44件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

男鹿市議会 2019-12-06 12月06日-02号

また、「道路幅墓地区画の面積を一定以上保つことが必要だ」ということもありまして、どうしてもこの学校、病院、その他公共施設、住宅、河川との距離が一定以上あるという制約がございます。男鹿市におきましては、なかなかその市有地の中で、このような適切な場所がないと、また、これら条件を満たす市有地がないというほか、多額の造成費用が要するということで、現段階では困難と判断されたものでございます。 

仙北市議会 2019-02-25 02月25日-01号

道路河川整備であります。 平成31年度補助事業は、社会資本整備総合交付金事業で9路線道路改良道路舗装流雪溝橋梁補修工事等実施します。単独事業では、過疎対策辺地対策臨時地方道路整備事業で28本の改良工事等実施します。 国道46号は刺巻線形改良早期完成地域高規格道路盛岡秋田道路整備促進に向け、活動を強化します。国道105号は桁沢地区及び草峠地区継続実施であります。

仙北市議会 2018-02-27 02月27日-03号

平成23年度に策定をした内水による被害区域一覧表では、内水被害豪雨等による降水がスムーズに河川に放出できないことにより発生する水害、また、内水被害区域を過去に豪雨等により常習的に被害のあった区域と定義をし、市内12カ所に大分類して、さらにその区域において小分類を設定して、床下床上冠水被害等の発生した区域について順次対応をしてきたという経緯があります。 

仙北市議会 2018-02-19 02月19日-01号

道路河川整備であります。 平成30年度補助事業は、社会資本整備総合交付金事業で9路線道路改良道路舗装流雪溝橋梁補修工事実施します。単独事業では、過疎対策辺地対策臨時地方道路整備事業で34本の改良工事等実施します。国道46号は刺巻線形改良早期完成、高規格道路盛岡秋田道路整備促進に向け活動を強化します。国道105号は桁沢地区及び草峠地区継続実施であります。

仙北市議会 2017-08-28 08月28日-02号

また、道路河川被害額の算出ですけども、補助等公共土木施設災害復旧事業費、これ大規模なものでありますけども、これについては職員被害箇所の延長・幅・高さを実測して積算をして、被害額概算額を算出しています。また、道路路肩崩落河川護岸背面の洗掘等の復旧費については、作業員賃金重機等の借り上げ、大型土のうの原材料として業者より見積書を聴取したものを合算して算出しています。 

由利本荘市議会 2017-02-23 02月23日-03号

また、市道河川でも合併以前は管理されたのり面や側溝、樹木の管理も、農地・水や多面的機能交付金事業に押しつけるように、十分管理されないまま来ています。相談しても、予算がない、人手がないで対応できずにいます。高齢化後継者不足で、農家もそこまではとても手が回らないのが現実です。基金を設けてNPOやボランティアの力を活用する策はないか、研究が必要です。 

鹿角市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日)

○14番(兎澤祐一君) 現在でも、鹿角市でも橋梁などの長寿命化や下水道、河川を計画的に進められていることは承知しておりますが、具体的な目標年度や、各事業進捗状況などがどのようになっているのか、お伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

能代市議会 2014-12-09 12月09日-01号

また、二ツ井地域の25年度設置数について触れられ、当局から、二ツ井地域での設置数は50基である、との答弁があったのでありますが、これに対し、二ツ井地域合併浄化槽設置が進まない状況について触れられ、当局から、合併浄化槽整備事業は、河川環境保護の観点から行われてきたものであるが、敷地の状況費用面等により進まないものと理解している。

鹿角市議会 2014-03-12 平成26年第2回定例会(第5号 3月12日)

年度の前年の災害におきましても今おっしゃられた箇所のみならず、またそのほかの道路河川においていろいろな場所被災もございました。被災の程度はいろいろでございますが、そういう状況市長初め担当のほうでも県あるいは国のほうへ、その都度お願いし、また災害でした場合にはまとめて要望という形も行っております。

鹿角市議会 2013-09-19 平成25年第7回定例会(第4号 9月19日)

被害状況についてでありますが、幸い人的被害はありませんでしたが、平成19年豪雨に匹敵するほどの河川増水が見られ、堤防決壊には至らなかったものの、河川からの流水により、道路冠水農地への土砂流入などの被害が発生しております。  昨日現在の状況といたしましては、住家被害では床上が2件、床下で15件の浸水被害があったほか、非住家についても12件の浸水被害が報告されております。  

鹿角市議会 2013-09-11 平成25年第7回定例会(第3号 9月11日)

市では、災害時の職員初動体制マニュアルに基づき河川水位監視被災状況の把握、市道の規制や応急、復旧等災害対応に当たっておりますが、今回についても適切な危機対応であったというふうに考えております。  それから、避難勧告発令基準につきましては、対象となる河川水位避難判断水位に達し、さらに水位の上昇が予想されるときであり、同時に1時間の予想雨量が30ミリを超える場合を基準としております。

由利本荘市議会 2013-02-28 02月28日-03号

道路河川安全対策につきましては、国等補助金有効活用を図り、維持修繕し、安全確保に努めているところであります。 近年、計画的な維持修繕実施により、財政負担の軽減を目的とする構造物等長寿命化検討が多方面で行われており、本市においても本年度橋梁の全調査を終え、来年度長寿命化修繕計画を策定する予定となっております。 

由利本荘市議会 2012-09-04 09月04日-02号

この契約方式実施に当たっては、道路河川管理において、巡回点検、清掃、修繕など施設の包括的な維持管理業務の発注を想定しており、零細施設が入り組んだ本市現状では、効率性経済性において有効であるか検討が必要であると考えております。 また、現に職員対応している業務対象となることから、業務実施に当たっては市民要望との調整にも工夫が必要であると考えております。 

仙北市議会 2012-06-14 06月14日-03号

それから、クニマス里帰りプロジェクトについてでありますけれども、1点目のクニマス里帰りプロジェクト観光振興具体策ということで御質問をいただいておりますけれども、最近、上京するたびに、水資源の再生であったり、大規模公共土木事業ということで、水及び川及び河川に実績のある企業等を訪問しております。