1677件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北秋田市議会 2020-12-22 12月22日-04号

第8期介護保険事業計画策定に当たっては、国の方向性を踏まえつつ、人生100年時代に対応した、高齢者が元気に安心して暮らし続けられる北秋田市をつくっていくことが重要な課題であることから、地域共生社会の実現とともに地域包括ケアシステム維持機能強化を目指し、令和3年度から令和5年度までの3か年の計画策定するとの説明がありました。 

鹿角市議会 2020-12-17 令和 2年第6回定例会(第4号12月17日)

初めに、議案第92号第7次鹿角市総合計画基本構想策定についてでありますが、本案審査に当たり、委員から、人口構造の若返りを図るためには婚姻率及び出生率の向上が不可欠だと考えるが、現在、AI機能を利用した婚活が一定の成果を上げていると聞いている。本市においても取り入れる考えはないかただしております。  

能代市議会 2020-12-16 12月16日-05号

審査の過程において、過年度国庫負担金等返還金返還理由について質疑があり、当局から、多面的機能支払交付金過年度返還金であり、活動期間終了等による交付金の残金の返還が2件と、交付金を積み立てて利用していたが、予定より費用がかからなかったため、残額を自主返還するものが1件である、との答弁があったのであります。 

北秋田市議会 2020-12-15 12月15日-03号

当市としては、まずは既存施設年間稼働率を上げていくことが重要であるとの認識から、既存施設機能強化を目的とした宿泊施設パワーアップ事業により、各客室の増加衛生施設の改修を支援しているほか、観光需要減少する冬期間においては、おもてなし宿泊事業により地域への経済波及効果を高めながら当市への宿泊者増加にもつなげてきました」という答弁をいただきましたが、私は宿泊施設内容を整備したところで、当市に宿泊

北秋田市議会 2020-12-14 12月14日-02号

本市観光を機能的に動かすために市はどう考えているか、次の2点をお答えください。 1)政策あるいは事業化するに当たり、三者との協議合意形成はなされているか。 2)三者と連携して、観光分野エリア戦略をデザインするべきではないか。 続いて、③番です。 観光分野縦割り行政について。 現在、内陸線を所管する内陸線再生支援室総務部に属しておりますが、その事業内容観光色の強いものが多いと感じられます。

北秋田市議会 2020-12-10 12月10日-01号

2款1項1目医業費、17節備品購入費ですが、コロナ対策県補助金活用して、空気清浄除菌脱臭装置及び次亜機能水生成装置を購入しようとするものでございます。 歳入、47ページをお願いいたします。 3款1項2目医療機関薬局等における感染拡大防止等支援事業費補助金は、コロナ対策機器購入への県補助金。 4款1項1目一般会計繰入金は、人件費補正特定財源となるものでございます。 

由利本荘市議会 2020-12-09 12月09日-04号

また、事業費には限りがありますので、要注意箇所のある町内へは、市独自の支援や多面的機能支払交付金などを活用した取組の指導も必要と考えます。市の今後の取組についてお伺いいたします。 大項目5、コロナ禍での救急業務リスク管理についてお伺いいたします。 コロナ禍の中、医療関係者の皆様の献身的な御貢献に心より感謝申し上げますとともに、敬意を表します。ありがとうございます。

鹿角市議会 2020-12-08 令和 2年第6回定例会(第3号12月 8日)

○8番(中山一男君) 道の駅かづの、そしてまた湯の駅おおゆが持つ機能を大がかかりではなくてもできる範囲内で災害時の一時避難所、あるいは給水拠点、そしてまた支援物資配布場所等として大いに活用すべきだと思いまして、質問させていただきました。機会がありましたらひとつご検討いただければと思います。  次に、少子化対策についてお伺いします。  

能代市議会 2020-12-08 12月08日-03号

初めに、北高跡地の利活用についてのうち、現在の検討状況はについてでありますが、市ではこれまで北高跡地の利活用について、関係課長等で構成する庁内検討会議を設置するとともに、民間関係者有識者等の御意見を参考にしながら協議を進め、利活用方向性として、集客機能交流機能を有する複合施設等を検討しているところであります。 

由利本荘市議会 2020-12-08 12月08日-03号

また、縮尺は5万分の1で市内全域を6分割にしていたものを、2万分の1で52分割にして、今までよりも大きく各地域ごとに見やすいものとし、自宅周辺避難場所避難経路等を十分に確認できるものにするとともに、地図データ市ホームページにも掲載し、画面拡大機能により、さらに詳細な状況も確認できるようにしたいと考えております。 

鹿角市議会 2020-12-07 令和 2年第6回定例会(第2号12月 7日)

分娩機能再開や不足する医師確保をはじめとした医療体制の充実に対する現状取組成果をお聞かせください。  また、これらの解決には息の長い取組が必要なことは理解できますが、時の変化に対応した新たな取組現状打破に向けたさらに強力な戦略実施が必要だと思いますが、これらについても考えをお聞かせください。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2020-12-07 12月07日-05号

基本施策1「船川港の整備促進」の(1)「港湾関係団体との連携による港湾機能促進整備」の①に、「洋上風力発電事業に関する産業の集積」を加えております。 27ページをお願いします。 基本施策1「公共下水道」から「秋田湾雄物川流域下水道事業促進事業認可区域拡大」の項目を削り、2項目としております。 39ページをお願いします。 

男鹿市議会 2020-12-04 12月04日-04号

また、農地の多面的機能維持、発揮のための地域営農活動として、現在、中山間地域等直接支払交付金事業で10組織、多面的機能支払交付金事業で32組織地域共同活動に取り組んでおります。こうした取組により、地域農地が守られ、耕作放棄地の抑制につながっていくものと考えております。今後も組織活動支援してまいります。 御質問の第2点は、福祉対策についてであります。 

北秋田市議会 2020-10-08 10月08日-04号

また、財政調整基金を中心とした主要3基金減少を危惧される意見がありますが、基金の積み増しは合併特例債など交付金減少を見込み、将来必要となるインフラ整備のために計画的に行われたものであり、このことについても監査委員は、年度間の財政調整機能を有するものであり、基金の取崩しに頼らない財政運営への転換を促してはおりますが、利活用は適度であると報告しています。