61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

仙北市議会 2019-03-08 03月08日-04号

それから、玉川からの取水ということでしたけれども、皆さん御存知のように玉川につきましては、水力発電、それから農業用水、また工業用水などに多目的に使われてる水でございまして、水利がございます。たとえ玉川から取水が可能だといたしましても、井戸を原水とした上水道に比べた場合、新たに取水施設、または沈砂池、それから沈殿液等が必要になりますので、大変難しいかと思います。

由利本荘市議会 2018-03-06 03月06日-03号

業者手続上の問題や、農地法水利漁業権保安林などの規制解除を、各種手続業者がしなくても、地方行政が窓口となってやれるように変わってきているんです。そのことが非常に風車やソーラーパネルがふえた原因の1つなんですけども、このままでいきますと本当に景観なりが変わるということが予想されますけども、市長は、それでもやっぱり促進されるということですか。 ○議長(渡部聖一君) 長谷部市長

鹿角市議会 2015-03-20 平成27年第1回定例会(第6号 3月20日)

本案の審査に当たり、委員から、今後は災害での改修が必要になった場合には市が改修工事を行うのか、水利などの必要な手続は全て市が手続をやり直さなければならないのかただしております。これに対し、今後の災害時の改修工事は市が行い、これまで県が許認可手続を行っていたものに関しては市が改めて手続を行うことになるとの答弁がなされております。

北秋田市議会 2015-03-03 03月03日-01号

これにつきましては、統合簡水事業を行うに当たり、経営変更認可と、それから統合簡水事業で重要な許可であります水源地の、水利許可国土交通省から出たことによって、双方経営変更認可と、それから水利使用認可を受けたことによりまして、条例改正するものであります。 次ページには、一部改正新旧対照表をつけておりますので、よろしくご審議をお願いいたします。

鹿角市議会 2014-06-16 平成26年第4回定例会(第2号 6月16日)

○12番(浅石昌敏君) 確かに水利の問題とかいろいろ面倒くさいのがかなりあると伺っておりますので、いい産業に進めるのかなと思います。  次、スマートアグリについてであります。スマートアグリとはスマートアグリカルチャーという造語の略で、最新のITを利用した農業技術のことで、農産物の育成工程にセンサーやビッグデータなどITを活用して生産性や品質を高める。

仙北市議会 2014-06-16 06月16日-02号

水源が数カ所にもあるというのもよいかもしれませんが、管理的にはやっぱり1カ所で管理できるというか、そのほうがしやすいと思いますし、また、水量の面では足りなければ、水利の問題もありますが、生保内川から取水できないものかなと。そうすれば心配なく安定供給できるんではないかなと思います。経費の面では、確かに建設時というか最初は莫大なお金がかかると思います。

仙北市議会 2013-03-07 03月07日-02号

河川から水を取り込む長さ約3キロの水路をつくり、落差を使って発電する方式を想定していて、有望な場合は水利等の調整も行い、早ければ2020年にも運転を開始したいとのことであります。2,500キロワットで運転をすれば、一般家庭約6,500世帯分の電力を賄うことが可能とお聞きをしております。 先ほどの件であります。 

鹿角市議会 2013-02-13 平成25年第2回定例会(第4号 2月13日)

毛馬内地区については、第一に流雪溝用水確保課題となりますが、現在利用されている地域用水を活用する場合、汁毛川や大湯川の一級河川水利取得が必要となるほか、放流先確保あるいは管理運営体制の確立などといった課題も生じてくるため、地域内において十分な協議と合意形成を図る必要がございます。  

仙北市議会 2012-12-13 12月13日-03号

水利の問題、中和処理を含みます玉川導水の問題、仮に導水をやめた場合、周囲に余り影響を与えないようどのような対策を講じなければならないかなど、昭和14年に国により策定されました玉川河水統制計画のもとに進めてこられましたこうした事案、事業、これを慎重かつ丁寧な対応で解決することも田沢湖の環境再生に向けて、避けて通れないことではありますが、それに向かっていく上でも環境再生による地域活性化という視点を持

由利本荘市議会 2012-11-30 11月30日-01号

皆様には大変御心配をおかけしておりましたが、子吉川からの揚水に加え、にかほ市初め関係機関関係水利者の同意を得て原水補給ができたこと、10月23日以降まとまった降雨があったことなどから順調に回復し、11月18日に満水となっております。 貴重な水を融通していただきました関係各位に感謝申し上げるとともに、さらに計画的な水運用を行い、安定給水に努めてまいります。 以上で報告を終わります。 

鹿角市議会 2012-09-03 平成24年第5回定例会(第1号 9月 3日)

11目農地費15節工事請負費農業用施設整備工事費412万2,000円は、花輪大堰水利更新許可の際に改修指示のあった下川原取水口改修工事を行うものであります。  農地等小規模災害復旧支援事業費補助金1,015万4,000円は、7月15日から16日にかけて発生した豪雨災害による被災箇所農地10カ所、農業用施設20カ所に係る復旧支援費であります。  

仙北市議会 2012-06-14 06月14日-03号

2点目には、発電所の特定水利国交省管轄農業水利農水省管轄、そして各利用者組合等認可の申請やさまざまな承諾の手続で、大変な手続があります。市行政のノウハウを生かして、官民一体となって連携して取り組んでいただきたいことを提案いたしますが、いかがでしょうか。 3点目は、建設費の問題でございます。 皆様にお手元に資料1が行っていると思います。

由利本荘市議会 2012-06-01 06月01日-03号

水利など主張されたら、飲み水はおろか田畑にも水が来ない。 国会でも議員立法として規制法案が出されているようでございますが、一向に進まない国の無策に危機感を持った国会議員のみならず、立ち上がった地方自冶体、地方議員もたくさんおられ、特に全国15自治体がさらなる規制を求めて国に意見書を提出しております。 

仙北市議会 2012-03-07 03月07日-02号

狐崎議員の御指摘の、外国人による山林買い占め禁止条例制定等についてですが、国も水利安全保障上の問題もあることから、外国人土地法森林法改正を既に検討をしているというお話を聞いております。森林法改正に当たっては、この平成24年4月から、森林土地取得したときには市町村長への事後届け出が義務づけられていると、これは先ほど議員が御指摘のとおりであります。

由利本荘市議会 2011-06-06 06月06日-03号

そのため、昭和43年、日量4,600立方メートルの夏の間だけ47日間の水利取得しました。 しかし、水の需要量は増加の一途をたどっております。その後、何度も渇水があり、平成8年、暫定豊水水利取得して現在に至っております。これは、1年1年の更新であります。 この暫定豊水水利は、鳥海ダム参加前提とした超法規的許可であります。鳥海ダム建設前提とした水利であります。

由利本荘市議会 2011-06-03 06月03日-02号

この脆弱で不安定な黒森川水源補完的水源として、鳥海ダム参加による水利取得を目指すものであります。 ダムに参加する利水量算定の考え方でありますが、将来における受益区域の夏期1日最大必要量から黒森川水源渇水年における安定的取水可能量を差し引き、既得水利を勘案した水量ダム参加水量とするものであります。