99件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2018-05-14 平成30年第4回臨時会(第1号 5月14日)

20ページまでの附則第7条の2は、固定資産税の課税標準の特例であるいわゆるわがまち特例を規定したものですが、土壌汚染防止関連施設の特例が削除され、水力発電設備、地熱発電設備、バイオマス発電設備についての特例の見直しがされております。  20ページをお願いいたします。  

鹿角市議会 2018-03-14 平成30年第3回定例会(第5号 3月14日)

本市の財産でもあります、例えば、木材を使ったバイオマス発電や、あるいは風力、小水力、さまざまな発電の可能性、潜在能力を持っていると思います。今後、この事業展開はどのような可能性があるのか、これからの展望をお伺いしたいと思います。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) 児玉悦朗議員のご質問にお答えいたします。  

由利本荘市議会 2017-08-31 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月31日−03号

また、水力発電所施設の設置についても要望してきましたが、現在、設置希望者を公募中とのことであります。これらのことについては、鳥海ダム工事事務所が十分な計画のもとに取り組んでいくことでしょうが、そのほかの鳥海ダムを有効活用する方策は、本市が取り組まなければなりません。  その一つに、鳥海ダムを活用した観光であります。

由利本荘市議会 2017-06-02 由利本荘市議会 会議録 平成29年  6月 定例会-06月02日−03号

脱原発、原発ゼロという世論とともに、太陽光、風力、バイオマス、小水力、地熱などの再生可能エネルギーの普及で地産地消の電力ネットワークづくりを目指す国民的なうねりが生まれてきていると同時に、一部企業の無秩序な開発によって、各地で住民とのトラブルも出てきています。  

鹿角市議会 2017-02-23 平成29年第1回定例会(第6号 2月23日)

次に、同じく2款1項7目企画費の小水力発電導入モデル事業費補助金について、事業主体と事業規模等についてただしております。  これに対し、平成29年度において、市内で林業を営む事業者が間瀬川流域において、低圧の50キロワット程度の事業を計画している。事業規模は1億円程度で、補助額は上限額となる200万円の予定であると答弁がなされております。  

鹿角市議会 2017-02-13 平成29年第1回定例会(第3号 2月13日)

一方で、水力や木材資源も豊富な地域であり、小水力発電や木質バイオマス発電利用も積極的に進めるべきと思うが、新年度の市の取り組みについて伺います。  次に、大項目3番でありますスポーツによるまちづくりの推進について伺います。  新年度において、スポーツの持つ力をどのようにまちづくりに利用するのか伺います。  また、10月に本市で行われる「ねんりんピックマラソン交流大会」の概要について伺います。  

能代市議会 2016-06-15 平成28年  6月 定例会-06月15日−04号

同条の第5項では、自家消費型の太陽光発電設備について特例割合を3分の2、第6項では、風力発電設備について特例割合を3分の2、第7項では、中小水力発電設備について特例割合を2分の1、第8項では、地熱発電設備について特例割合を2分の1、第9項では、バイオマス発電設備について特例割合を2分の1と定めるものであります。  

仙北市議会 2016-05-02 平成28年  5月 臨時会-05月02日−01号

次に固定資産税関係の改正でございますけれども、太陽光、風力、水力、地熱、バイオマス発電等の特定再生エネルギー発電設備の課税標準額を軽減するというものでございます。  内容につきましては以上でございます。 ○議長(青柳宗五郎君) 議案第64号について、米澤市民福祉部長。 ◎市民福祉部長兼福祉事務所長(米澤実君) それでは、議案第64号について提案理由等を説明申し上げます。  

鹿角市議会 2016-03-09 平成28年第2回定例会(第5号 3月 9日)

なお、風力発電については、上沼以外においても風況調査などの動きが見られるほか、小水力発電については、設備改修による出力向上が図られていると伺っており、市でも、積極的な情報提供に努めながら、その取り組みを支援しているところであります。 ○議長(田村富男君) 宮野和秀君。 ○19番(宮野和秀君) わかりました。  次に、農政について伺います。  

鹿角市議会 2016-03-08 平成28年第2回定例会(第4号 3月 8日)

また、スマートアグリは地域のポテンシャルを生かした戦略が必要ですが、鹿角には温泉熱、太陽熱、風力、小水力発電等の自然エネルギーと高速のインターなどの高いポテンシャルがあります。また、八幡平の切留平には自然休養村管理センター、通称ガーデンハイツがありますが、そのような施設を利用してスマートアグリができないか、あわせてお聞きします。 ○議長(田村富男君) 市長。

由利本荘市議会 2016-02-17 由利本荘市議会 会議録 平成28年  3月 定例会-02月17日−01号

今後も、風力のほか太陽光、小水力及び木質バイオマスの利活用を四本柱とし、引き続き施策を実施するとともに、これらの事業に取り組む企業に対し、情報提供や助言などを積極的に行ってまいります。  空き家関連につきましては、本年3月まで策定する空家等対策計画に基づき、庁内の各関連部署において横断的な連携を図り、より効果的な対策を展開いたします。  最後に、8点目は地域コミュニティーの再生であります。  

鹿角市議会 2015-12-08 平成27年第7回定例会(第3号12月 8日)

地球温暖化対策の一環として、環境に優しい自然エネルギーを利用する住宅用設備について、太陽光発電に限らず小型風力発電や小型水力発電、ペレットストーブやまきストーブといった設備を住宅用に設置する場合の補助制度は考えられないか、お伺いいたします。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

由利本荘市議会 2015-12-03 由利本荘市議会 会議録 平成27年 12月 定例会-12月03日−02号

旧西目町では、合併前の1989年より農業用水路の落差を利用した小水力発電所が稼働しており、風力発電は計画しているのも含めれば、日本でも有数のものになるでしょう。それに太陽光、熱、地熱や、あるいは畜産や林業など、地域の産業と結んだバイオマスエネルギーなどはまさに地域に固有のエネルギー源であります。また、雇用などは可能な限り地元雇用を維持すべきであります。観光面ではいかがお考えでしょうか。

鹿角市議会 2015-06-12 平成27年第4回定例会(第3号 6月12日)

尾去沢鉱山の関連企業であります三菱マテリアルグループでは、本市で発電事業を展開されておりますが、それに関連する企業事業所の立地や市内企業との取引など本市の雇用や地域経済に大きく貢献いただいており、今後も水力発電の設備投資による経済活性化が期待をされているところであります。  

由利本荘市議会 2015-03-04 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-03月04日−02号

次に、②工事事務所の位置は、また、水力発電の実現の見通しについてであります。  既存の調査事務所は工事事務所に格上げになり移転との話もありますが、場所などは検討しているのか。また、水力発電の要望もいたしておりますが、実現の可能性はあるのかについてお伺いいたします。  次に、大項目2番、総合計画「新創造ビジョン」と財政について。  (1)一般財源の質の改善についてであります。  

由利本荘市議会 2015-02-17 由利本荘市議会 会議録 平成27年  3月 定例会-02月17日−01号

また、再生可能エネルギーにつきましては、恵み豊かな環境を確保し、地球温暖化防止、自治体における災害対策機能の強化を目的に、太陽光、風力、小水力及び木質バイオマスの利活用を4本柱として引き続き施策展開を図るとともに、これらの事業に取り組む地元企業に対し、積極的な支援を行ってまいります。  最後に、7点目は「地域コミュニティーの再生」であります。  

男鹿市議会 2014-12-11 男鹿市議会 会議録 平成26年 12月 定例会-12月11日−05号

再生可能エネルギーの導入については、全国的にもいろいろ重要な、しかもみんな一生懸命取り組んでいることで、男鹿市にとっても、いろんな意味で自然のエネルギーを活用できる地域でもありますから、大変大事なことだというふうに思っておりますが、再生可能エネルギーのことを男鹿の地勢的ないろんな面から見て、どういう面から、風力とか、今は太陽光発電とかがかなり進んでいますが、あとそんなに大きくはないと思いますが、いろんな水力

鹿角市議会 2014-12-08 平成26年第6回定例会(第2号12月 8日)

これは熱源にしろ、風力にしろ、水力にしろ、ちょっと進め方がちょっと危ういと、余り鈍化していると思います。そこらの取り組みについて伺います。 ○議長(田村富男君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。