69件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

能代市議会 2017-12-12 12月12日-03号

また、県においては、28年9月に産学連携もと秋田水素コンソーシアムを立ち上げ、水素に関する取り組みを円滑に進めていくとしており、本市も会員として参画しております。 本市では、風力発電を中心とした再生可能エネルギー事業が進められ、今後も大規模な事業が計画されておりますが、一方で系統連系不足等の課題が顕在化し、導入促進の鈍化も懸念されております。 

鹿角市議会 2015-09-15 平成27年第6回定例会(第2号 9月15日)

このように、薬草栽培は、除草や収穫に要する労力設備投資などの費用負担が大きく、産学連携取り組みによって解決できる要素も見出せないことから、現段階では非常に困難な取り組みであると判断しております。  参考までに、三郷町、八峰町、それから三種町をちょっと調べてみましたが、先ほどの理由によりまだ実証段階という状況です。

鹿角市議会 2015-06-11 平成27年第4回定例会(第2号 6月11日)

産学連携による製品開発改善が必要になっています。その取り組みをすべきと考えるが、市の考えを伺います。 ○議長田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  今地元企業への支援あるいはさっきも観光のいろいろお話を伺っての質問だというお話ありましたけども、行政としても、むしろ議員さんよりは行政としていろんなお話は伺っております。

能代市議会 2015-06-08 06月08日-02号

この公民連携手法構築には、紫波町も長い時間と労力を要し、それこそ産学連携が欠かせなかったようです。激しい人口減少の流れの中で、悠長に構えてはいられません。地方版総合戦略策定同時進行で、紫波町オガールプロジェクトを模倣とする公民連携手法構築に総力を挙げて取り組むべきであると提案しますが、市長のお考えをお聞かせください。 3、市職員経営意識養成システム

由利本荘市議会 2015-03-04 03月04日-02号

目標達成に向けた市の施策につきましては、輸送機産業などの新分野への参入支援産学連携による新事業創出促進などにより、重層的な産業構造構築を盛り込んでおります。 製造業を取り巻く環境は、さまざまな要因により変化いたしますが、このような分析をもと目標値を設定したものでありますので、御理解をお願いいたします。 次に、(2)住民参加を基本にした「地域包括ケアシステム」の構築考えは。

由利本荘市議会 2013-05-15 05月15日-01号

地域企業は、地域の新産業創造を実現する原動力であり、市工業振興ビジョン並びに定住自立圏構想共生ビジョンに示したものづくり人材育成実践技術経営力強化企業間連携実践企業立地推進、そして産学連携実践強化に向けた施策事業を展開してまいります。 雇用対策については、県の基金を活用した緊急雇用創出事業により、今年度20事業を実施し、68名が雇用されることになっております。 

北秋田市議会 2012-12-06 12月06日-02号

地域振興局各種団体連携による地場産業育成の現状と展望のご質問でありますが、市では一昨年、秋田大学や秋田県立大学秋田公立美術工芸短期大学北秋田地域振興局北秋田市商工会、さらには珪藻土関連企業の参画をいただいて、北秋田珪藻土等地域資源活用検討会を立ち上げ、産学連携により珪藻土活用した商品開発取り組み、さらなる連携先として市内縫製企業で組織する協同組合と協議した結果、珪藻土を使った冷却用品

仙北市議会 2012-02-28 02月28日-01号

また、市内には小水力エネルギーとして活用可能な地点が数多く存在していることに着目し、産学連携によりエネルギー地産地消と産業振興の観点から調査研究を行う奥羽山系仙北平野水資源調査研究会が先ごろ設立されています。会長としても、また仙北市としても積極的な取り組みを進めます。 電気自動車関連については、秋田県が行った次世代自動車実証実験で使用した充電器等ハード設備のほとんどが市に譲渡される予定です。

鹿角市議会 2012-02-24 平成24年第1回定例会(第1号 2月24日)

特に製造業分野においては産学連携企業間連携による共同開発を促進し、技術開発力強化と一体的なものづくり体制の確立を図ってまいります。また、かづの産業見合市の充実を図るとともに、地域資源ブランド化に取り組む事業者に対する商品開発助成首都圏バイヤーとの商談会の開催など、販路の拡大を支援してまいります。