20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

森林環境によって森林整備に地域の安定的な財源が確保されることは、さまざまな森林公益的機能の発揮を通じて地域住民や国民全体の安全安心の確保につながるとともに、地域の安定的な雇用の創出など、地域活性化にも大きく寄与するものと期待しております。そこでお伺いいたします。  本市においてはこの制度の運用をどのように行っていくのか。森林所有者への意向調査など、今後のスケジュールや対象面積などを伺います。

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

次に、森林環境森林環境譲与税についてでありますが、ご案内のように、市町村から都道府県を通し、国に払い込まれた森林環境は、国から市町村都道府県に対し森林環境譲与税として平成31年度から譲与されます。森林環境譲与税の10分の9に相当する額は、市町村に対し、その当該額の10分の5の額は私有林人工林面積で、10分の2の額を林業就業者数で、10分の3の額を人口で案分して譲与されます。

北秋田市議会 2017-10-10 平成29年  9月 定例会-10月10日−05号

平成29年 北秋田市議会9月定例会議事日程                                    (第5)      開議  日程第1 総務文教常任委員長報告  日程第2 請願第9号 小学校の統廃合にかかわる合同チームの結成、スポーツ少年団の結成に関する請願書について  日程第3 陳情第49号 「全国森林環境の創設に関する意見書採択」に関する陳情について  日程第4 陳情第50号 

能代市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号

整理番号第55号「全国森林環境」の創設に関する意見書提出についての陳情は、まず、願意を妥当と認め採択すべきである、との意見があったのであります。  次に、不採択とすべきであるとの意見として、全国森林環境の意見書採択についての要請については、多くの地方自治体から反発が相次ぎ導入が先送りされている。

鹿角市議会 2017-09-22 平成29年第6回定例会(第4号 9月22日)

認定第 1号      29請願第 2号      29請願第 3号      29請願第 4号      29陳情第 5号   3 日程追加      議案の上程      発議第 5号 地方財政の充実・強化を求める意見書の提出について      発議第 6号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元を求める             意見書の提出について      発議第 7号 「全国森林環境

由利本荘市議会 2017-09-19 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月19日−04号

平成29年度由利本荘市水道事業会計補正予算(第3号) 第42.議案第160号 平成29年度由利本荘市一般会計補正予算(第11号) 第43.陳情第4号 教職員定数改善と義務教育費国庫負担割合2分の1復元を図るための、2018年度政府予算に係る意見書提出についての陳情 第44.追加提出議員発案の説明並びに質疑         議員発案第3号            1件 第45.議員発案第3号 全国森林環境

北秋田市議会 2017-09-12 平成29年  9月 定例会-09月12日−01号

日程第39 認定第21号 平成28年度北秋田市大阿仁財産特別会計歳入歳出決算の認定について  日程第40 認定第22号 平成28年度北秋田市病院事業会計決算の認定について  日程第41 認定第23号 平成28年度北秋田市水道事業会計決算の認定について  日程第42 請願第9号 小学校の統廃合にかかわる合同チームの結成、スポーツ少年団の結成に関する請願書について  日程第43 陳情第49号 「全国森林環境

鹿角市議会 2017-09-01 平成29年第6回定例会(第1号 9月 1日)

                             │  │      │       歳入 全款                          │  │      │       歳出 2款1項総務管理費 9款消防費             │  │      │29請願第3号 地方財政の充実・強化を求める意見書提出についての請願     │  │      │29陳情第5号 全国森林環境

鹿角市議会 2008-09-18 平成20年第5回定例会(第4号 9月18日)

内容は、大湯川支流、田代平の水源を確保とございまして、広葉樹200本を植樹、鹿角漁協、森林環境を活用とあります。この記事の内容は、大湯川の支流で森づくりを進めている鹿角市河川漁業協同組合(宮野和秀組合長)、多分宮野議員さんでありますね。16日というのは、きのうおとといですね、「大湯地区の田代平にブナやミズナラ、ベニヤマザクラなどの広葉樹200本を植樹した。」とあります。

由利本荘市議会 2007-12-18 由利本荘市議会 会議録 平成19年 12月 定例会(第4回)-12月18日−04号

15款県支出金は、森林環境導入に対応するためのシステム改修交付金の追加、県議会議員選挙委託金の確定による減額、工業統計調査等各種統計調査費の確定による委託金の増減補正であります。  16款財産収入は、高圧線下の地役権設定に係る補償料のほか、官行造林などの立木、市有地及び鶴潟夕陽ヶ丘団地分譲地などの各財産売却による収入、岩城教育文化人材育成基金運用収入の追加であります。  

鹿角市議会 2007-09-12 平成19年第4回定例会(第3号 9月12日)

大した議論も意見も聞かないまま道州制を唱えたり、子育て教育税を提唱したり、森林環境の導入を図ったり、はたまた県職員給与をいきなり5%も引き下げると言ったり、目に余るパフォーマンス、独善が目立ってまいりました。もう少し国民、県民の目線で物事を考え、国民、県民に目を向けた政治をしてほしいものであります。

由利本荘市議会 2007-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成19年  3月 定例会(第1回)-03月08日−03号

所得税、住民税の定率減税が廃止され、また、県では森林環境を創設予定であり、また、子育て新税についても検討しております。来年度、本市においてもごみの有料化が予定されており、市民の新たな負担増が考えられます。これらが実施されますと市民の負担が大きくなり、これが国保税や住宅使用料、保育料の収納率にも大きく影響することが予想されます。  

鹿角市議会 2006-12-12 平成18年第7回定例会(第2号12月12日)

県では、地方が必要とする財源確保のための新たな財源として、仮称「森林環境」及び「子育て支援税」の創設を視野に、パブリックコメント市町村地域関係団体等への説明会を行っております。私は、この二つの県税の創設に多少違和感を感じておるものですが、市長は、また市民はどのように感じているものでしょうか。  

鹿角市議会 2006-09-10 平成18年第5回定例会(第2号 9月10日)

一方、環境面では森林環境の議論が本格化してきております。環境を視野に入れた取り組みが必要と思われますがいかがでしょうか。  そこで伺いますが、スギアカネトラカミキリの駆除対策、また、市長は森林環境をどのように考えているのかお聞かせください。  次に、畜産振興について伺います。  

鹿角市議会 2005-12-11 平成17年第8回定例会(第2号12月11日)

このことは、地球温暖化防止に貢献する二酸化炭素の吸収源としての役割はもとより、森林整備を通じ本市の農林業における就労機会を確保しながら地域経済の活性化に寄与してきたことは周知の事実でありますが、ことしの2月に京都議定書が発行したことにより、批准国である日本国際公約した二酸化炭素の削減義務を果たすため、森林吸収源対策を確実に実行することを急務としておりますが、この財源確保のため、森林環境の創設と税収

由利本荘市議会 2005-12-06 由利本荘市議会 会議録 平成17年 12月 定例会(第3回)-12月06日−02号

造林関係の補正予算は厳しいと認識しておりますが、今後創設されるであろう環境が創設された場合、それなりの予算がつき、今叫ばれている環境保全のための森林保育管理が必要となります。現在の状態で対応可能なものなのか、もしくは専門家集団、団体等に委託するのか、市長のお考えをお聞きいたします。  ③水産業振興政策における各種養殖事業の現状と対策についてお伺いいたします。  

鹿角市議会 2004-03-03 平成16年第1回定例会(第3号 3月 3日)

自主財源の確保について他の短期的、中長期的視野に立った政策につきましては、まず自主財源を確保している先進事例を見ますと、平成13年度以降に総務大臣に申請し、同意された市町村法定外普通税または法定目的税を課税している市町村は、神奈川県中井町、同じく山北町砂利採取税、京都府城陽市では山砂利採取税を採取業者に課税をしており、静岡県熱海市では別荘等所有税を所有者に、また福岡県太宰府市では歴史文化環境

  • 1