438件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

鹿角市議会 2019-06-14 令和元年第4回定例会(第3号 6月14日)

公務員の働き方についてなんですが、これまでさまざま議論がされて、改革が求められているわけなんですけれども、同一労働・同一賃金、あるいは長時間労働の解消など、いろいろあるわけなんですが、その中でも、私はやはり正規職員との賃金格差ですね、これは何より最も急ぐべき課題であると。このように思っております。

鹿角市議会 2019-03-11 平成31年第2回定例会(第3号 3月11日)

これらは、周辺市町村にある公共施設や行政サービスの拠点を集約化させることを狙っているものであり、結果的には周辺地域は切り捨てられ、中心地域との間の格差拡大を招くものと危惧しております。  自治体の現状はさまざまでありますので、十分な将来展望に立ち、集約化の名のもと、住民サービスの低下を招くことがないように、引き続き健全な行財政運営に努めながら、自立した都市を維持してまいります。     

鹿角市議会 2018-12-19 平成30年第8回定例会(第4号12月19日)

次に、発議第7号看護師の全国を適用地域とした特定最低賃金の新設を求める意見書の提出についてでありますが、看護師については賃金の地域間格差が大き過ぎるため、賃金水準が引き上げられず、看護師の地域偏在や離職者増を引き起こしていることから、看護師の賃金の底上げを図り、安全・安心の医療、看護体制を確保するために、全国を適用対象とした看護師の特定最低賃金を新設することを求め、意見書を提出するものであります。

鹿角市議会 2018-12-11 平成30年第8回定例会(第3号12月11日)

また、市では避難所での生活が困難な方に対応するため、市内22の福祉施設と協定を締結しておりますが、一時的であっても宿泊施設を避難所として利用することは、現行の避難所との格差問題なども指摘されていることから、運用に当たっては、慎重な検討が必要であると考えております。  

鹿角市議会 2018-11-30 平成30年第8回定例会(第1号11月30日)

また、附則第19項は、給料月額の特例措置に関する規定ですが、公務員格差を給料表に直接反映することとし、給料表を改定したことから、この項を削り第20項及び第21項を1項ずつ繰り上げ、附則第21項として今年度の勤勉手当については、12月支給分で年間分を調整するため、今年度に限り、再任用職員以外の職員については、「100分の87.5」を「100分の92.5」に、再任用職員については「100分の42.5」を

男鹿市議会 2018-09-10 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月10日−05号

何とかそこあたりのね潟上市との格差をなくして、トータルではやっぱり男鹿が住みよいところなんだと、そういうことをもっとこうPRしながら、また、その欠点を補っていきたいと思ってます。  余談になりますけども、一昨日、JRの支社長、そしてまたドリームリンクの社長とその前日会いました。

鹿角市議会 2018-09-10 平成30年第7回定例会(第2号 9月10日)

通学対策に係る負担の軽減についてでありますが、学校の統合を含む地域による格差を解消し公平を期すため、平成25年度から市内一律の基準で通学対策事業を行っております。  内容につきましては、ただいま議員がお話をされたところと重複するかもしれませんが、我々の考え方を述べさせていただきます。

男鹿市議会 2018-09-06 男鹿市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−03号

そういったものの中で、まず国から県、県から地方と、自治体ということで、どのような形で交付税としてきているのかということもつかみながらも、ぜひこの必要であるICTということについて、大変お金のかかることではありますけれども、子どもたちの教育の格差の是正、そして、やはり子どもたちに新しい教育課程、学習指導要領での生きる力を伝えるための情報活用能力を育てたいために、ぜひこういったことに前進していきたいと思

男鹿市議会 2018-06-14 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月14日−03号

また、特定健診による重症化予防の結果により、本市医療費の伸びを抑制することにつながり、ひいては健康寿命の延伸や健康格差の縮小に大きな貢献を果たすことになります。  特定健診未受診者の1人当たりの医療費は、受診者の3倍から4倍高いと言われています。平成20年から実施されている特定健診は、10年が経過しましたが、特定健診受診率の現状及び課題についてお伺いいたします。  

男鹿市議会 2018-06-13 男鹿市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月13日−02号

昨年までは、学校規模によって格差が生じているということでした。その対策を立てて実際に効果は上がっているのでしょうか。  なお、活動を充実させたいとのことで、学校の方からも運営にかかわる要望が来ているとのことでした。どんな要望が来ているのか、事例があったらお示しください。  また、本年度のコミュニティ・スクールに係る予算措置は、いかほどでしょうか。

鹿角市議会 2018-03-23 平成30年第3回定例会(第6号 3月23日)

発議第1号最低賃金の改善と中小企業支援の拡充を求める意見書の提出についてでありますが、地域経済を活性化させる上で、地域間格差の是正及び最低賃金の大幅な引き上げ、また、中小企業への助成や融資などにつながる施策の拡充が必要であることから、最低賃金の改善及び中小企業支援の拡充を求め、意見書を提出するものであります。  

男鹿市議会 2018-03-16 男鹿市議会 会議録 平成30年  3月 定例会-03月16日−05号

第12点として、介護保険料引き上げに伴う低所得者と高額所得者との格差拡大について。  第13点として、経営所得安定対策等推進事業の内容と昨年度までとの違い及び鳥獣被害防止対策事業並びに林地台帳整備事業の内容等について。  第14点として、地域公共交通網形成計画策定事業における予約運行の状況と現状に即した運行計画及び秋田中央横軸FIT受け入れモデル地域整備事業の内容と他市との連携について。  

鹿角市議会 2017-12-11 平成29年第7回定例会(第2号12月11日)

また、国では働き方改革を提唱し、労働生産性の向上、非正規雇用の格差改善、長時間労働の是正などが挙げられております。本市としても国の動きに呼応した取り組みは行われているのか、お伺いいたします。 ○議長(宮野和秀君) 市長。 ○市長(児玉 一君) お答えいたします。  

男鹿市議会 2017-12-06 男鹿市議会 会議録 平成29年 12月 定例会-12月06日−02号

私は、9月議会で保育園における市職員保育士と男鹿保育会保育士の給与格差について伺っております。市長の答弁は、男鹿保育会保育士等については、あくまでも男鹿保育会での雇用状況に応じたものと認識している。また、市の保育士は、男鹿保育会の要請に応じ、市職員としての身分を保証した上で派遣し、給与は市が支給しているとして同一労働同一賃金の賃金体系となっていないものであるとしております。  

北秋田市議会 2017-09-14 平成29年  9月 定例会-09月14日−02号

分析の結果につきましては、集積庫のない箇所では、ほとんどの自治会が青、黄色のネットやシートを覆い、カラスのいたずらを防いでいるようでありますし、防犯街灯につきましては地域や街灯の種類によって1本当たりの電気代に格差が見られることから、補助事業に自治会負担分はあるものの自治会活動への支援として効果が認められるものと考え、今後も補助事業の周知と拡大を図りながら、安心・安全なまちづくりを進めてまいりたいと

能代市議会 2017-09-13 平成29年  9月 定例会-09月13日−02号

2点目は、盛岡と本市の格差からいって、シミュレーションを行う際の比較対象として、そもそも盛岡を選ぶことが適切かどうかについてであります。  試みに、盛岡市と本市の基本データを比較してみますと、最新の数字ではありませんが、人口は盛岡市が約29万8000人に対して、能代市が5万9000人であり、しかも、盛岡市の人口は平成2年から増加傾向でありまして、本市とはまるっきり正反対の状況です。

男鹿市議会 2017-09-06 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月06日−03号

これによって市職員の保育士と男鹿保育会の保育士の給与等の差別化が図られ、同じ業務なのに給与等大幅な格差、差別が図られました。同一労働同一貸金の大原則が大きく踏みにじられているのではないでしょうか。指定管理者制度の5年間は今年度に切れると考えます。来年度から、ぜひ給与等の格差、差別化をなくし、平等になる職場環境にする第一歩にするべきと考えます。そこで、次の点についてお伺いいたします。  

男鹿市議会 2017-09-05 男鹿市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-09月05日−02号

最後に、教育問題の最後ですけれども、今、貧困状況という、貧困家庭という言葉が随分ありますけども、この状態にあります子どもの教育的な支援について伺いますけども、これは先般も潟上市の例をとって質問いたしましたけれども、例えばボランティアでの学習指導や就学援助の拡充、そして部活費の支援、給食費の無料化など、実例や要望がたくさん寄せられておりますけれども、こうした子どものいわゆる貧困格差、生活の支障のある方々

由利本荘市議会 2017-08-30 由利本荘市議会 会議録 平成29年  9月 定例会-08月30日−02号

当事業は、合併時に地域間の情報格差の解消や一体感の醸成を図ることを目的に、国の補助金や合併特例債などを活用し、整備を行ったものであります。昨年実施したアンケート調査では、各地域の話題や行政情報などが自宅にいながら視聴できると、多くの皆様から好評を得ております。  

仙北市議会 2017-08-28 平成29年  9月 定例会-08月28日−02号

にしき園には正職員と臨時職員が勤められており、主に介護の仕事にあたられていると思いますけれども、正職員と臨時職員の賃金格差といいますか、同一労働・同一賃金というそういうことからして、何ていうのかな、トラブル、そういったことは今までなかったもんでしょうか。 ○副議長(荒木田俊一君) 門脇市長。