100件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

由利本荘市議会 2021-02-15 02月15日-01号

議案第6号から第10号までの5件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは、法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、熊坂文子氏、高木健氏、佐藤眞理子氏、高橋利寿氏、藤原俊子氏の5名を再任候補者として推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

北秋田市議会 2020-12-14 12月14日-02号

また、これは能代市のほうでも行っていることでありますが、先ほど議員さんのお話の中にもありましたように、市役所だけの手続だけではなくて、例えば銀行だったり、あるいは法務局だったり、様々な手続をしなければならないところもございますので、そういったものも併せてしっかりと案内できるようにしていきたいと思っております。 ○議長黒澤芳彦)  2番 三浦 倫美議員。 ◆2番(三浦倫美)  これで終わります。

由利本荘市議会 2020-08-27 08月27日-01号

議案第136号から第140号までの5件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、遠藤勇喜氏、櫻井茂和氏、新田眞紀子氏の3名を再任候補者として、また鷹照幸子氏、早川あけみ氏の2名を新任候補者としてそれぞれ推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

鹿角市議会 2020-03-10 令和 2年第1回定例会(第4号 3月10日)

本市の各関係機関への事業承継支援策がとられていると思いますが、後継者を決めて育成するということだけではなくて、取引先への周知そして法務、税務、そういう面での対応も必要と思われます。商工会議所との連携を深めながら、事業承継への世代交代がおくれないように、どのような施策になっているのかお伺いいたします。 ○副議長兎澤祐一君) 市長

由利本荘市議会 2020-02-17 02月17日-01号

議案第3号から議案第7号までの5件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは、法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、小野長清氏、宮本康博氏、佐藤弘子氏の3名を再任候補者として、また田口松雄氏、五十嵐恒憲氏の2名を新任候補者として、それぞれ推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

由利本荘市議会 2019-02-15 02月15日-01号

議案第4号から議案第8号までの5件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは、法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、畠山孝久氏を再任候補者として、また、渡邊公美子氏、菊地久昭氏、加藤ひと美氏、藤山日奈子氏の4名を新任候補者として推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

由利本荘市議会 2018-02-19 02月19日-01号

議案第7号から議案第9号までの3件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは、法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、熊坂文子氏並びに佐藤眞理子氏を再任候補者として、また、高木健氏を新任候補者として推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

北秋田市議会 2018-02-13 02月13日-01号

そのほか、法の中で法務、不動産建築福祉文化等に関する学識経験者という形で規定されていることから、司法書士、あるいは土地家屋調査士建築士、県の建築部局、それから社会福祉士といった方々に入っていただいておりまして、現在総勢9名の方にお願いしてございます。 ○議長松尾秀一)  ほかに質疑ございませんか。     (「なし」の声) ○議長松尾秀一)  質疑なしと認め、質疑を終結いたします。 

由利本荘市議会 2017-08-28 08月28日-01号

議案第135号及び議案第136号の2件は、人権擁護委員候補者推薦につき意見を求めることについてでありますが、これは法務大臣が委嘱する人権擁護委員任期満了に伴い、菊地喜世子氏並びに櫻井茂和氏を再任候補者として推薦することについて、議会意見を求めるものであります。 次に、条例関係についてであります。 

北秋田市議会 2017-03-09 03月09日-04号

基本的にはそのような手続が圧倒的でありますけれども、今回は、改正案の前段階の原案が示された段階法務大臣の説明で二転三転する答弁があるなど、多くの問題があったために法に値するかということが議論されたことであり、問題は法案の中身にあると考えます。 今回の組織犯罪処罰法改正案が、先週になってようやく全容が明らかになったと報道されました。

鹿角市議会 2016-12-13 平成28年第7回定例会(第3号12月13日)

また、青森県では、衆議院議長の大島さん、秋田県の衆議院議員金田法務大臣のお力を最大限に発揮していただき、そして、佐竹秋田県知事事業重要性を認識していただいております。地域の皆さんのなお一層の理解が必要であるとともに、八戸能代間北東北横断道路整備促進同盟会、国道104号線バイパス計画の会長として、なお一層のご尽力をいただきたいと思います。