85件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-05-31 令和元年第4回定例会(第1号 5月31日)

平成30年度鹿角市一般会計予算事故繰越しについて、事故繰越しに係る歳出予算の経費を、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告する。  令和元年5月31日提出。鹿角市長。  次のページの計算書をごらんください。  2款1項総務管理費、地域新エネルギー利活用推進事業について、支出未済額200万円を翌年度に繰り越します。

鹿角市議会 2018-05-29 平成30年第5回定例会(第1号 5月29日)

平成29年度鹿角市一般会計予算事故繰越しについて、事故繰越しに係る歳出予算の経費を、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告する。  平成30年5月29日提出。鹿角市長。  次のページをお願いします。  一般会計事故繰越しは4件で、翌年度への繰越額は5,585万円です。

男鹿市議会 2018-05-02 男鹿市議会 会議録 平成30年  5月 臨時会-05月02日−01号

よって、地方自治法第118条の規定により、準用する公職選挙法第95条の規定によって、当選人は、くじで定めることになりました。  くじの手続について申し上げます。まず、くじを引く順序を決めるくじを行います。順序を決めるくじは、抽選機により行います。中には、1番、2番の番号が記された玉が入っておりますので、1番を引いた方が先に当選人を決めるくじを引くことになります。  

鹿角市議会 2018-03-02 平成30年第3回定例会(第1号 3月 2日)

鹿角市過疎地域自立促進計画を別紙のとおり変更するため、過疎地域自立促進特別措置法第6条第7項において準用する同条第1項の規定に基づき、議会議決を求める。  平成30年3月2日提出。鹿角市長。  提案理由でありますが、地域の自立促進を図るための事業を追加するため、本計画を変更するものです。  次のページをお願いします。  変更部分を新旧対照表として整理いたしております。

北秋田市議会 2017-02-23 平成29年  3月 定例会-02月23日−01号

過疎地域自立促進特別措置法第6条第7項において準用する同条第1項の規定に基づき、北秋田市過疎地域自立促進計画を別紙のとおり変更するものとする。  平成29年2月23日提出。北秋田市長 津谷 永光。  提案理由。  平成28年度から平成32年度までの北秋田市過疎地域自立促進計画について、計画の一部を変更するため、議会議決を求めるものである。  

鹿角市議会 2017-02-02 平成29年第1回定例会(第1号 2月 2日)

鹿角市過疎地域自立促進計画を別紙のとおり変更するため、過疎地域自立促進特別措置法第6条第7項において準用する同条第1項の規定に基づき、議会議決を求めます。  平成29年2月2日提出。鹿角市長。  提案理由は、地域の自立促進を図るための事業を追加するため、本計画を変更するものです。  次のページをお開きください。  変更部分を新旧対照表として整理しております。

北秋田市議会 2016-09-09 平成28年  9月 定例会-09月09日−01号

辺地に係る公共施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第8項において準用する同条第1項の規定に基づき、辺地総合整備計画を別紙のとおり変更するものとする。  平成28年9月9日提出。北秋田市長 津谷永光。  提案理由。  平成27年度から平成31年度までの大阿仁辺地に係る公共施設の総合整備計画について、事業計画に変更が生じたので、議会議決を求めるものである。  

北秋田市議会 2016-03-08 平成28年  3月 定例会-03月08日−01号

辺地に係る公共施設の総合整備のための財政上の特別措置等に関する法律第3条第8項において準用する同条第1項の規定に基づき、辺地総合整備計画を別紙のとおり変更するものとする。  平成28年3月8日提出。北秋田市長 津谷 永光。  提案理由。  平成27年度から平成31年度までの蟹沢辺地に係る公共施設の総合整備計画について、事業計画に変更が生じたので議会議決を求めるものである。  

鹿角市議会 2015-11-27 平成27年第7回定例会(第1号11月27日)

第1項は職権による換価の猶予を行う場合の納付及び納入方法を規定し、第2項は、この場合の期限金額通知等について徴収の猶予の場合を準用することを規定しております。第3項は、この場合の必要書類、第4項では債権の規定を、第5項では職権による換価の猶予を取り消し、一時に徴収できる規定を定めております。  次に、第5条の6は申請による換価の猶予の申請手続等を定めるものです。  

鹿角市議会 2015-05-29 平成27年第4回定例会(第1号 5月29日)

平成26年度鹿角市一般会計予算事故繰越しについて、事故繰越しに係る歳出予算の経費を、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告する。  平成27年5月29日提出。鹿角市長。  次のページをごらんください。  一般会計事故繰越しは3件でございます。

北秋田市議会 2015-05-27 平成27年  6月 定例会-05月27日−01号

提案理由でございますが、鹿角市、小坂町、大館市、能代市、藤里町、三種町及び八峰町が処理すべき事務について、事務委託を受けるため、鹿角市、小坂町、大館市、能代市、藤里町、三種町及び八峰町と協議する必要があることから、地方自治法第252条の14第3項の規定において準用する同法第252条の2の2第3項本文の規定に基づき、議会議決を経る必要があるため、提案するものでございます。  

仙北市議会 2015-05-13 平成27年  5月 臨時会-05月13日−01号

また、市の業務の中で起きた事故であり、御遺族に対してもしっかりと対応していかなければならないとの思いから、国の弔慰金制度準用して、弔慰金を支給させていただきたいと考えております。  どうか、御審議をよろしくお願い申し上げたいと思います。  それでは、前回定例会後の主なる事項等について御報告をいたします。  市制10周年記念事業についてであります。  仙北市誕生から10年となりました。

鹿角市議会 2015-02-27 平成27年第1回定例会(第1号 2月27日)

鹿角市過疎地域自立促進計画を別紙のとおり変更するため、過疎地域自立促進特別措置法第6条第7項において準用する同条第1項の規定に基づき、議会議決を求めます。  平成27年2月27日提出。鹿角市長。  提案理由でございますが、地域の自立促進を図るための事業を追加するため、本計画を変更するものであります。  次のページをごらんください。変更部分を新旧対照表として整理しております。

男鹿市議会 2014-12-11 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月11日−05号

それから、この条例に伴う規則等でございますが、国の基準をそのまま準用いたしますので、今のところこれに伴う規則等の制定は予定していないところであります。 ○議長(三浦利通君) 安田議員 ◆8番(安田健次郎君) なるほど、大分わかりました。いわゆる第三次の地域主権のこの改正に伴ってのことだと。  

鹿角市議会 2014-06-06 平成26年第4回定例会(第1号 6月 6日)

平成25年度鹿角市一般会計予算事故繰越しについて、事故繰越しに係る歳出予算の経費を、別紙のとおり翌年度に繰り越したので、地方自治法施行令第150条第3項において準用する同令第146条第2項の規定により報告する。  平成26年6月6日提出。鹿角市長。  次のページの繰越計算書をごらんいただきたいと思います。  一般会計事故繰越しは9件であります。