1175件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

見て喜ぶ、触れて感激するという観光農業観光産業について、かづの牛の観光放牧農場の設置、それから北限の桃や鹿角りんごの収穫体験等ができるような環境を整えるべきと思っております。特産品の生産強化策ということと、観光産業のより一層の振興への取り組みについてお尋ねいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

鹿角市議会 2019-06-13 令和元年第4回定例会(第2号 6月13日)

教育環境子供たちの安全高齢者ドライバー、そして医療の問題と、最近何かと報道で日々毎日報道されている内容も含めまして質問させていただきますので、よろしくお願いいたします。  それでは初めに、教育環境についてでございます。  1つ目、鹿角地域高等学校再編についての質問でございます。  高校再編のあり方を検討する協議会、これが開催されまして、この回答が県に報告書として提出されております。

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

議案第49号 工事請負契約締結について(鹿角観光ふるさと館大規模改修             工事(電気設備工事))      議案第50号 字の区域の変更について      議案第51号 鹿角市下水道事業特別会計への繰入れの変更について      議案第52号 特別職職員で非常勤の者の報酬及び費用弁償に関する条例の             一部改正について      議案第53号 鹿角市森林環境譲与税基金条例

鹿角市議会 2019-04-22 平成31年第3回臨時会(第1号 4月22日)

附則第10条の7は軽自動車税の環境性能割の非課税の規定を追加するものですが、消費税率引き上げに伴う臨時的軽減対応として平成31年10月1日から平成32年9月30日までの期間を特定期間と定め、この間に取得した軽自動車環境性能割の税率1%が適用される乗用ハイブリット車等である場合に環境性能割を課さない旨を規定しております。  

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

しかし、市内において貧困により生活環境教育環境に支障のある子供がいるという報告は聞いたことがなかったように思います。どの子供にも将来の可能性は平等に与えられなければならないはずであり、そのためにも、今、生活や教育に恵まれない子供がいるのであれば、その対応策は市の施策の中でも優先的にとり行われるべき一つであり、子育て支援を重視する市としてはなおさらのことと思います。

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

     議案第 80号      議案第 81号      議案第 82号      議案第 83号      議案第 84号      議案第 85号      議案第 86号      30陳情第 6号      30陳情第 7号      30陳情第 8号      30陳情第 9号      30陳情第10号   3 日程追加      議案の上程      発議第  6号 「介護労働者労働環境

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

次に、森林環境税、森林環境譲与税についてでありますが、ご案内のように、市町村から都道府県を通し、国に払い込まれた森林環境税は、国から市町村都道府県に対し森林環境譲与税として平成31年度から譲与されます。森林環境譲与税の10分の9に相当する額は、市町村に対し、その当該額の10分の5の額は私有林人工林面積で、10分の2の額を林業就業者数で、10分の3の額を人口で案分して譲与されます。

鹿角市議会 2018-12-10 平成30年第8回定例会(第2号12月10日)

まち歩き観光資源として考えられるものの一例を挙げますと、私なりにですけれども、例えばですよ、区域内を流れる大堰の改修と合わせ、大堰沿いを楽しみながら歩ける、あるいはウォーキングできる環境。それから、湧水3カ所、水飲み場として立ち寄りたいと思う環境づくり。河川公園では子供たちが水遊びできるような親水空間づくり。それから4つ目として朝市、いわゆる定期市場の活性化に向けた環境づくり。

男鹿市議会 2018-09-21 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月21日−06号

   船木道晴      市民福祉部長   柏崎潤一  観光文化スポーツ部長         産業建設部長   佐藤 透           藤原 誠  教育次長     目黒雪子      企業局長     木元義博  企画政策課長   八端隆公      総務課長     山田政信  財政課長     田村 力      税務課長     原田 徹  福祉課長     小澤田一志     生活環境課長

鹿角市議会 2018-09-11 平成30年第7回定例会(第3号 9月11日)

○15番(田中孝一君) いろいろ見直しをかけながらやっていくということでありますけれども、その中で、アンケートの中で雇用の安定についてですが、退職後に里帰りする者に対する支援がない、移住を考えると40年後に戻ってくるのも移住であり転出を抑える施設も大事だが、転入しやすい環境や支援も大切な気がするとした意見もありました。ほかに市民の声としていろいろあります。  

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

   船木道晴      市民福祉部長   柏崎潤一  観光文化スポーツ部長         産業建設部長   佐藤 透           藤原 誠  教育次長     目黒雪子      企業局長     木元義博  企画政策課長   八端隆公      総務課長     山田政信  財政課長     田村 力      税務課長     原田 徹  福祉課長     小澤田一志     生活環境課長

男鹿市議会 2018-09-07 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月07日−04号

市民福祉部長   柏崎潤一      観光文化スポーツ部長                              藤原 誠  産業建設部長   佐藤 透      教育次長     目黒雪子  企業局長     木元義博      企画政策課長   八端隆公  総務課長     山田政信      財政課長     田村 力  税務課長     原田 徹      福祉課長     小澤田一志  生活環境課長

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

また、芝生の手入れやトイレの衛生環境等も改善を要する点がさまざま見られております。男鹿を代表する観光資源を今一度見つめ直し、観光者の満足度向上につながる、魅力最大化に資する環境整備が必要と考えますが、市はどのようにお考えか、見解をお伺いいたします。  次に3項目、道路交通環境整備について。