19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

能代市議会 2020-12-07 12月07日-02号

このような中、国内企業において浮体式設備向け浮体構造開発が進められており、また、国立研究開発法人エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)では、浮体式洋上風力発電システムの低コスト化に向け、実証研究が続けられております。 再エネ海域利用法では、一定の基準に適合する海域促進区域として国が指定することを定めております。

能代市議会 2020-09-08 09月08日-03号

次に、水素による大規模発電実現を当市のムーンショットとするべきではないのかについてでありますが、令和2年2月には、出力変動の大きい再生可能エネルギー電気を利用した世界最大級水素製造施設福島県浪江町に完成し、国立研究開発法人エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)などにより、クリーンで低コストである水素製造技術の確立を目指し研究が進められております。

由利本荘市議会 2018-03-05 03月05日-02号

市が所有する岩城風力発電所につきましては、平成11年度に新エネルギー産業技術総合開発機構との共同研究事業としてスタートし、平成14年11月に稼働いたしました。耐用年数は17年、固定価格買取制度による認定期間は20年であります。 本施設は、道の駅岩城エリアに位置し、温泉施設を初め、ウエーブ岩城等にも電気を供給するとともに、余剰分を東北電力へ売電しております。 

能代市議会 2014-12-15 12月15日-02号

2つ目は、独立行政法人エネルギー産業技術総合開発機構共同研究実証事業として募集した洋上風況観測技術開発において、大森建設株式会社株式会社大林組共同風況観測浮体による観測手法開発等に取り組んでおります。 3つ目は、資源エネルギー庁の新エネルギー等共通基盤整備促進事業に風の松原自然エネルギー株式会社構成会社へ市が応募を要請したところ採択されました。

能代市議会 2013-12-10 12月10日-03号

福島県の場合には、いろいろな企業が入ってコンソーシアムという形で進めているわけなのですけれども、着床式を今後政府が、確かに新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)で実験等をやっておりますけれども、先ほどお話したように、北九州だとか銚子とかでやっておりますけれども、着床式よりも浮体式のような大型のものにシフトしていこうと、それで商業化を進めるといいますから、そういう企業を育てていくための一つの大

北秋田市議会 2011-06-20 06月20日-02号

NEDO、ご案内のとおり、新エネルギー産業技術総合開発機構でありますが、ここが作成をした風況マップ等を参考にしますと、北秋田市でこれらを満たす場所としては森吉山スキー場が考えられますが、森吉山県立自然公園であることから、設置が可能かという問題もありますし、生態系、騒音、景観等も含め調査検討が必要であります。 

男鹿市議会 2009-12-08 12月08日-04号

現在、独立行政法人エネルギー産業技術総合開発機構が、コスト発電効果など、海洋エネルギー発電技術技術革新による課題克服を目指し、公募方式で大学などで基礎研究を委託しております。また、民間では、三井造船、出光興産、日本風力開発の3社が合同で波力発電所建設を計画しており、2012年にも太平洋側沿岸域での実証実験を目指すと発表しております。

仙北市議会 2007-12-10 12月10日-02号

予算的には新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の方からの100%補助というような中で策定されたエネルギービジョンでありますけれども、仙北市においては本当に可能性は無数にあると思います。 この新エネルギーについて実践している岩手の葛巻町はかなりそのことが有名になってというか、まずそのことで町を訪れる方がかなりふえているというような町でありますが、皆さん御存じのとおりだと思います。

能代市議会 2002-06-01 06月25日-05号

審査の過程において、能代地域エネルギービジョン策定計画方向性に触れられ、当局から、能代地域エネルギービジョン策定等事業は、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)の補助事業で、策定委員会庁内検討委員会を設置し、初期段階調査として、エネルギー需要導入可能性のあるエネルギーシステムに係る基礎データの収集を行い、地域エネルギービジョン策定調査として、地域特性を考慮した新エネルギー

能代市議会 2002-06-01 06月12日-01号

次に、能代地域エネルギービジョン策定等事業についてでありますが、この事業は、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)からの補助金を活用して実施するもので、能代地域における自然条件環境条件等現況調査や新エネルギー賦存量推計調査などの各種調査・分析を行い、本市における特性を考慮しながら、既に実施している風力発電建設中のバイオマス発電を含め、クリーンエネルギー、新エネルギー発信基地としての

鹿角市議会 1997-12-18 平成 9年第7回定例会(第4号12月18日)

さらに、高齢社会との関連などで、将来性のある福祉機器関連製造企業誘致について、新エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)から情報提供を得るなど、企業誘致には積極的に取り組むよう意見が述べられております。  次に、地熱熱水利用施設費園芸実証事業について、実証栽培が行われているパッションフルーツ採算性及び栽培継続の考え方についてただしております。  

鹿角市議会 1997-06-16 平成 9年第4回定例会(第2号 6月16日)

エネルギー産業技術総合開発機構(NEDO)では、生活大国実現が国の目標となり、一方では急速な高齢化が進んでおりますので、障害者高齢者にやさしい社会実現に向けて福祉用具への期待が高まっていることから、福祉用具実用化研究開発産業化を目指して開発に取り組もうとする事業者への助成や開発に必要な情報を提供するなどのコンサルティングを行っております。

  • 1