運営者 Bitlet 姉妹サービス
278件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-03 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−01号 7月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.50倍となっております。ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.15倍となっており、昨年同期と比較して0.12ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、東北農政局秋田地域センターが発表した8月15日現在の県中央の作柄状況は、「平年並み」となっております。   もっと読む
2018-06-14 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号 諸般の報告でも述べましたが、ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.06倍でありますが、希望職種とのミスマッチにより、建設業や医療・介護職などでは人手不足の状況と伺っております。  今後、求職希望の多い業種について情報収集を行い、トップセールスによる企業訪問など誘致活動に努めてまいります。  次に、五里合の市道へのガードレール設置についてであります。   もっと読む
2018-06-11 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月11日−01号 4月末現在の秋田県の有効求人倍率は、1.60倍となっております。  ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.06倍となっており、昨年同期と比較して0.25ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。   もっと読む
2018-03-14 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日) 有効求人倍率の高さが物語るように、これからは企業が選ばれる時代ですので、企業側も何かしら考えなければいけない時代に来ていると思います。  副業につきましては、厚生労働省で示したガイドラインを基準に同意をとることも可能ですので、企業にとってもそんなに難しいことではないと考えます。 もっと読む
2018-03-13 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第4号 3月13日) 求人倍率が1月末で1.75。この数字の上昇に対し、少子高齢化と人口減少が進む中、市内の多くの業種で働き手不足が顕著になり、事業経営上深刻な状態が進んでおります。これに対する行政としての対応をお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。   もっと読む
2018-03-12 鹿角市議会 平成30年第3回定例会(第3号 3月12日) 次に、雇用確保についてでありますが、有効求人倍率がこれまでにないほど高くなっております。しかし、ミスマッチは解消されておりません。働き方改革の中には、長時間労働の是正と非正規から正規への待遇改善なども含まれておりますが、このような改革を市内企業に実践してもらうことは、市内で働くことへのプラス効果になると思います。 もっと読む
2018-02-27 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-02月27日−01号 昨年12月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.43倍となっております。ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.13倍となっており、昨年同期と比較して0.33ポイントの増、前月と比較して0.01ポイント減少しております。  次に、農業の状況についてであります。   もっと読む
2017-12-04 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月04日−01号 本年10月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.39倍となっております。  ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.09倍となっており、昨年同期と比較して0.31ポイントの増、前月と比較して0.11ポイント増加しております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、出穂期以降、気温が平年並みに推移したことで、本市を含む県中央の作況指数は、101の「平年並み」となっております。   もっと読む
2017-09-27 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月27日−05号 また、地元雇用人数が1,810人から720人と、これも減少予定となっているが、ハローワークの有効求人倍率は1.53倍となっており、働く場の選択肢が広がり新卒者の地元就職が拡大し、若者の定住につながる要因ともなると考える。有効求人倍率のみで考えると新規の企業誘致、これにも取り組めないような状況になっていいのか疑問を抱かざるを得ない。 もっと読む
2017-09-15 北秋田市議会 平成29年  9月 定例会-09月15日−03号 ①現在の有効求人倍率について。  1)依然高水準で推移している有効求人倍率を市はどう認識しているか。  厚生労働省秋田労働局発表のハローワーク鷹巣管内平成29年7月の有効求人倍率は1.28倍となり、前年同月比0.03ポイント増加、前月比0.01ポイントの増加となりました。 もっと読む
2017-09-14 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月14日−03号 10年前とは違い、現在、有効求人倍率が高いというものの、今は求職者数そのものが減少しており、人手不足が深刻となっています。今回の出店により、ほかの商業店舗、他業種への影響は避けられないと考えます。  市長は、競争が激化することは、給料が上がるなど労働環境の改善につながる面もある。 もっと読む
2017-09-13 能代市議会 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号 2、有効求人倍率が高い中、求職者数の不足とイオン出店に伴う既存商店等への影響をどのようにお考えでしょうか。  3、イオン能代店の継続営業をイオン側に確約させる用意はあるか。  4、これまで市御当局は、イオンが来る、来ないにかかわらず、既存商店街含め中心市街地振興に力を尽くすと説明してきたが、これまでとってきた具体的な施策をお聞かせください。   もっと読む
2017-09-05 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号 また、ハローワーク男鹿からは、管内の有効求人倍率は上昇傾向にあり、秋田県全体としても雇用情勢は緩やかな回復基調にあると伺っております。   もっと読む
2017-09-01 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月01日−01号 7月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.34倍となっております。ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は1.03倍となっており、昨年同期と比較して0.32ポイントの増となっております。  次に、農業の状況についてであります。  水稲は、東北農政局秋田地域センターが発表した8月15日現在の県中央の作柄概況は「平年並み」となっております。   もっと読む
2017-06-12 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月12日−01号 4月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.33倍となっております。ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は0.81倍となっており、昨年同期と比較して0.1ポイントの増となっております。  次に、元税務課職員による公金着服事件についてであります。  元職員に対しては、地方自治法に基づき賠償命令を行っておりますが、一部の債務を認めているものの、すべての債務は認めておりません。 もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) 雇用状況につきましては、ハローワーク鹿角管内の3月末の有効求人倍率は1.28倍と依然として高い水準で推移しております。これには、企業立地助成金による積極的な支援効果があらわれているものと捉えており、新たな雇用等が期待される動きも見られるなど、堅調に推移しております。   もっと読む
2017-05-12 鹿角市議会 平成29年第3回定例会(第1号 5月12日) 雇用状況につきましては、ハローワーク鹿角管内の3月末の有効求人倍率は1.28倍と依然として高い水準で推移しております。これには、企業立地助成金による積極的な支援効果があらわれているものと捉えており、新たな雇用等が期待される動きも見られるなど、堅調に推移しております。   もっと読む
2017-02-28 男鹿市議会 男鹿市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月28日−01号 平成28年12月末現在の秋田県の有効求人倍率は1.27倍となっております。  ハローワーク男鹿管内の有効求人倍率は0.80倍となっており、前年と比較して0.04ポイントの増となっております。  また、就労支援を目的に実施している就業資格取得支援助成金制度の活用により、2月14日現在、30人が資格を取得しております。そのうち高校生4人の就職が内定し、一般では6人が就職しております。   もっと読む
2017-02-23 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月23日−03号 求人倍率も全国で改善しております。  しかし、雇用の状況を見ると、正規社員の割合が減り、非正規社員がふえるなど、生活が不安定な雇用形態がふえているようです。正社員と同じ内容の仕事をしながらも、雇用のされ方で賃金が大きく違ってまいります。極めて企業に有利な感じもいたしますが、この法律が成立することによって、同じ仕事であれば、正規の方も非正規の方も、同じ賃金になることになります。 もっと読む
2017-02-16 由利本荘市議会 由利本荘市議会 会議録 平成29年  3月 定例会-02月16日−01号 平成28年12月のハローワーク本荘管内の有効求人倍率は0.99倍で、前年同期に比べ0.15ポイントの上昇となりました。  この3月の高校卒業予定者に対する求人数、求人事業所数においても前年を上回り、景気の回復基調などから、企業の採用意欲の高まりが雇用関係の指標を押し上げている状況と分析しております。   もっと読む