124件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

現在、男鹿地区消防本部では、車両にドライブレコーダを搭載しているが、男鹿市公用車へのドライブレコーダは導入されていないようですが、公用車の事故処理、迅速化や市民及び市職員安全性も含めて、防犯防災目的での活用が必要だと考えますが、男鹿市では、男鹿市公用車等へのドライブレコーダー導入検討計画があるかお伺いします。  (7)ハザードマップ運用について。  

男鹿市議会 2018-06-11 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号

現在までの対応につきましては、泡消火薬剤の混入水が岩見川に流出しないよう、秋田市が3月27日に用水路ゲートを閉鎖し水の流れを止めるとともに、3月30日から4月10日までの間、秋田市消防本部、男鹿地区消防一部事務組合、解体業者等により、約950トンの泡消火薬剤が混入した水の回収作業を実施いたしました。  

由利本荘市議会 2017-08-28 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月28日−01号

今回の件を重く受けとめ、8月17日付で本人は懲戒免職、また管理監督責任消防長、本荘消防署長、岩城分署長を戒告の懲戒処分消防本部総務課長を口頭注意としたところであります。今後このような不祥事が再発することのないよう、公務員としての自覚を持って市民の信頼回復に努めるよう職員指導してまいります。  次に、8月24日からの大雨災害についてであります。  

能代市議会 2017-06-21 平成29年  6月 定例会-06月21日−05号

これに伴い介護事業者から相談があり、今回国の交付金を活用して整備することとなったものである、との答弁があったのでありますが、これに関連し、スプリンクラーの設置対象となり、整備が必要な施設は市内にまだあるのか、との質疑があり、当局から、未整備の施設について消防本部に確認したところ、市内に1施設あると伺っている、との答弁があったのであります。  

北秋田市議会 2017-06-15 平成29年  6月 定例会-06月15日−01号

消防本部関係。  常備消防。  消防を取り巻く課題とその対応策については、大規模な地震、豪雨や市街地における大規模な火災等、複雑化、多様化する災害に適切に対応するため、人員、車両、資機材等の消防資源を最大限に有効活用し、市民安全確保を図ってまいります。  また、昨年8月の台風第10号災害では、岩手県泉町河川の氾濫により死者、行方不明者が21名に上る甚大な被害が発生しました。

男鹿市議会 2017-06-12 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号

ことしは、大津波の襲来を想定した津波避難訓練を行ったほか、秋田海上保安部と男鹿地区消防本部が連携し、津波漂流者の水難救助救出訓練を実施いたしました。  男鹿東中学校では、避難所を開設し、生徒と自主防災組織の連携による避難所営業務の訓練などを実施いたしました。  また、当日は、市内の保育園、幼稚園、小・中学校、市内57の自主防災組織、約3千300人が避難訓練を実施しております。  

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

農作業中の事故でありますが、市消防本部が行った過去3年間の救急搬送等のうち、農業機械の操作などに起因するもの及び熱中症によるものは、平成26年17件、うち死亡事故1件、平成27年18件、うち死亡事故1件、平成28年13件となっております。市では、こうした事故があった場合、農協など関係機関と連携して、発生の状況や原因などの把握に努めているところであります。  

由利本荘市議会 2017-06-01 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月01日−02号

5月7日に鳥海山で春スキーを楽しんでいた男性が骨折して動けなくなり、同行していた友人が119番し、由利本荘市消防本部が男性を担架に乗せ救助されております。当日は雲で視界が悪く、県防災ヘリなまはげが出動したが現場に近づけなかったと紙面に載っておりました。また、皆様方の記憶に新しい3月に発生した栃木県那須スキー場での高校生の訓練中に起きた雪なだれによる痛ましい事故もありました。

北秋田市議会 2017-04-25 平成29年  4月 臨時会(第1回)-04月25日−01号

具体的には、森吉山に送信局を設置するほか、本庁、各総合窓口センター、消防本部にそれぞれ配信局を整備する予定としております。なお、防災ラジオ本体の購入費につきましては、今予算には計上しておりませんが、今後予算化した上で、平成29年度、平成30年度の2カ年事業で購入と配布を予定してございます。  

由利本荘市議会 2017-03-08 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-03月08日−05号

する条例案 第16.議案第15号 由利本荘市集落排水施設条例の一部を改正する条例案 第17.議案第16号 由利本荘市浄化槽施設条例の一部を改正する条例案 第18.議案第18号 由利本荘市都市公園条例の一部を改正する条例案 第19.議案第19号 由利本荘市健康増進施設に関する条例の一部を改正する条例案 第20.議案第20号 由利本荘市ガス供給条例の一部を改正する条例案 第21.議案第21号 由利本荘市消防本部

由利本荘市議会 2017-02-16 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月16日−01号

議案第21号消防本部及び消防署設置条例の一部を改正する条例案でありますが、これは、本荘消防署西目分署の移転による位置の変更に伴い、条例の一部を改正しようとするものであります。  議案第22号保育所設置条例等を廃止する条例案でありますが、これは、平成29年4月1日より市立保育所8園を民間移譲することに伴い、関連する条例を一括して廃止しようとするものであります。  

北秋田市議会 2016-10-07 平成28年  9月 定例会-10月07日−04号

次に、消防本部関係では、委員から、消防車両の更新基準や防火指導車購入に係る助成についてはないものかとの質疑がありました。当局からは、おおむねの耐用年数はあるものの、特に基準は設けておらず、部品の調達、車両の損傷や腐食具合、整備工場の意見も取り入れながら総合的な判断と計画をもって決めています。

能代市議会 2016-09-12 平成28年  9月 定例会-09月12日−02号

次に、空き家対策についてのうち、空き家の実態の把握についてでありますが、市では平成26年度から市内全域を対象に消防本部の空き家データ自治会、住民からの情報をもとに、職員人体制で空き家の位置や建物の状態、周辺への影響等について現地調査を行い、個別に危険度等を判定しております。27年度は、水道使用状況についての情報も加え、調査を行った結果、空き家の数は1,521戸となっております。

男鹿市議会 2016-09-07 男鹿市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-09月07日−03号

また、県と市町村消防本部等を結ぶ防災通信ネットワークとして、秋田県総合防災情報システムの「情報のかけ橋」を活用して、災害情報等を報道機関が一斉に情報を入手することが可能であり、市民テレビインターネットで確認することができます。  次に、災害対策用移動通信機器の配備といたしまして、衛星携帯電話11台、携帯無線機200台を配備しております。  

由利本荘市議会 2016-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成28年  9月 定例会-08月30日−02号

音声告知放送については、CATVセンターや市役所本庁舎、各総合支所消防本部などでそれぞれ運用しております。  御質問の操作指導については、本年、これらの各拠点に出向き、操作マニュアルを確認しながら担当課へ周知しておりますが、マニュアルの内容を再検証し、災害時の放送基準を含め、利用者側の立場に立った放送となるよう職員間に周知してまいりますので、御理解をお願いいたします。  

北秋田市議会 2016-06-28 平成28年  6月 定例会-06月28日−04号

委員会では、消防通信設備について、導入直後の調査を以前に実施しておりますが、改めて消防救急デジタル無線及び高機能消防指令センターの運用状況等、また消防団再編については、経過期間や移行計画等に関して消防本部より概要説明を受け、質疑応答や意見交換を行いました。  デジタル化に伴う指令システムの運用状況に関しては、委員から、システム導入後の効果についてはとの質疑がありました。  

男鹿市議会 2016-06-20 男鹿市議会 会議録 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

ドクターヘリの運航は、秋田県ドクターヘリ運航調整委員会が定めた秋田県ドクターヘリ運航要領をマニュアルとして消防本部が行っております。  現場からの出動要請の基準は、緊急性があること、現場や搬送中にフライトドクターの観察及び処置が必要であること、搬送時間の短縮や早期の医師の対応により予後の改善が期待できることのいずれかに該当することと定められております。  

北秋田市議会 2016-06-20 平成28年  6月 定例会-06月20日−02号

それと、今までの漏水の状況からそれぞれの消火栓の部分の鉄管に接続する部分、ここの部分の漏水が多いということで毎年12月に消防本部のほうで点検をしてもらいまして、継続的に年に5カ所なら5カ所ということで工事をして更新してございますので、まずはこのような対処方法で進めていきたいと思います。 ○議長(松尾秀一)   12番 武田浩人議員。 ◆12番(武田浩人)   次に③に移ります。