31件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

男鹿市議会 2018-03-01 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月01日−02号

八郎湖の水質保全対策につきましては、湖沼水質保全特別措置法に基づく指定湖沼の指定を受け、県が主体となり、八郎湖「わがみずうみ」創生事業として、発生源対策、湖内浄化対策などのほか、喫緊の課題としてアオコ対策に取り組んでおります。市でも、下水道の整備や浄化槽設置に対する補助制度など、発生源対策市民参加による八郎湖クリーンアップなど啓発事業に取り組んでいるところであります。  

仙北市議会 2017-08-18 平成29年  9月 定例会-08月18日−01号

青亭は、明治27年、1894年、角館町に生まれ、地元秋田で活躍した画家で、故郷の風光明媚な山河湖沼を、詩情あふれる筆致で描く風景画を得意としていました。画家としての才能は、神社の大絵馬や祭りの人形づくり、また絵付け春慶塗りなど郷土の文化に多方面に発揮され、人々を魅了しております。絵画以外でも多趣味で、弓道自由律俳句など枚挙にいとまがなく、角館の文化の中心には必ず青亭が存在していました。

男鹿市議会 2016-09-06 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月06日−02号

八郎湖の水質浄化対策は、湖沼水質安全計画に基づき、県が主体的に取り組んでおります。県では、農林水産部や建設部など関係4部で構成する八郎湖水質対策保全委員会を設けて水質浄化対策を進めております。  八郎湖水質対策の総合窓口となっている県の八郎湖環境対策室によりますと、今年度事業として、アオコの発生抑制装置の設置や植生による潟上地区自然浄化施設等の活用などを実施すると伺っております。  

北秋田市議会 2015-09-16 平成27年  9月 定例会-09月16日−02号

トイレの水洗化で衛生的な生活ができるのを初め、ハエや蚊の発生が少なくなり町がきれいになるとか、汚れた水が河川湖沼などへの直接流出がなくなり水質が維持されるなど生活の環境が大きく変わるし、その効果もあらわれております。当市といたしましても合併前から、阿仁、あるいは森吉、合川、鷹巣、それぞれの4町で下水道の事業は普及してきております。

能代市議会 2013-03-22 平成25年  3月 定例会-03月22日−06号

審査の過程において、八郎湖に係る湖沼水質保全計画策定等に伴い、県が設定する排水基準の変更内容について触れられ、当局から、リンの含有量がこれまでの1リットル当たり4ミリグラムから2ミリグラムに、また、窒素の含有量が同40ミリグラムから20ミリグラムに改正されている、との答弁があったのでありますが、これに対し、平成24年度に実施した農業集落排水処理施設改修工事により、同基準を満たすことができるのか、との

男鹿市議会 2012-09-10 男鹿市議会 会議録 平成24年  9月 定例会-09月10日−02号

2007年、八郎湖は国から湖沼水質保全特別措置法の指定を受け、翌8年から県の八郎湖湖沼水質保全計画がつくられましたが、アオコの異常発生は毎年続き、改善は見られておりません。  秋田県大学の谷口教授は、秋田新聞の「あきた時評」に、「八郎湖再生の道、漁業振興にも目を向けよ」との見出しで、環境社会学会の全国大会が大潟村で開催され、「八郎湖再生の現状と課題」で基調報告を行っております。

能代市議会 2012-03-22 平成24年  3月 定例会-03月22日−06号

審査の過程において、八郎湖水質保全対策事業の内容について触れられ、当局から、八郎湖は、流域からの農業排水、生活排水等の流入に起因すると見られる富栄養化が顕著で水質環境基準が確保されない状況が続いているため、平成19年12月、湖沼水質保全特別措置法に基づく指定湖沼の指定を受け、県では湖沼水質保全計画を策定したところである。

男鹿市議会 2011-09-07 男鹿市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月07日−02号

次に、八郎湖西部承水路の汚染度合いについてでありますが、平成20年3月に県の湖沼水質保全計画が策定されており、水質汚濁指標の化学的酸素要求量は、調整池では平成20年度は6.5ミリグラムパーリットル、平成21年度は6.4ミリグラムパーリットル、平成22年度は7.0ミリグラムパーリットルとなっております。

由利本荘市議会 2011-09-06 由利本荘市議会 会議録 平成23年  9月 定例会-09月06日−03号

独立峰まで日本海から16キロメートル、この間に川や高原、湖沼など7つの自然形態が完全な形である。国内に他に例がなく、山ろくの自然は掛け値なしに日本一。」、霊峰鳥海山をこよなく愛した人の言葉として、平成20年1月25日付の魁新聞北斗星に掲載されました。全くそのとおりであります。続けて言わせてもらえば、史跡天然記念物文化財民俗芸能など人々の暮らしも色濃く残っております。  

男鹿市議会 2011-03-03 男鹿市議会 会議録 平成23年  3月 定例会-03月03日−02号

同地区は八郎湖指定湖沼区域となっており、下水道事業による水洗化を促進し、水質保全を図ることが求められております。今後、完成までに加入率が70パーセント以上となるよう、加入促進に努めてまいります。  工事につきましては、平成22年度に実施設計を行い、平成23年度から着手し、平成26年度の完成に向け進めてまいります。  

能代市議会 2010-12-07 平成22年 12月 定例会-12月07日−03号

下水道農業集落排水、合併処理浄化槽などの生活排水処理施設は、トイレの水洗化や川、湖沼などの水質保全及び道路側溝の環境改善のためになくてはならない施設です。合併処理浄化槽設置整備事業については、下水道事業全体計画区域のうち認可区域外、農業集落排水事業選定区域のうち事業決定区域外を暫定区域として、それ以外の全区域は恒久区域となります。恒久区域は、平成24年度から市町村設置型に移行する予定です。  

男鹿市議会 2010-09-07 男鹿市議会 会議録 平成22年  9月 定例会-09月07日−03号

し尿に関しては衛生センターで処理され、衛生的な水となって海へ放流されるため問題はありませんが、河川湖沼の汚染の原因は生活排水であります。昔ながらの炊事場や風呂の排水は垂れ流しという状態は、環境を守ることはできません。北浦漁港はハタハタ漁が行われている貴重な海であります。漁にかかわる方々はもちろんのこと、この恩恵にあずかる一人として、海の環境を守ることはとても大事なことであります。  

男鹿市議会 2010-06-16 男鹿市議会 会議録 平成22年  6月 定例会-06月16日−02号

2007年12月、環境省から水質改善対策が必要な湖として指定湖沼となりました。国や県でも調査・研究も行われましたが、水質改善にはほど遠いものとなっております。現在でも八郎湖や周辺河川からの化学肥料である窒素が年間、大潟村から300トン、周辺流域市町村から800トン、合わせて1,100トンという大量の窒素が八郎湖に流出されてきているとの調査結果が出ているとのことであります。

男鹿市議会 2008-06-12 男鹿市議会 会議録 平成20年  6月 定例会-06月12日−02号

しかし私は、国がやっと湖沼指定ということで大々的に八郎湖の浄化対策を取り組むということで、県と密接に強力対策を講ずるということになりました。これは去年の秋に私たち、国会交渉をやった際に鴨下環境大臣ともお話をさせていただきましたけれども、私は不参加でしたけれども、その要綱を取り寄せましたけれども、強力対策を講じるということになりました。

能代市議会 2008-03-25 平成20年  3月 定例会-03月25日−07号

この場合、河川湖沼等の自然水利も活用するが、季節により状況が変化することもある。今後、広域的な考えのもと、それぞれの水利の補完関係を持ちながら計画を組んで進めていきたい、との答弁があったのであります。  次に、12款公債費は1732万2000円の減額で、長期債元金の増額と長期債利子の減額であり、13款諸支出金は3431万9000円の減額で、浄水場整備事業出資金の減額が主なものであります。  

  • 1
  • 2