定例会-06月03日−02号

設置例といたしましては、用水路の落差工、上流水路と下流水路の高低差、パイプラインの落差利用など、急流な勾配の箇所であれば設置可能となっておりますが、その前段として導入の可能性を検討するための小水力発電整備事業計画の作成が必要であるほか、土地改良区等が管理する施設であって、適正な維持管理が見込まれることが条件となっております。補助率は国が50%、県が25%、地元が25%となっております。  

鹿角市議会 2014-09-17 平成26年第5回定例会(第3号 9月17日)

県の管理箇所の災害復旧にかかわる県との調整協議についてでありますが、頭首工や河川護岸と接する用水路といった農業施設が被災した際には県と市がそれぞれ現場を確認し、管理区分等協議した上で所管の復旧事業を進めております。また、被害が拡大した場合には双方で協議しながら必要に応じて仮設工事を実施した後、本復旧工事についても被災状況や管理区分等に応じて協議を行っております。

鹿角市議会 2014-09-16 平成26年第5回定例会(第2号 9月16日)

これまでに何回となく改良・改善が図られて、今日活用されていると思いますが、花輪地区の水田の最も重要な農業用水路として位置づけられております。また、生活面からも大事な水路でもあります。米代川から取水して活用しておりますが、近年の災害状況から部分的にも補修・改善が早急に必要ではないのかと感じております。  

男鹿市議会 2014-09-10 男鹿市議会 会議録 平成26年  9月 定例会-09月10日−03号

6点目は、脇本樽沢地区内土地改良区用水路に関してであります。  この件も6月の議会質問させていただきましたが、市長、副市長からは、滞水と悪臭の現状はそのとおりなので、渡部土地改良区と樽沢町内会との双方との現地立ち会いを先にさせていただきたい、こういう旨の答弁がありました。