146件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2014-06-17 鹿角市議会 平成26年第4回定例会(第3号 6月17日) このほかにも地域生活支援事業の中で実施されている移動支援において、利用者の障害程度に応じて代読や代筆などの支援が行われているほか、聴覚、言語機能、音声機能などの障害により意思疎通を図ることが困難な方に対しては点訳、代筆、代読、音声訳などの意思疎通支援が行われており、県大館福祉環境所属の手話通訳者の派遣を受けて実施しております。   もっと読む
2014-03-06 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成26年  3月 定例会-03月06日−03号 現在、市の組織機構は、合併以降、本荘総合支所の廃止、市民環境と福祉保健部の統合などはあったものの、ほとんど変わっていないといった状況にあります。  この10年近く、予想を超える人口減少、急激な少子高齢化の進行、市職員の減など、市政を取り巻く状況は大きく変わってきております。もちろん、事務量や事務手続においてもそうであります。 もっと読む
2013-05-30 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-05月30日−02号 昨年12月には鳥海山麓周遊観光促進のための県道及び祓川山荘の整備について、私が直接知事に要望を行い、また、ことし2月には県の担当である観光文化スポーツ部、生活環境の両部長と直接面談をし、鳥海山観光に対する私の思いを伝えたところであります。   もっと読む
2012-05-02 仙北市議会 平成24年  5月 臨時会-05月02日−01号 なお、4月23日から大仙市で受け入れが開始されていますけれども、これに先立つ4月17日、県生活環境次長より、大仙市の搬出ルートが国道46号及び105号を経由することになったこと、そのため仙北市内を通過することについて報告を受けています。市としては、瓦れきの飛散防止と交通安全に十分注意をしていただくことの2点について申し入れをしています。   もっと読む
2012-03-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成24年  3月 定例会-03月07日−04号 今回の原発事故を受けて県の環境でやっている出前講座に行ったときの話で、1960年代から現在までで、この秋田県で一番放射線量が多かった3つの山があります。1つが1964年ころのロシアと中国が核実験をやったとき。それから、1986年のチェルノブイリの事故。それから、今回の福島県の事故。この3つの突出した大きい山があります。 もっと読む
2011-12-07 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成23年 12月 定例会-12月07日−03号 長谷部市長が誕生された平成21年の6月に、県庁から2年の約束で村上健司氏が就任され、ことしの3月末をもって退任され、生活環境県民文化政策課長として県に復職をされました。後任の副市長として、毎日新聞社の元編集局次長の渡部慶一氏が就任されました。しかし、健康上の理由から8月末日をもって退任されております。 もっと読む
2011-09-07 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月07日−02号 次に、西部承水路の堆積土砂についてでありますが、秋田県生活環境によりますと、環境対策としての西部承水路のしゅんせつについては、平成24年度に策定する第2期八郎湖に係る湖沼水質保全計画の中で検討すると伺っております。市としましても、八郎湖水質対策連絡協議会において、しゅんせつを要望してまいります。  ご質問の第4点は、教育行政についてであります。   もっと読む
2010-06-14 能代市議会 平成22年  6月 定例会-06月14日−02号 能代との合併の際には、住民からの強い要望で二ツ井町庁舎として残され、当時の環境、教育委員会、農業委員会が入り、ほぼ合併前と同数の職員が勤務しておりました。しかし、3年後には環境が本庁に戻り、住民は今後どうなるのだろうかと一抹の不安を抱いたものでした。 もっと読む
2010-03-19 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成22年  3月 定例会(第1回)-03月19日−05号 主な改正内容は、市長部局において現行の7部制から、市民環境と福祉保健部を統合し市民福祉部に、行政改革推進本部が総務部に編入し、課等においては整理統合され6部制になるもので、関係条例の一部を改正し、平成22年度から施行しようとするものであります。   もっと読む
2009-06-17 能代市議会 平成21年  6月 定例会-06月17日−04号 組織・機構に関しましては、これまで環境と産業振興部を統合するなどの見直しにより、組織を大くくり化し、柔軟に業務を執行できる体制としてまいりました。また、能代マネジメントシステムにおいては、少ないコストと短い時間で市民サービスを提供するため、むだ・むら・無理をなくす業務改善活動を続けており、これらの取り組みは一定の効果を上げているものと考えております。   もっと読む
2009-03-19 能代市議会 平成21年  3月 定例会-03月19日−06号 審査の過程において、庁舎営繕費に関し、機構改革に伴う執務室の変更点について触れられ、当局から、環境が旧国体室に、子育て支援課が環境衛生課能代分室に移動し、福祉課が現在の子育て支援課の場所も含めて使用することとしている。今回の補正では、それらの移動に伴う電気設備、壁撤去等の修繕料を計上している。この変更の周知については、市の広報等により行うこととしている、との答弁があったのであります。   もっと読む
2008-12-17 能代市議会 平成20年 12月 定例会-12月17日−05号 審査の過程において、環境と産業振興部を統合することにより、どのような効率化が図られるのか、また、経済的影響で数値で表せるものがあるか、との質疑があり、当局から、環境産業部が本庁舎に配置されることにより、決裁等のために二ツ井、能代間の往復移動がなくなり、政策的決定が早くなる。経済的影響は調べていないが、二ツ井地域での飲食、買い物などが若干減少すると考えられる、との答弁があったのであります。   もっと読む
2008-12-10 能代市議会 平成20年 12月 定例会-12月10日−04号 ただ、今お話がありましたとおり、これから先の話でありますけれども、では二ツ井にそういう環境が今まであった機能がなくていいかというと、町全体で考えましてもやはり必要なことも当然あります。ですから、そういう機能をどう生かしていくか。 もっと読む
2008-12-03 能代市議会 平成20年 12月 定例会-12月03日−01号 この対応として、職員1人の事務処理量は限られていることから、組織面での効率化を図るため、19年度では上下水道部と建設部を統合して都市整備部とし、この後、環境と産業振興部の統合を予定しているほか、管理職部門を少なくし、実務に従事する職員の確保を進めるなど、職員研修の充実や行革の一環である5S活動としての事務の点検等も含め、少ない職員数でも適切に事務が遂行できるよう努めたい、との答弁があったのであります もっと読む
2008-03-11 鹿角市議会 平成20年第2回定例会(第3号 3月11日) また、昨年6月に鹿角地域住民が地元で安定した医療サービスを受けられるよう、地域医療環境の充実に関する事項について協議を行うことを目的として、大館福祉環境、鹿角市鹿角郡医師会、鹿角の医療と福祉を考える市民町民の会などをメンバーとする鹿角地域医療環境整備懇談会を設立しておりますが、これまでに2回懇談会を開催しております。   もっと読む
2007-12-21 能代市議会 平成19年 12月 定例会-12月21日−06号 また、さきに議会に示されていた5部1局体制の素案が6部1局体制に変更された経緯と、今後の対応について触れられ、当局から、当初、環境と産業振興部の統合も想定したが、環境としての施策推進のあり方や二ツ井町庁舎の職員数の確保、合併時の協議内容や地域協議会での議論のほか地元の不安解消なども踏まえ、総合的に検討した結果、もう1年は二ツ井町庁舎に環境を残しその後に統合することにしたものである、との答弁がありましたが もっと読む
2007-12-12 能代市議会 平成19年 12月 定例会-12月12日−04号 これが最終案でないにしろ、合併協議に基づき新設した環境を産業振興部と統合する組織体制を提案してくるに当たり、車のガソリン代等かかる経費の負担増の説明には、逼迫している市の財政状況を考慮し、効率的な事務遂行のために合併協議を踏まえ、二ツ井庁舎に環境を配置した経緯には、かなり腹をくくったのだなと思っておりました。 もっと読む
2007-12-05 能代市議会 平成19年 12月 定例会-12月05日−01号 また、衛生費に関し、18年度に新設された環境の主な取り組みについて触れられ、当局から、旧二ツ井町で取り組んでいたゼオライトと木炭を混ぜた水質浄化濾剤について継続して研究しているが、19年度に策定するバイオマスタウン構想に盛り込むことで、国の支援対象になるよう検討を進めている。 もっと読む
2007-09-10 能代市議会 平成19年  9月 定例会-09月10日−02号 初めに、新市建設計画と総合計画についてのうち、環境設置と環境政策重視の位置づけは、についてでありますが、新市建設計画は合併後10年間の新しいまちづくりの基本方針、まちづくりの方向性を示したものであり、その後の状況の変化等は別といたしまして、できるだけ尊重しなければならないものと受けとめております。 もっと読む
2007-06-12 能代市議会 平成19年  6月 定例会-06月12日−03号 自然環境の問題は環境です。全体の計画はじゃ企画市民部です、とおっしゃいますと、今これから全体計画をしていこうとしたときに、じゃどこが窓口なのかよくわからない。そうなった場合に、やはり大きな政策課題だとしたら、一つのそういう専門の部会か何か必要になっていくのかなというふうに思うのですね。森林計画は国・県で多分5年ごとに出している。 もっと読む