運営者 Bitlet 姉妹サービス
24件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2
日付議会議事録名議事録内容
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 次に、国保税差し押さえの実態はについてでありますが、昨年度の差し押さえ徴収件数は270件、差し押さえ徴収額は1217万9000円であり、その内訳の主なものは、預貯金460万7000円、生命保険解約返戻金等159万4000円となっております。  差し押さえに当たっては、事前に納税コールにより納税相談の機会を確保することとしておりますが、全く連絡や相談がない場合には財産調査を行うこととしております。 もっと読む
2012-09-26 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月26日−05号 また、差し押さえの状況については、債権の差し押さえで、給与、預貯金、生命保険等が118件で1千954万1千543円、所得税の還付金が115件で334万3千935円、動産が12件の57点で39万1千624円、不動産が1件で250万円、裁判所への交付要求が4件で116万1千563円の換価による市税への配当があったものである。   もっと読む
2012-06-01 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成24年  6月 定例会-06月01日−03号 大手生命保険会社系列のニッセイ研究所の推計では、死後4日以上経過して遺体が見つかった65歳以上の高齢者は年間1万5,600人にも上り、毎日約40人の人が誰にもみとられることもなく息を引き取る社会は普通ではありません。  1月、札幌市の例、40代姉妹の死は行政の対応の不備がもたらした悲劇であります。 もっと読む
2011-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月04日−02号 中でも、長期高額滞納者に対しては、預貯金や生命保険のほか、車両や大型液晶テレビ等動産の差し押さえも行うなど、従来に増して滞納処分に取り組んでおり、今後もこの体制を強化していきたいと考えております。   もっと読む
2010-12-07 鹿角市議会 平成22年第7回定例会(第2号12月 7日) ○総務部長(木村忠好君) 滞納の生命保険等、学資保険とかそういう部分についてということでございますが、これらの保険を含めまして生命保険類の差し押さえの実績は当市ではございません。 ○議長(黒澤一夫君) 遠藤浩二君。 ○1番(遠藤浩二君) ありがとうございます。ぜひ、私自身としては今後もそうあってほしいと思っておりますので、重ねてよろしくお願いいたします。   もっと読む
2010-12-07 鹿角市議会 平成22年第7回定例会(第2号12月 7日) ○総務部長(木村忠好君) 滞納の生命保険等、学資保険とかそういう部分についてということでございますが、これらの保険を含めまして生命保険類の差し押さえの実績は当市ではございません。 ○議長(黒澤一夫君) 遠藤浩二君。 ○1番(遠藤浩二君) ありがとうございます。ぜひ、私自身としては今後もそうあってほしいと思っておりますので、重ねてよろしくお願いいたします。   もっと読む
2010-09-08 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成22年  9月 定例会-09月08日−04号 本市で借入れしている旧資金運用部資金、旧簡易生命保険資金、旧公営企業金融公庫資金のうち、年利5パーセント以上の市債については、公的資金保証金免除繰上償還制度を活用し、平成19年度には1千10万円を借り換えし、利子軽減額69万円、平成20年度には6千540万円を借り換えし、利子軽減額571万円、平成21年度には2億4千810万円を借り換えし、利子軽減額3千357万円で、借換額の総額では3億2千360万円 もっと読む
2010-06-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成22年  6月 定例会(第2回)-06月07日−03号 保険といえば生命保険や火災保険しか頭にはない時代でした。混乱も、もちろん多くありました。私はこの当時、福祉の現場で働いておりましたが、この介護保険制度の説明をするとよく聞かれたことは、「満期は何年か」、「自分はこの保険には入らない」、「ここの老人クラブでは全員入らないことに決めた」こうした声に対して説明をして回ったものでした。  また、当時の小泉純一郎厚生大臣は横文字がお嫌いでした。 もっと読む
2010-04-30 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成22年  4月 臨時会-04月30日−01号 2点目として、生命保険料控除額の改組により、新たに介護医療保険料控除を創設。一般生命保険料控除、個人年金保険料控除の、それぞれの適用限度額を2万8千円として、平成25年度分以後の適用としたこと。3点目として、平成22年10月1日からたばこ税の税率が改正され、1本当たり3.5円引き上げされたこと。 もっと読む
2009-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成21年  9月 定例会-09月03日−02号 一方、申請却下につきましては、預貯金の取り崩しや生命保険等を解約することなどで国の定める最低生活費の基準を超えることになり、生活維持可能と判定されたものであります。  次に、市で行っている減免申請受付についてでありますが、市営住宅の家賃につきましては、これまで減免申請の実績はないものであります。 もっと読む
2009-03-06 仙北市議会 平成21年  2月 定例会-03月06日−04号 一方、障害者のほうにつきましては、貸し付けの利率については財政融資資金、簡易生命保険特別会計積立金、資料公募資金、共済等縁故資金及び銀行等縁故資金の貸付利率ということが障害のほうでございまして、高齢者のほうについては財政融資資金、簡易生命保険特別会計積立金、郵便貯金資金及び銀行縁故資金の貸付率というふうになってございます。 もっと読む
2008-06-24 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成20年  6月 定例会(第2回)-06月24日−04号 内訳では、公的資金補償金免除繰上償還借換債が、公営企業金融公庫資金の借入利率5ないし7%、4,300万円、旧簡易生命保険資金の利率7%以上、1,110万円、旧資金運用部資金の利率6ないし7%、3億7,080万円。合計で4億2,490万円を見込み、9月と3月の指定償還日に償還しようとするもので、利率の変動はあるものの、現時点の借入利率1.3%で試算した場合の利子分軽減額は6,800万円ほど。   もっと読む
2008-03-04 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成20年  3月 定例会(第1回)-03月04日−02号 残債の全額が繰上償還の承認を受けた場合、本市の普通会計では旧資金運用部資金約5億8,800万円、旧簡易生命保険資金約4,800万円、公営企業金融公庫資金約4,300万円、総額で約6億7,900万円の繰上償還となる見込みであります。   もっと読む
2006-03-17 仙北市議会 平成18年  2月 定例会-03月17日−09号 ひどいのは生命保険を解約して、これを回さなきゃならんという人も現実にいます。そうすると、解約するわけですから、万が一の場合、その人は何もありません。無一文なんですね。現実にそういう人がいっぱいいます。こういうところまで行っていると思うんですよ。   もっと読む
2005-09-28 仙北市議会 平成17年  9月 臨時会-09月28日−02号 御承知のとおり生命保険だとか、病気したときにお金をもらう保険とかではなくて、あくまでも国が福祉制度、高齢者福祉を支えていくための保険であるというふうなことを御認識にならないのかどうか。そういうふうな認識の観点に立つならば、なぜ湯沢市の市長、そして旧協和町町長、当時の神岡町長、そして西仙北町長が2分の1なり3分の1の助成をすることに踏み切ったのかおのずとわかってくると思います。 もっと読む
2001-12-13 鹿角市議会 平成13年第6回定例会(第3号12月13日) まだ男神地区の部分は残っていますけれども、そのとき言われたことは、身体生命にかかわるようなことがあった場合のことを含めて生命保険を掛けなさいと。で、掛けているんです。もし一たん事故が起きた場合に、その財産を新しい新土地改良区に引き継がないとすれば、だれがそれを生命保険掛けたりあるいは責任を負うかというようなことが大きな課題になっているわけです。   もっと読む
2001-12-13 鹿角市議会 平成13年第6回定例会(第3号12月13日) まだ男神地区の部分は残っていますけれども、そのとき言われたことは、身体生命にかかわるようなことがあった場合のことを含めて生命保険を掛けなさいと。で、掛けているんです。もし一たん事故が起きた場合に、その財産を新しい新土地改良区に引き継がないとすれば、だれがそれを生命保険掛けたりあるいは責任を負うかというようなことが大きな課題になっているわけです。   もっと読む
2000-12-12 鹿角市議会 平成12年第7回定例会(第3号12月12日) しかしながら、国庫補助事業を活用して設置した施設なるがゆえの制約、家主である千代田生命保険相互会社に対する賃借料や株式会社東邦興産とのレストラン及びショップの運営業務委託契約にかかわるテナント料の金額の設定など管理運営経費等に課題を抱えているのも事実でございます。 もっと読む
2000-12-12 鹿角市議会 平成12年第7回定例会(第3号12月12日) しかしながら、国庫補助事業を活用して設置した施設なるがゆえの制約、家主である千代田生命保険相互会社に対する賃借料や株式会社東邦興産とのレストラン及びショップの運営業務委託契約にかかわるテナント料の金額の設定など管理運営経費等に課題を抱えているのも事実でございます。 もっと読む
1997-12-17 能代市議会 平成 9年 12月 定例会-12月17日−05号 審査の過程において、平成二年三月に締結された三井生命保険相互会社との覚書では、購入の最終年度が平成十一年度末になっていることから、この購入期限より早く購入することになったことについて触れられ、当局から、現在は起債の利率が低く、県からも起債適用の関係から継続的に購入するよう指導があったほか、現在の借地の状態では施設整備にも制限があり、今後環境整備を進めていくためにも、早期に購入しようとするものである、 もっと読む
  • 1
  • 2